Cabin One Tasty 100’s Box を吸ってみた

Cabin One Tasty 100s BoxInclude the following / 抽烟印象・喫煙の感想 / Smoking impressions / Табачные впечатлени

先輩のTar2mgを傍目にキャビンはTar1mgで100’sのシガレット。

「キャビン・ワン・テイスティ・100’s・ボックス」を吸ってみた。

元々はキャビン・ワン・100’s・ボックスという名称で地域限定販売されていましたが、後にキャビン・ワン・テイスティ・100’s・ボックスという名称に変更されて全国拡販、今に至るという煙草。

その全国拡販と名称変更の際に、味わいも少しだけ調整された様子。

このTar1mgのキャビンには、直近のタールバリエーションにTar2mgのウルトラ・マイルドがラインナップされているので、まさかの1mgの差でタールバリエーションを展開しているということになります。

まぁ、中々に親切なラインナップですね。

Cabin One Tasty 100s Boxフィルターチップはローストブレンドと同じく、グラデーション仕様のコルクカラー。

探してみると、御時世なのかTar1mg製品でコルク柄のフィルターチップを採用している製品は少ないので、喜ばしく思う方もいるのではないでしょうか。

100’sサイズというカテゴリーでも、コルク柄のデザインは珍しいですよね。


喫煙の感想・味・香り

この煙草は、至って順当にTar1mgで100’sのキャビンといったところ。

直上のタールバリエーションであるウルトラマイルドは、Tar2mgという極ライト仕様であるにも関わらず中々の煙量感を誇っているのですが、このワン・テイスティは徒然なるようにTar1mgといった仕上がりとなっているのです。

まぁ、そのウルトラマイルドは煙量感を得る代償なのか極端に燃焼速度が速いのですが。

このワン・テイスティはフィルターが長いからなのか、はたまた空気の流入量なのかは知りませんが、Tar1mgの100’sシガレットとして順当に「薄まった感じ」がしますし。

ただ、キャビンらしく甘めの加香感が強いので、そこそこに楽しめますが。

キャビンはタール値のわりに空気穴に頼らないというか、タール値は下げても「空気で薄まった感じが弱い」ような味わいが特徴だと思っていたので、少しガッカリな点なのです。

キャビンはJTらしい「ボワッ」とした広がりの強い喫煙感が特徴的な銘柄だと思うのですが、その例に漏れず、この煙草もシャープな印象とは程遠い、丸く優しい吸い心地となっています。

この優しい穏やかさを演出している点が、より「薄さ」に拍車をかけている気もするのです。

熱気や燃焼過多などに因る異物感は突出するので強く吸うことは勧めませんが、それでも強く吸ってもエッジが立つような気配はありません。

また、キャビンといえば忙殺するかの如くスピーディーな燃焼速度も特徴だと思うのですが、このワン・テイスティは比べれば穏やかに燃えていくような気もします。

ウルトラマイルドのような尋常ではないスピードで燃えることもありません。

タール値だけ見ればウルトラマイルドと似通っていて、キャラクターが被っているように思われるラインナップですが、意外にも住み分けは確かに成されているようです。

「テイスティ」とは良く言ったもので、確かに香りは楽しめるが吸い応えは想像通りのTar1mg。

これは味わい云々というより、その他の好みで選び分けるような感じなのかな。

風味を取るか、質量を取るか、みたいな。


Tar1mg Nicotine0.1mg
Strictly Not Take. Don’t smoke until you are 20 years old.lol

▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「JT Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る