Bevel Lights を吸ってみた

Bevel LightsInclude the following / 抽烟印象・喫煙の感想 / Smoking impressions / Табачные впечатлени

 フルーティーバニラフレーバーという風変わりなキャラクターの銘柄。

 「ベヴェル・ライト」を吸ってみた。

 元々はキャスター・ベヴェルという名称の銘柄で、その名の通りキャスターブランドより発売された後に独立した銘柄です。五角形のパッケージデザインやフルーティーバニラフレーバーという、ちょっと珍しい仕様の銘柄だったりするのです。

 あと、しれっと何気にD-spec(低臭気)仕様だったりもします。

Bevel Lights Bevel Lights

 総じて品のあるパッケージの正面と背面は、さり気なくオシャレな感じ。どちらかと言えば女性志向かも知れませんが、ユニセックスであると思います。

Bevel Lights 銘柄名にもなっている「bevel」は「斜め」という意味の英語であるようで、その名に因んでパッケージは五角形という珍しい形をしているのです。

 恐らくは、このベヴェルにしか充てられていない、完全専用パッケージかと。

 この特殊な形状は「面白い」という以外にメリットは無いのかも知れませんが、この形は意外にも手に馴染む上に、不思議と一回り小さい印象を受けるので、コンパクトにも感じますし、中々に好印象。

Bevel Lights フィルターチップは少しだけキラキラしているのですが、バージニア・エス系ののパールシャインよりも控えめのキラキラ加減なので、注視しなければ気付かない程度。

 この画像では殆ど判別がつかないと思われますが、実際には少しだけキラキラ。

 その他に仕様としては、空気穴は小さめが多めの2列のチャコールフィルター仕様となっていて、至ってスタンダードな外観なのです。


喫煙の感想・味・香り

 この煙草、何気に隠れ名品かも知れません。

 喫味の方はキャスターに近いものはあるものの、キャスターのように「ふんわりバニラ一辺倒」ということもなく、少しロースト感のあるカフェオレのような印象の喫味なのです。

 また、フルーティーバニラフレーバーと謳うだけあり、確かに時折ですが心地の良いピースにも似た瑞々しいフルーティーなテイストも顔を出します。このフルーティー感が隠し味な程度なのに中々の個性を演出していて、正に妙といったところ。

 紫煙の香りもキャスターほどではなく「甘いかな?」ぐらいの甘さを含んだ香りで、とっても控えめな印象が大人な感じで良い塩梅。どことなく女性的なイメージを抱かれる場合が多い銘柄かも知れませんが、中々に煙量感もあり吸い応えも高めで個性的と、実際のところはデザインも含めユニセックスな銘柄に思えます。キャスターは行き過ぎだけれど、あの「ふんわり感」を適度に楽しみたい方や、キャスターのオリジナルが廃止になって憂いている方なんかにもオススメなのです。


Tar6mg Nicotine0.5mg
Strictly Not Take. Don’t smoke until you are 20 years old.lol

▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「JT Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る