Bohem Cigar Mini Super Slim No.5 を吸ってみた

Bohem Cigar Mini Super Slim No.5

Include the following / 抽烟印象・喫煙の感想 / Smoking impressions / Табачные впечатлени

 スーパースリムなリトルシガーという何気に変わり種な煙草。

 「ボヘーム・シガー・ミニ・スーパースリム・No.5」を吸ってみた。

 ボヘーム・シガーは「シガーリーフをブレンドに用いるシガレット」という特徴を武器にリリースされている、韓国はKT&Gのブランドです。ブランドにシガーと冠しながらも、その実は紙巻煙草であるという仕様が基本のブランドではありますが、ついに歴とした「シガー」もラインナップを開始しました。それが、この「ボヘーム・シガー・ミニ・スーパースリム」なるシリーズなのです。

 ただし、歴としたシガーと言っても「リトルシガー」ですので、あしからず。

 そんな新シリーズの珍しい点としては、スーパースリムなリトルシガーであると同時に、リトルシガーでは珍しくタールバリエーションのようなラインナップを構成しているということでしょう。ボヘーム・シガーはノンフレーバー製品を主に「葉巻のような演出」の一環として、銘柄名の末に「No.」というナンバリングを実施しています。あくまでシガレットをメインとするブランドであるためナンバリングはダミーではあるものの、実際にはタール数値を示している数字だったりするのです。

 ということで、このミニシリーズはシガー扱いのリトルシガーということもあり厳密なタール数値の表示は無いものの、銘柄名の「No.5」が示すように「Tar5mgのシガレットと同等」な製品であることが窺えるわけですね。また、No.1というバリエーションもあり、そちらは察しの通り「Tar1mgと同等」な製品としてラインナップされている様子。

 要するに、このミニシリーズはリトルシガーではあるものの、あくまでボヘーム・シガーらしく、シガレット感覚で楽しんでもらいたいのでしょう。先に少しだけ述べてしまうと、確かにシガーともリトルシガーとも異なる印象の味わいであるミニシリーズですが、正にシガレットと言った気軽さを感じさせてくれる取っ付きの良い味わいとなっていますよ。

Bohem Cigar Mini Super Slim No.5 Bohem Cigar Mini Super Slim No.5

 スーパースリムでリトルシガーと、従来のボヘーム・シガーには無かった要素が目白押しであることもあってか、パッケージデザインは新規のものとなっているのです。それでも、全体的な雰囲気は従来からのものが踏襲されている様のデザインとなっているので、ボヘーム・シガーらしさに溢れる感じですね。

Bohem Cigar Mini Super Slim No.5 Bohem Cigar Mini Super Slim No.5

Bohem Cigar Mini Super Slim No.5 ボヘーム・シガーの特徴でもある「ワランティを模したダミーデザイン」はパッケージ背面にて施されています。

 シガレットラインナップのボヘーム・シガーとは大枠は倣いながら少し印象の異なる、カメオ装飾のような趣きのあるデザインが素敵なパッケージ。

 また、葉の使用量が比べて少ないスーパースリム仕様であるからか、パッケージにも記載の通りにシガーリーフのブレンド量は20%と、ボヘーム・シガー・No.6と比べれば少なめ。

Bohem Cigar Mini Super Slim No.5 パッケージは一般的なボックスパッケージと比べると厚みは半分となっていて、形状はケントのナノテックシリーズなんかと同じく「カマボコ型」となっています。格好良く言うなら「ハーフラウンドボックス」とでも言うのでしょうか。そう言えば、そのナノテックも確か韓国製造の製品であったような気がします。

Bohem Cigar Mini Super Slim No.5 Bohem Cigar Mini Super Slim No.5

 中包装紙もパッケージ同様のデザイン性に富んだものとなっていて、このシリーズ専用のものが充てられているのです。素材としては他のボヘーム・シガー銘柄と同様に「ペーパータイプ」が使用されているので、環境への配慮も窺えます。

 また、開閉部の内側には「小鳥」の意味深なデザインが施されているのですが、パッケージデザインにも「小鳥」がデザインされていたりと、これの意味は何なのでしょう。分かりません。

Bohem Cigar Mini Super Slim No.5 Bohem Cigar Mini Super Slim No.5

 このミニシリーズはリトルシガーということで、巻紙には煙草葉を加工した茶色いシート葉が使用されています。フィルターチップにはボヘーム・シガーのNo.6と同じく淡い茶色のものが使用され、空気穴は何となく確認することが出来るのですが、量までは肉眼では分からない感じ。

喫煙の感想・味・香り

 この煙草は、非常にマイルドなキャラクターが印象的な煙草となっているのです。

 まず、シガレットの香りなのですが、シガレットとしてリリースされているチョコレートのような甘さの香りが印象的だったNo.6やNo.1と比べると、かなり香りは控え目です。少しだけNo.6などと同じキャラクターな香りに「甘酸っぱさ」が付加されて感じられるものの、ちょっと乏しさに否めない香りですね。あまり楽しさも無いので、さっさと火を点けたくなります。

 ちなみに、火を点けずに吸うとフルーツミックス系のガムもしくは「ガトーレーズン」みたいな風味が感じられて少しリッチな気分になれたり。

 喫味の方は、リトルシガーながら非常にシガレットライクな味わいに質感となっていて、先程のシガレットの香りと同じく、思いのほか淡泊な印象の喫味となっているのです。これはチャコールフィルターによる影響なのでしょうか。ボディはTar5mg程度と示すだろう「No.5」と謳うに相応な肉厚感で煙量は豊かに感じるものの、シガレット版のボヘーム・シガーたちと比べると適度に「まとまり」のある塊感を持ち合わせる煙であるため、吸い応えは決して悪くないのですが、どうにも味わいの淡白さが後ろ髪を引いてきます。とっても吸いやすく雑味は全く無いのですが、同時に甘味やら苦味やらの味わいたい要素も非常に薄く、ほんのりとした香ばしさが淡々と、そして坦々と提供される感じ。

 しかしながら、非常に品の良い香ばしさが心地の良さを覚えさせてくれるため、これがどうして、中々に素敵な味わいなのですよね。喫煙も火種が半ばに差し掛かると、ようやくリトルシガーらしいコクや質感が少しだけ顔を出すものの、やはり香りの薄さやらで非常にマイルドな傾向には印象も変わり無く、吸いやすさに一辺倒となっています。

 喫煙後の余韻も、ほんの少しだけリトルシガーらしい苦味や香ばしさが残るものの、非常に淡泊な後味に残り香なのです。良く言えば、リトルシガーという葉巻製品にしては「スッキリ」な後味で、もたれることがありません。

 総じて、リトルシガーながらシガレットとして扱っても、非常にマイルドな味わいが特徴的な煙草となっています。ただし、淡白さに飽々してしまう方もいるだろうなと、特性の振り切り加減が極端であることは否めません。それでも、煙の量感や質感は上々なので、決してスカスカしているわけではなく、全体的に控え目な印象が強いと同時に「品の良さ」も感じられる素敵さは持ち合わせています。

 畳み掛けると言うほどの感じではありませんが、火種も半ばを越えると少しだけリトルシガーらしさが現れ始めるので、リトルシガー入門には打って付け。あっさりな味わいにてリトルシガーを楽しみたい方にもマッチするはず。常にコレばかりをと主喫銘柄にするのなら、案外と「こんな感じの煙草」が良かったり模しますからね。関東風より関西風を好む方なら、良いと思える煙草ではないでしょうか。

 ちなみに、私は関西風の方が好きですが、ボヘーム・シガーはNo.5よりNo.6の方が楽しみ甲斐を覚えるので好きなのです。

Nutrition Facts
Serving Size: 1 Cigarette
Tar—mg Nicotine—mg
Strictly No Taking. Don’t smoke until you are 20 years old.lol


▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「Cigar & Hand-Rolled Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る