Camel White Box を吸ってみた

Camel White BoxInclude the following / 抽烟印象・喫煙の感想 / Smoking impressions / Табачные впечатлени

懐かしいラクダが懐かしさゼロで復活したジャーマニーなキャメル。

「キャメル・ホワイト・ボックス」を吸ってみた。

ここ日本では、嗜好性や工場被災の問題で一度は完全に姿を消したキャメルが復活。

復活と言っても、実質、日本には初上陸するドイツ製のキャメルで、同時に上陸したTar10mgのブラックのライトテイスト仕様が、このTar6mgのホワイトとなっているのです。

以前まで日本で売られていた野暮ったいデザインのものではなく、かなりのアーバンデザインなので、あまり見た目からはキャメルらしさを感じることが出来ないかも知れませんね。

Camel White Boxパッケージ背面のデザインは極々シンプルですが、正面にレイアウトされたラクダのデザインは切り抜きによる立体アートとなっていたりと中々に豪華。

最近の煙草のように表面加工を多用するのではなく「造り」で勝負していますね。

かなりオシャレなパッケージデザインとなっているので、今までのキャメルイメージのような異国情緒やら古臭さなどは全く感じられませんね。

Camel White Box Camel White Box

ダビドフなどのドイツ銘柄と同じく八角形のパッケージですが、他の八角形パッケージと違い、正面と背面の左右の縁がアーチを描いた独特の形状で、ほんの少しだけ幅広なのです。

Camel White Box Camel White Box

コルク柄チップのブラックに対し、ホワイトはライトシガレットらしく白色のチップなのです。

デザインに差異はなく、空気穴は大きめが多めに1列。


喫煙の感想・味・香り

この煙草は、シガレットから香る甘い香料の程度はブラックと比べると控えめな印象ですが、喫味の方は順当なライトテイストといったところで、キャラクターなどはブラックと同じものとなっているのです。

ブラックのシガレットから香る甘い蜂蜜のような香りが非常に心地よいものなので、このホワイトは、その香りが弱いということに少し残念を感じてしまうのですが、ライトテイストという仕様を考えると、この程度でなければ喫味が破綻してしまうのかも?

タールが控えめとなっている分、いくらか粗末に吸っても不味いという程に味は悪くならないことも特徴で、丁寧に吸えば濃い目のアメリカンブレンドらしい甘い香りと風味を楽しむことが出来るのです。

この点は、正にライト製品の良いところでもあり悪いところでもあります。

この新キャメルシリーズはチャコールフィルター仕様ですが、国内流通品ではウィンストン・フィルターに次いで正統派アメリカンブレンドな味わいではないかなと私的には思えるのです。

ゆっくり正しく一服する方はブラックを選択した方が良いのかと思いますが、サラッと一服する方にとっては、このホワイトは風味の崩れ方も小さいのでオススメ。

空気量が増えた分だけブラックのような絢爛さには欠けますが、小奇麗カジュアル程度に華やかな喫味ではあるので、ブラックと同様に「忙しいけれど優雅な人のために」といったところ。

私的には、丁度良い濃さの甘味が非常に心地よいのです。

以前に販売されていた日本たばこ製のキャメルとは打って変わって非常に洋モクらしい味わいなので、国内向けにローカライズされた洋モクと比べると少し取っ付きは悪いかも知れません。

ローカライズされたジャパニーズなマールボロやラッキーストライクを吸って洋モクを吸った気になっている鼻の伸びたア・ナ・タ。

いきなりウィンストン・フィルターは酷だと思うので、まずはキャメルから、お試しあれ。


Tar6mg Nicotine0.5mg
Strictly Not Take. Don’t smoke until you are 20 years old.lol

▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「JT Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る