Aguilar TLC Compressor

Aguilar TLC CompressorAguilar TLC Compressor

Private Comment
ベース用機材の専門メーカーはアギュラー・アンプリフィケーションのベース向けコンプレッサー。
市場では、取り分けベーシストの内で流行の「ハイエンド」に分類されるコンプレッサーで、独自のTLC回路(Trans Linear Control circuit)という特許技術を用いた製品なのだそうですが、このTLC回路については何の一つも理解していません。

そちらが気になる方は「Google Patent Search」や「各画像検索」でも内容の閲覧は可能です。
「Aguilar Trans Linear Control Patent」などのワードで検索してみて下さいな。
(どんな内容なのか分かる方は教えて欲しいですけど、理解できる自信はSara-Sara無いなぁ・・・。)

・・・で、この本機。

熟練のエンジニア向けではなく、多くがプレイヤーを対象にしているストンプボックス型のコンプレッサーは、知識ではなく直感による操作に重きを置くため、少ないコントローラーで設計されることが多い中、このTLC COMPRESSORは真面目で典型的なコントロールが用意されています。

取り分けベーシストの内では最近の流行りですね、こういった志向のコンプレッサーって。

メジャーどころだと、このTLC CompressorとMXRのBass Compressorが同系統の二頭となっているのではないでしょうか?

四個のノブは、それぞれ名前の通りのコントローラーで、LEVELは出力レベルを、ATTACKはアタックタイムを、THRESHOLDはスレッショルドレベルを、SLOPEはRATIOの表記が略されていますがレシオスロープを、それぞれコントロールするものなのです。
これでインプットレベルとリリースタイムのコントローラーがあれば完璧な「基本」になるのですが、そこはプレイヤーユースには必要が無いと判断されたのでしょう。

・・・というより、製作者により固定されているパラメーターは非常に優秀なので問題も無し!

また、一見すると他製品と比べてスレッショルドの設定範囲が狭いように思えるかも知れませんが、これは「補正の為の装置」に徹し、パラメーターボリュームを最適化しようというコンセプトの表れなのだと勝手に解釈しています。
可変域を実用的な範囲に絞ることで、小さなノブの使用感は大きく向上しますからね。

何より、全く歪む事を知らない頼もしいコンプレッサーなので、アクティブベースでガンガン突っ込んでも大丈夫そうです。

ほんの少しだけ音にガッツは足されるものの、本機を介することによる大きなトーンの変化が感じられませんし、コンプレッサーに憑き物のノイズも、成仏したかのように存在感がありません。

まさに、今の流行りを体現したかのようなコンプレッサー。

パラメーターノブを見ての通り、感覚で操作する装置ではないことは明白なのですが、基本知識を抑えれば、むしろ感覚操作重視のものより変化しいることも分かりやすいと思うのです。
(まぁ、私は耳が弱いのでコンプレッサーなんて代物全般は使いこなせる気がしませんけれど。)

ただ、長所も短所もトーンキャラクターの変化が薄いということがポイントとなるため「オリジナルトーンが大切」と心に決めて使用しないと「面白くない」と言って放り投げてしまうのかも。

製品のコンセプトを容認も出来ずに、高い金を払って蔵入り泣き寝入りなんてねぇ。

コンプレッサーをダシとするかマヨとするかの価値観で存在感が大きく変わりそうです。

あと、アギュラー・アンプリフィケーションの製品はコンパクトなようで実は何気にデカくて重いことや、コネクターへの不意な接触による破損や脱落を防ぐジャックの配置が親切も空回って面倒なことなど、少し留意しておかなければならない筐体の都合があったりします。

まぁ、お陰で「クソ頑丈」な製品に仕上がっているのですが・・・。

特に奥まったジャックの配置には愛を感じながらも、ウザかったりなんだり・・・。

トーンの変化が少ないとは先述ましたが、それでも何気に中低域に嫌味の無いガッツを足してくれるので、何気にゴリゴリロックサウンドなんか十八番かも知れません。

ちなみに、私はコンプはマヨ派。

味噌スープを作るなら、煮干しは頭ごとイントゥー!

このTLC Compressorを使ってOiran Driveを弾くの、すごく楽しいよ!(ポポポポポン!カカ!)

Product Specification
Threshold control:variable from -30 to -10 dBu
Slope control:variable from 2:1 to infinity
Attack control:variable from 10ms to 100ms
Level control:-infinity to -3dBu
Low Distortion:<0.2 %
Power:Nine-volt battery or optional universal power supply
Inputs:One 1/4″ jack
Outputs:One 1/4″ jack
Controls:Engage switch
Warranty:Three year limited
Optional:9 volt power supply