WR250X エルマシステムのエコピュア12装着

Eruma System Eco Pure 12 大人になってもさ、好奇心は強い方だから。

 眉唾って、そそるよね!

 いや、眉唾なんて言ったら製作者に失礼なのだけれど。やっぱりカテゴリーとしては眉唾ですよね。

 そんな感じで株式会社エルマの「エコピュア12」という二輪車向けのバッテリー寿命延命装置をWR250Xに装着してみたので、その詳細なのです。


▼とりあえずバッテリーと私の話


 私は、あまりバイクに乗る機会も多くはありません。

 ということで、バッテリーに大きな負担となる「過放電」や「低温」といったファクターを教科書のごとくコンプリートしてしまっているわけなのですね。たまに気が向けばバッテリーを取り出して充電は行ってはいますが、あまりにも不定期が過ぎます。そこで、たまたま目についた「バッテリー寿命延命装置」なる本製品。そんなに高価なものでもなかったし、バッテリーへの労りも兼ねて使用に踏み切ってみました。

 ちなみに、SR400では乗らない期間に長期放置するもキックスターターだからかバッテリーの具合に違和感や不足を覚えたことは全くありませんでしたが、WR250Xでは先日に敢行した真冬の峠道特攻で始動時に明らかな「バッテリーの弱り」を感じたものです。

 分かりやすく表現するなら「キュキュ・ボボボ」が「キュキュキュキュ・ボボボ」みたいなね。


▼エコピュア12という製品


 化学は全く精通していないので、詳しくはメーカーウェブサイトで。

 どうやら、一見は製品名のように思えてしまう「エルマシステム」というものは、株式会社エルマが開発した技術の名称のようで、その技術を用いた製品こそがエコピュア12を含む「バッテリー寿命延命装置」なのだそうな。様々なバッテリーに適したモデルがリリースされていて、このエコピュア12は二輪車用となっていますが、その製品名の通りに古い6Vバッテリー搭載車には使用出来ないので要注意。

 ちなみに、ざっくりと説明すると、バッテリー放電時に発生して電極に付着するサルフェーションを「エルマシステム」による特殊な電流で粉砕し、電極板を健全化することによりバッテリーの機能を維持するという製品なのだとか。

Eruma System Eco Pure 12 Eruma System Eco Pure 12

 小振りな箱の中には、本体と取扱説明書の他に貼付けようの両面テープの三点が同梱されていました。本体は非常に小振りで、煙草の箱と比べても四分の一というミニサイズなのです。


▼装着


 まずは、バッテリーへのアクセスですね。もう何度も充電のためにアクセスしているので何てこともない作業なのですが、こればかりに慣れるというのも少し虚しい気分。

Eruma System Eco Pure 12 シートを外してから三角形のサイドパネルを外すわけですが、このサイドパネルは三点留めで装着されていて、六角ボルトに引っ掛け爪にクワ型ゴムブッシュと、それぞれ別機構にて留められていたり。何故に、こうも別手法?

 毎度のこと、楽しすぎてしょうがない。

 あとは、この時点で小振りさに安心を覚えたエコピュアですが、きちんと設置することが出来るのか疑問も抱き始めます。サイドパネル内にも余裕は無し、シート下にも余裕は無し、はて、どこに設置するものか。

Eruma System Eco Pure 12 ということで、ちょうど良い具合にシッポリ可能なスペースがあったので、そこに突っ込みました。特にテープなどでの固定はしていません。

 無駄に収まり良くと相成りました。

 ちなみに、エコピュアの端子が微妙に大きくミスマッチなサイズだったため、プラス端子側が無理矢理なネジ止めになってしまいましたが、しっかりと動作中を示すLEDが点灯しているので気にしない。


▼感想


 まぁ、すぐに効果を体感することが出来るものでもないので、今の感想は特にありませんよね。このエコピュア12を含む12Vバッテリー向けバリエーションには過放電を防止するために電圧が12Vを下回った際に機能を停止するパワーセーブ機能が搭載されているため、当面は付けっ放しにして様子を見たいと思います。

 とは言っても、メーカーが推奨する「新品バッテリーから併用」とは条件が少し離れていますし、私みたいな鈍感は効果を体感することは出来ないかも知れません。今のバッテリーが五年くらい満足に使えれば、それこそ功労の証としても良いのかな。

 そんなに高価な品物ではないですし、とりあえず試してみたという報告なのでした。

 引き続き経過を見て、何か気が付きことでもあれば別口で報告でもしたいと思います。


▼あわせて他記事どうぞ▼
小目録「Motorbike & Accessories Logs」へ戻る
大目録「Motorbike」へ戻る