Cabin Prestige を吸ってみた

Cabin PrestigeInclude the following / 抽烟印象・喫煙の感想 / Smoking impressions / Табачные впечатлени

別格の雰囲気を漂わす高級志向なキャビンの100’sシガレット。

「キャビン・プレステージ」を吸ってみた。

従来のキャビンとは趣の異なる、何気に「ピース・インフィニティ」や第2世代の「さくら」なんかと意思の通った高級志向なシガレット。

価格も少し高めの設定となっていますね。

パッケージデザインも中々に懐古的と言うか、今に無いクラシカルな雰囲気を漂わす素敵なものとなっていて、高級志向に恥じない所有欲を満たしてくれそうな良きデザインなのです。

内容としては、従来のキャビンと変わらずににチョコレート系の香料を使用したブレンドではあるものの、より口当たりや味わいの良さを追求した、正に正統派な上位製品となるそうな。

Cabin Prestigeフィルターチップはクラシカルながら非常に絢爛なデザインとなっていて、素材としてはピースのインフィニティと同じくエンボス加工を施した質感の良いものとなっています。

高級志向にも納得な、かなり気持ちを満たしてくれるシガレットデザインなのです。

また、他のキャビンと同じくチャコールフィルターが使用されています。


喫煙の感想・味・香り

この煙草は、決して見かけ倒しとはならない、名実ともにと言ったような仕上がりが素敵な煙草となっているのです。

シガレットの香りは、従来のキャビンらしい「香料感の効いた甘さ」が特徴的な香りでありながら、量感は非常に豊かなものとなっていて、それでいて角の丸い柔らかさを感じる、何とも素敵な香り。

パッケージやシガレットのデザインによる素敵さと相まって、火を点けずとも中々に楽しめる仕上がりは非常に好印象。

喫味の方も申し分は無く、高級洋菓子を思わせるような品と豊かさに溢れる味わいで、かなり満足度の高い喫味となっています。

従来のキャビンですら、既に空気感を抑えた密度感が香り高い印象の味わいでありながら、それでいて口当たりは優しい仕上がりではありますが、そのキャビンらしいテイストに「豊かさ」や「柔らかさ」と言うような印象を付加した味わいは、あくまでキャビンのキャラクターを踏襲しながら上品さを追求したような味わいであり、正に上位製品と言うに相応しい仕上がり。

キャビンの味わいに上質な脂肪分を多分に含んだミルクを混ぜたような濃厚さがありながら、とっても柔らかい煙の質感が吸いやすさを演出しています。

豊かでありながら、決して濃くはない、そんな絶妙なバランス感。

そんな程好くマイルドな喫味は、その軽快さゆえにボディのパンチは控え目となっていすが、それを余りある豊かな香りでフォローしている仕上がりであり、とっても上品な味わいですね。

その香りも無理矢理に増強されたようなものではなく、あくまでバランスを崩さない絶妙な豊かさとなっているため、くどさが無いという点に仕上げの妙を感じさせてくれるのです。

総じて、キャビンらしい癖はあるものの、それを柔和さに富んだ煙の質感で見事にフォローしていますし、香料の効いた甘い香りや優しい口当たりと言った内容に反応する方は、是非とも試す価値のある煙草。

また、これを知れば従来のキャビンは吸えなくなるかと言うと、それは決して成らずで、この味わいに馴れる頃には少しボディにパンチが欲しくなるなるだろうと思います。

そんな時は、従来のキャビンを喫して原点回帰してみるのも乙かと。

ここ一連のJTがリリースした高級志向なシガレットは、しゃかりきに増強された感じが無く、落としどころが妙で好いですね。

この煙草の香料感を重視しているようなキャラクターは比べるには全く御門違いなのですが、同じく高級志向で有名な外国煙草はロスマンズのロイヤルとも渡り合えると思う、中々に素敵な煙草なのでした。


Tar9mg Nicotine0.7mg
Strictly Not Take. Don’t smoke until you are 20 years old.lol

▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「JT Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る