Camel Mild Box を吸ってみた

Camel Mild BoxInclude the following / 抽烟印象・喫煙の感想 / Smoking impressions / Табачные впечатлени

JTがアレンジしたキャメルはマイルドな仕上がりの煙草。

「キャメル・マイルド・ボックス」を吸ってみた。

世界的にも有名な銘柄であるキャメルのマイルド仕様なのですが、元のRJRが販売していたターキッシュ&アメリカンブレンドなキャメルとは異なり、同社をJTが買収した後にJTが手を加えた方の煙草なのです。

具体的には、日本人が好まない傾向にある癖の強い味わいのターキッシュリーフは避けて、多くの煙草に使われているようなバージニアリーフをメインにしたブレンドへ変更しているそうな。


喫煙の感想・味・香り

この煙草も、あまり喫味や香りは印象に残っていないのですよね。

タールバリエーションでラインナップされていたTar11mgのキャメルと同じように、ほんのりとした甘味が癖の無い味わいの全てであるような煙草だったと思います。

のんびりとした味わいには、庭先で「パッケージまんまだな」とか思った記憶があるのです。

すっごーく地味な疑問なのですが、この煙草のパッケージに表示されている「マイルド」という製品仕様を示す「MILD」という英単語。

多くの煙草って「MILDS」じゃないですか。

英語は詳しくないので細かいことは分かりませんが、何が違うのでしょう。

当時から気になっているのです。

まぁ、今の今まで調べもしなかったので、大して疑問には思っていないのでしょうけれど。

兎にも角にも、キャメルは人気が無いからと日本人に親しみやすい味わいにしたら、今度は旧来のユーザーが離れるばかりで新しいユーザーが増えず、挙句には味わいを変えたことへの地味なネガティブキャンペーンを食らい、終いには大天災の影響もあり廃止が決定してしまうという中々の経歴です。

しかし、2015年の現在ではドイツ製のキャメルも出回っていますし、ラークのように一見では受け入れがたいくらいに癖の強い銘柄でも売り方の次第で定番まで持っていけることは明らかなので、是非とも頑張っていただきたいですね。

古臭い「自称キャメルファン」は既にキャメルファンではないので、気にしません。


Tar8mg Nicotine0.6mg
Strictly Not Take. Don’t smoke until you are 20 years old.lol

▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「JT Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る