Marlboro Dry Menthol 5 Box を吸ってみた

Marlboro Dry Menthol 5 Box

Include the following / 抽烟印象・喫煙の感想 / Smoking impressions / Табачные впечатлени

 ドライと謳うマールボロの新シリーズはTar5mg版。

 「マールボロ・ドライ・メンソール・5・ボックス」を吸ってみた。

 フュージョンブラストシリーズやダブルバーストシリーズのアンバーやパープルに続き、マールボロのメンソールラインナップへ新たに加えられたドライメンソールなるシリーズのTar5mgなのです。今回はタールバリエーションがTar8mgとTar5mgまでとなっていて、Tar1mgは無いという点も特徴でしょう。

 そんなドライメンソールというシリーズは、先のアイスブラストシリーズで実施されたカプセルを約1.5倍のサイズへ改めるマイナーチェンジ後の仕様を踏襲して、従来よりも大きなカプセルを搭載しています。それと同時に、このドライメンソールはフレーバーとしてシトラスの香りを採用している点も新たな特徴なのです。

 ざっくりと言ってしまえば、先にメビウスのプレミアムメンソールはオプションのイエローと似たような感じとでも言いましょうか。先に述べるなら、クールのプレミアムシトリックやケントのシトリックメンソール、ピアニッシモのルーシアなどとは異なり、スイート感の少ないシトラスフレーバーなので、やはり例にするならオプションのイエローと似た味わいのシリーズではあります。

 ただし、もちろん全く同じではないですし、オプションのイエローとは異なり「後味スッキリ」といった特性はありません。喫すれば納得な、なるほどドライなキャラクターが印象的なシリーズとなっているのです。

Marlboro Dry Menthol 5 Box Marlboro Dry Menthol 5 Box

 正面の左右縁をカット形状にしているパッケージデザインは、タールバリエーションのTar8mgと大きな違いも無いデザインとなっています。分かりやすくタール数値を示す数字が大きくレイアウトされていはいますが、ぱっと見では区別がつかないかも知れませんね。

Marlboro Dry Menthol 5 Box Marlboro Dry Menthol 5 Box

 ビニール外装やインナーカットでは「つぶせばキリッと爽快ツイスト。」という製品特性がアピールされていました。マールボロでは新しいキャラクター性かも知れませんが、全体からしてみれば奇をてらうことも無いといった印象のキャラクター性とも思えますね。

Marlboro Dry Menthol 5 Box フィルターチップもパッケージデザインと同じくで、ぱっと見ではTar8mgとの違いも分からないものとなっています。空気穴も量こそ増やされましたが、大きさそのものはTar8mgと似たり寄ったりなので判別は困難ですね。フィルターの中央付近に配された大きなカプセルは潰しやすく、私のような下手くそには非常に好印象。

 ところで、このドライメンソールシリーズを始め、カプセルを搭載したマールボロ銘柄は最近のマールボロの特徴でもある「ファームフィルター仕様」という点を謳っていませんね。もしかすると、これらのシリーズはカプセルに封入した液体をフィルターにしみこませる手前でファームフィルターを採用していないのかも知れません。

喫煙の感想・味・香り

 この煙草は、Tar5mgとライト化されながらも、強烈な清涼感は据え置きな仕上がりとなっています。

 まず、シガレットの香りなのですが、やはりTar8mgと同様に目立ったフレーバー感は無く、スタンダードなマールボロのメンソールと大きな差も感じない香りとなっていますね。やや謳われる特性のわりには貧相な香りであるように思える点もTar8mgと変わらずです。

 カプセルを潰して喫する喫味の方も、出だしのスースーひんやりと強烈な清涼感はタールバリエーションであるTar8mgと変わらない程度となっていますね。相変わらず強すぎるくらいの清涼感は、ヒリヒリするような刺激こそ少ないもののスースーする冷涼に抜群であり、かなりクリアな爽やかさとなっているのです。

 ただ、やはりTar5mgへ軽量化されているためか、序盤と中盤からでは異なるキャラクターの喫味を呈していたTar8mgと比べると、このTar5mgは全体的に起伏や変化の少ない期罪を呈する仕上がりとなっています。先の通りに序盤の強烈クリアな爽やかさは変わらずと言った感じなのですが、中盤からも特に大きな変化はありません。中盤からはガッツリと辛口ドライな高アルコール系チューハイのようにボディ感のパンチが現れていたTar8mgと比べると、こちらのTar5mgも同じような傾向にはあるものの、その変化の差は小さいといった感じなのです。

 また、シトラスのフレーバーもTar5mgでは一層に控え目となっていて、ほんのりと乳酸菌飲料のような甘酸っぱさとシトラスのフレーバーが添えられたTar8mgと比べて、Tar5mgではアフターに薄くシトラスの爽やかなフレーバーを感じる程度に抑えられています。フレーバーの大部分が強烈な清涼感にマスキングされているバランスとなっているため、強い清涼感と軽快なボディ感と相まって一層に取っ付きの良い仕上がりであると思えますね。

 総じて、Tar5mgとなり肉厚は適度に薄くなり、それでいて特徴的である強烈クリアな清涼感の加減はTar8mgより据え置きとなっています。シトラスのフレーバーも目立つキャラクターではなく、あくまで辛口ドライ感の演出に一添えといった程度なので、あまりフレーバーシガレットらしさに傾倒していない点も良い塩梅と思えるのです。ひんやり冷涼感をメンソールシガレットに求める方には、正に打って付けの煙草となるでしょう。その上で、よりストロング系チューハイのようなマッシブ感を欲するのなら、Tar8mgを選べば良いと言ったところ。

 ただし、どちらにせよ清涼感の強さに変わりはないためか、吸い応えに関しては双方とも同等となっています。タールバリエーションながら、キャラクターの違いで選べるというのは、中々に良いことではないでしょうか。

 ちなみに、こちらもカプセルを潰さないで喫すると、清涼感もフレーバーも途端に失せてしまいます。かなりカプセルの効果に重きを置く仕上がりであることは容易に察するでしょう。それでも適度なボディ感と香ばしさで、決してダメな味わいではないのですが、やはりカプセルは潰して喫したいところです。

 最後に、このドライメンソールシリーズはオプションのイエローと何が違うのかというと、私的には清涼感のクリアさだと思っています。オプションのイエローは少しヒリヒリとした刺激が目立つ清涼感でしたが、こちらのドライメンソールはヒリヒリな刺激は少なく、ひたすら冷たい冷涼感を呈する特性が個性を放っています。フレーバーもオプションのイエローより控え目ですので、取っ付きはドライメンソールの方が良いと言えるかも知れません。二番煎じ感は否めないシリーズであるものの、しっかりと個性のある良き煙草なのです。

 何より、ここ最近のマールボロのフレーバーメンソールシガレットの中では、群を抜いて親しみやすい煙草なのでした。

 市場の特異性なのか、海外と国内の立ち位置が煙草では家電と真逆に感じられるところが、また面白かったりしますね。

Nutrition Facts
Serving Size: 1 Cigarette
Tar5mg Nicotine0.4mg
Strictly No Taking. Don’t smoke until you are 20 years old.lol


▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「PM Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る