Camel Natural Lights Box を吸ってみた

Camel Natural Lights BoxInclude the following / 抽烟印象・喫煙の感想 / Smoking impressions / Табачные впечатлени

ジャーマニーなキャメルとして復活を果たしたキャメルの派生はナチュラルシリーズのTar6mg。

「キャメル・ナチュラル・ライト・ボックス」を吸ってみた。

東日本大震災の後には完全に姿を消していたキャメルですが、依然として欧米を中心として高い販売数を誇るグローバルブランドであり、欧州では「ナチュラル仕様のキャメル」という香料無添加のキャメルも以前から普及しているのだとか。

この煙草は、そんな欧州で販売されているナチュラル仕様のキャメルのライトバリエーション。

最近の国内流行でもある「香料無添加」という煙草葉の味わいに重きを置く仕様も特徴的ですが、先に発売されたブラックやホワイトと同様に、特にテイストのローカライズはされていないドイツ製品が輸入販売されているので、他の多くの洋モクとは異なり海の向こうの方々が嗜んでいる味わいを変わりなく楽しめるということも大きな特徴だったりするのです。

2015年の現在では、東京都と神奈川県に加え、大阪府と北海道の一部店舗でも販売されるようになったこともあり、全国販売に向けた「試金石」という状況であることを察するのですが、その販売圏内であってももコンビニや量販店では売っていないと思われるので、まだ少し珍しい銘柄となっています。

ちなみに、このシリーズは「無添加」がウリとなっていますが、ナチュラル系の大御所であるアメリカンスピリットなんかとは少し趣が異なり、あくまで「香料のみ無添加」となっているため、煙草葉本来の味わいに重きを置く点は共通に、その他の機能的添加物は使用しているとのことなので、あしからず。

燃焼促進剤とか膨張材とか劣化防止剤とかね。

Camel Natural Lights Box当たり前ですが、さすがに外装に記載された言語は日本向けにローカライズされているので、警告文などの情報表示は日本語化されています。

また、背面の英文で記された謳い文句の下部には日本語の製品特性の説明も付け加えられているのです。

直訳ではないのですが、英文と伝えたい旨は同じような内容となっています。

昔ながらの「CAMEL」のロゴが良い感じですね。

Camel Natural Lights Box Camel Natural Lights Box

先に発売されたブラックやホワイトと同じく、独特なカーブ形状のボックスパッケージとなっています。

手に馴染む感じが程好い、高級感のあるパッケージなのです。

Camel Natural Lights Box中包装紙にも、昔ながらの「CAMEL」のロゴがレイアウトされています。

ブラックとホワイトでは、この旧来のロゴを隠すような先進性を漂わせるデザインが少しだけ違和感を感じさせましたが、このナチュラルシリーズでは打って変わって従来のキャメルの雰囲気を踏襲している感じが伝わってくるのです。

Camel Natural Lights Boxフィルターチップのデザインは、コルク柄であったTar10mgとは異なり、白色のチップが使われているのです。

これはブラック&ホワイトと同じような差異の付けられ方なのですが、このナチュラルシリーズに関しては、双方ともコルク柄でも良かったような気もしますね。

また、空気穴が少し特殊で、意匠かレーザーの精度が悪いのかは判別に困る、何とも不規則な間隔が設けられています。


喫煙の感想・味・香り

この煙草は「やはりTar10mgからTar6mgへのダウンサイジングは影響も大きいな」と思わせるような喫味となっているのです。

シガレットから香る非常に控え目ながら「ほんのり甘い香り」は、香料無添加という仕様もありTar10mgと相変わらずなのですが、味わいの方はライト煙草らしい紙臭さなどが目立ってきているように思えます。

それにより、いくらかドライで刺々しい質感を含み始めているので、Tar10mgで印象的だった「優しさ」が薄らいでいるのです。

煙を吐ききると、このシリーズらしい素朴な甘味を感じることが出来るのですが、煙を吐くまでは少し刺々しい感じもするので、ちょっと残念。

紙臭さも、最近のTar6mg製品にしては少し主張が強いようにも思えますね。

ただ、後味の「ほっこり甘い余韻」は程度も全く変わりがない様子で、非常に心地の良い気持ちにさせてくれます。

吸い心地に関して、煙量による吸い応えはTar6mgの方が抑えられている分だけ吸い易さに結びついているのですが、味わいとしてはTar10mgの方が柔和な質感で優しく風味を挺してくれるため、結果として私はTar10mgの方が吸い易く感じたりもするのです。

Tar10mgはタール数値のわりに穏やかな喫味で数値よりも軽く感じたことに対して、このTar6mgはタール数値に相応の内容と吸い応えになっている点も相乗しているのでしょう。

味わいの傾向は同じなはずなのに、Tar10mgと違って、この煙草では不思議と穏やかな気持ちにならないのですよね。

吸い慣れてくると刺々しい感じも失せて、このシリーズらしい素朴な香ばしい甘味を存分に感じることが出来るのようになるのですが、そうすると今度は紙臭さが頭角を出し始めるというジレンマには、何とも微妙な気持ちを隠せません。

苦味や辛味は無いものの、やや酸味をボディにのみ感じる点も、このシリーズには不相応に思えるので、少し違和感ありかな。

キャメルのナチュラルテイストを楽しみたければ、私は迷わずTar10mgを選ぶのです。


Tar6mg Nicotine0.6mg
Strictly Not Take. Don’t smoke until you are 20 years old.lol

▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「JT Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る