Caster Gold Silk 6 Box を吸ってみた

Caster Gold Silk 6 BoxInclude the following / 抽烟印象・喫煙の感想 / Smoking impressions / Табачные впечатлени

 好評を得た高級志向のピース銘柄に引き続き、キャスターにもラインナップされた高級志向な製品。

 「キャスター・ゴールド・シルク・6・ボックス」を吸ってみた。

 「テイストを極める」というキャッチコピーで展開される”X Taste Project”という、ウィンストン・キャスター・キャビンの連動企画。その企画の一つとして、キャスターとキャビンには新規に「ゴールドシリーズ」という製品がラインナップされたのです。対となるキャビンのゴールドシリーズは粗刻みの葉を使用することにより「ワイルド」を謳っていますが、このキャスターのゴールドシリーズは真逆の方向性で極細刻みの葉を使用することにより「シルク」を謳い、まろやかさを一層に際立たせたのだとか。

 ちなみに、高級志向ということもあってか価格は少し高めの設定。

Caster Gold Silk 6 Box パッケージの裏にはプリントビニール包装で「極細刻み」をアピールしているのです。

 手巻きやパイプとかを楽しむ人なら「刻み」の加減も重要なのでしょうが、多くの紙巻党にとっては重要視されることも少ないファクターですよね。

 それも全ては既成品のクオリティーが高く、全く気にならないことの証だとは思いますが、本来は大切な要素なのです。

Caster Gold Silk 6 Box Caster Gold Silk 6 Box

 インサーターでも少々の説明がされているのですが、私のような無知者には「なぜそうなるのか」が分かりません。確かに感覚としては極細刻みだと口当たりとか優しくなりそうですけれどね、細かいことは気にしない。

Caster Gold Silk 6 Box キャビンのゴールドシリーズと同調されたシャンパンゴールドカラーの内装は、嫌味の無い高級感を漂わせています。

 シガレットのフィルターチップは同調せず、こちらはパール調のキラキラとした素材が使われているのですが、特別に女性志向などのような感じはしないのです。

 空気穴は中程度のものが1列だけ間隔を広く設けられていて、フィルターはチャコールフィルターとなっています。

Caster Gold Silk 6 Box Caster Gold Silk 6 Box


喫煙の感想・味・香り

 この煙草は、レギュラーラインのキャスターが「ただ純粋なバニラエッセンス」なら、このゴールドシリーズのキャスターは「焦がしを入れたバニラ」のような感じで、良質な素材に人による一手間を加えたような喫味に仕上がっています。「ふんわり」という言葉がキャスターの喫味を言い表す言葉として使われることが多く、この煙草も例に漏れず優しい喫味となってはいるのですが、レギュラーラインのキャスターに感じることも多かった「ふんわり」からくる「薄さ」を払拭しているような仕上がりは、正に高級志向といった喫味に仕上げられているのです。

 甘い香りと相まって優しい吸い心地なのですが、しっかりと芯を感じることも出来るために香り立ちにも「まとまり」を感じます。キャスターの香りは非常に良いのですが、お世辞にも香りの「立ち」が良いかと言われると少し欠ける気がしますし、趣の異なりを見せる仕上がりとなっていますね。

 まぁ、それが「ふんわり」という喫味に一役を買っていることも確かなのですが・・・。

 故に、「ふんわり」が謳い文句のキャスターとしては、少しだけハード系。

 既に製造終了となってしまったTar7mgのキャスターを主喫していた人で、違和感を覚えたがために同じキャスターでもマイルドなどの製品へ素直に移行できなかった人もいるかと思われますが、そんな方に勧めてみたい煙草なのです。この付け加えられた少しの「かっちり感」は、どことなく無印のキャスターを彷彿とさせる点でもあり、それよりも確実に香り立ちに高級感がありますよ。

 恐らく、この高級志向の引き金ともなっているであろうピースの一連と比べれば、あからさまな高級感は無いものの、この「ちょい贅沢」みたいな落とし所は非常に嬉しところなのです。

 余談ですが、ちょっと強めに吸うとフルーティー感がプッシュされて、キャスターというよりベヴェルを彷彿とさせる喫味に様変わりする気がします。ベヴェルがキャスターにアイルビーバック。


Tar6mg Nicotine0.6mg
Strictly Not Take. Don’t smoke until you are 20 years old.lol

▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「JT Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る