Martin Backpacker Guitar Steel

Martin Backpacker Guitar SteelMartin Backpacker Guitar Steel

Private Comment
大御所はマーチンの変りダネなアコースティックギターで、その名も「バックパッカー」。
バックパッカーとは、「バックパック一つ(低予算の意)で旅する馬鹿で無謀で粋な人」のことですが、日本人にとっての定番の地はタイやインドネシアといった東南アジア方面なのかな?

ヨーロッパとかは高く付きそうだし・・・、なんとなく、そんなイメージ・・・。

ということで、その名前の通り「携行用」として特化されたマーチンのバックパッカーは、シャモジというか、バチというか、ピールというか・・・、人によって連想するものは様々でしょうが、あまりに斬新過ぎてアコースティックギターには見えません。

トーンは・・・、見てくれの通り「アコースティックギターにとって大事な部分」を見事に削っているので豊かさには欠けますが「実直まさにストレート」なので、これはこれで面白い音ではないかなと思ったり。
(不器用なりにストロークをザクザクと弾けば、なかなかに派手な音を出してくれます。)

低音弦は「ビヨ~ン♪バイ~ン♪」、全体としては「カリッとサクッと、でもジューシではない」そんな感じ。

この音、中々に大好きで、私は上手く弾けないから、よく他人に弾いてもらっています。
もちろん、高価な楽器の豊かな音も素晴らしいですが、この楽器の安~い音も素敵なのです。

マーチンのバックパッカーシリーズは、このスチールタイプの他にもガットタイプやピックアップ付きのものもあったりしますが、コストパフォーマンス優先の為か見た目で分かる木材のバラつきが目立つものの作り自体は非常に丁寧である点は、やっぱり腐ってもマーチンのギターで、とっても優秀。

そこらのボディが無いトラベルタイプと比べれば、多少はボディがあった方が良いことも分かりますし。

いつか、ギター弾けるようになって、これ持って海外を一人旅とかしてみたいな。

でも、これ、飛行機での移動には耐えられるのかしら?

まさか・・・、現地調達!?

Product Specification
Body : Solid Spruce TOP, Solid Mahogany SIDE&BACK
Neck : Solid Hard Wood
Fingerboard : Select Hardwood, 15 Frets, None-Double Side Dots
Width At Nut : 1 15/16"(41.3mm)
Bridge : Select Hardwood
Tuning Machines : Chrome w/ Small Knobs
Finish : Hand Rubbed Finish TOP, Hand Rubbed Urethane SIDE&BACK

Holly Splendor Series

Holly Splendor SeriesHolly Splendor Series

Private Comment
アリアプロⅡのギターを手放したのに、「安かった」という理由で性懲りも無く買ってしまったギター。
「HOLLY」というスペルの読み方は「ハリー」で、1980年頃に栄えた二光通販のギターブランドです。

この「HOLLY」や「THOMAS」に「TOMSON」は当時の通販ギターの三大ブランドですが、どのブランドも「お金は無いけど夢はある若者」向けの激安通販ブランドだったりします。
(2012年現在の中古相場は10,000Yen以下ですが、実質は1,000Yenの価値も・・・。)

でも、このチープさが何とも言えない「良さ」だったりなんだり。

でもでも、この手の楽器は取り柄も無いためか「ビザール」には分類されていない様子ですが、どれだけの時が経とうとも、この手の楽器と中国贋作は価値が上がることは無いでしょうね。
(きっと、K-Garageとかもゴミか思い出にしかならないのかな。)

早い話、結局のところ練習はしていません、する気になれません、全てギターが悪いんです、うん、そうだ弦高が尋常ではありませんし、せいぜい、特定の世代の酒の肴として役に立つ程度。

まぁ、こんなんばっかし買っている時点で負けているのは私の方です。

ただ、この個体はアームがないことを除いて、ありえないほどコンディションが良かったりします。

ツーリングの時に友人に差し上げました。

Product Specification
Unknown…Uh…Ah…

Aria Pro Ⅱ Electric Guitar

ARIA PRO Ⅱ Electric GuitarARIA PRO Ⅱ Electric Guitar

Private Comment
専門学校に通っていた頃、ギターを練習をするために購入したアリアプロⅡのギター。
ビザールテイストのデザインは良かったものの、結局のところ、大した練習もしなかった。

ちなみに、私はFメジャーで挫折、よくある話でしょ?

荒井貿易がウェブサイトで公表している生産終了リストには掲載されていないのですが、ヘッドロゴは「ARIA PRO Ⅱ」となっているので、1975年から1999年の間に生産終了したものかと。

専門学校卒業とともに、血痕が付いたままHARDOFFへ。

Product Specification
Unknown…Uh…Ah…

Teisco EB Copy

Teisco EB CopyTeisco EB Copy

Private Comment
迷走期のテスコ作品で、ギブソンのSG(EB)を真似する気があったのか無かったのかは不明な、それでも、ある意味では本家を超えるのではないかと思わせるほどに強烈な個性を放つベースで、本体の白い方のピックガードはスペーサーにより5㎜ほど本体から浮かせてあったり、ヘッドのロゴや白い部分はペイントではなく樹脂素材の貼りつけであったり、このボディシェイプで何故かサンバーストカラーであったりと、なかなかオシャレに気を使っている感じ。
(ブランドは変わっているらしいですが、このモデルは海外にも輸出されていたらしい。)

ちなみに、このヘッド形状だと勝手に角度付きのヘッドだと決めつけてしまいがちですが、このベースはギブソンのような角度付きではなく、フェンダーのようなストレートタイプ。

・・・というより、長年の弦の張力に負けて「逆角度付き」になっちゃっています。
(この手のビザールには多い仕様だったりするので問題は無い?)

あと、ブリッジは安物テスコ十八番の板切れブリッジではなく、テレキャスターベースと同じようなタイプで、同社のプロユース製品にも使われていたブリッジなので、実は、これ、プロユースだったり!?

多積層合板のネックだって、言い方を変えれば「約60ピースネック」と少しハイスペックぽいし。
(ヘッド最高幅部分の大体の積層数を何となく数えてみたら、このくらいだった。)

まぁ、「え?それって一体、何本弦のベースですか?」と思われそうな表記ですけれど・・・。

ネックの強度には不安も多いので、テンションの弱そうなロトサウンドの弦を張っているのですが、思った通りのモッコモコな音色から、意外にも煌びやかな音色まで、トーンの幅は広いベース。

・・・だけど、基本的に使えない、使う気になれない、使ってはいけない気がする、よく分からない。

そういえば、ミュートスポンジ付きのブリッジカバーがあったはずだけど、気が付いたら無くなってる・・・。

この手のビザールって、海外には熱狂的なファンやコレクターが多いですよね。

Product Specification
Body : Castor Aralia?
Neck : Laminated Veneer Lumber, Bolt-On
Fingerborad : Rosewood, 20F(0 to 20)
Scale : ShortPickup:Original Pickups x2
Controls : Volume x2, Tone x2, 3-way PU Selector SW x1
Finish : 3Tone Sunburst
(This is not official specifications.)

Silvertone Apocalypse Bass PS-APB-5

Silvertone Apocalypse Bass PS-APB-5Silvertone Apocalypse Bass PS-APB-5

Private Comment
アメリカはシルバートーンのアポカリプスベースで、いつだかのポール・スタンレー・コレクションとしてラインナップされていたうちの一つです。
「1,500,000Yenのクラッシュド・ミラー・モデルが、廉価版として登場!」みたいな感じ。
(同時にUSAカスタムのギターもリリースされましたがベースは廉価版のみのリリース。)

まぁ、廉価版とはいえ定価は200,000Yenを超えてましたが、そんな大金は払った記憶はありません。
売れ残りの1本が格安で売りだされていたのを転売目的で買ったようなものだったり。

ちなみに、1900年代初頭のアメリカで蓄音機のブランドとして始まったシルバートーンですが、ここ最近は韓国のサミックが商標を所有しているらしく、このベースは大韓民国製。
(勿論、USAカスタムモデルは「Made in USA」だけど価格は天と地。)

このベース、とにかく長い、ヘッド落ちする、弾きづらい、疲れる、そんな記憶しか残っていません。

トーンはナトー材によるマホガニーチックな中低域に偏ったものだったような・・・、でも、薄い記憶。
アクティブEQで音色は変えれますが、総じて見た目と違いドッシリと落ち着いた音色だった。

とりあえず、これ、ベースには向かない形状だけどステージで化粧するなら少しは便利かも?

ポール・スタンレー・コレクションについて知りたい方はコチラのページを参考にしてみて下さい。
(アリアがページを削除したため、リンクが切れました。)

Product Specification
Body : Nato, Crashed Mirror Top
Neck : Maple, Set-Neck
Fingerboard : Rosewood, 22F
Scale : 864mm
Pickups : Duncan Designed Humbucking x2
Controls : Volume x1, Treble, Mid, Bass, 5-way rotary PU Selector SW x1
Tailpiece : Deluxe Type
Finish : Crashed Mirror
(This is the product specification which import agent released.)