WR250Xカスタム ナンバープレートホルダー を装着してみた

[✓] Include the following : Motorbike

 概要:WR250X「デイトナ・アルミナンバープレートホルダー」のレビュー



 今回はナンバープレートのホルダーで、ちょっとミーハー志向なドレスアップパーツですよね。あまり意味の無いドレスアップパーツには興味が無いのですが、今回は意味を見出したために緊急装着してみたのです。

 ということで、デイトナのアルミナンバープレートを装着してみたので、その詳細とレビュー&インプレッションなのです。


▼ナンバープレートホルダーって?


 そのまんまです。ナンバープレートのホルダーなのです。

 おおよそのバイクはというと、ナンバープレートはブラケットに直で取り付けられていますよね。WR250Xも泥除けを兼ねるナンバープレートのサポートブラケットにボルトで取り付けられています。

 そして、ナンバープレートホルダーというのは、えーっと・・・。

 まぁ、やっぱりナンバープレートホルダーはナンバープレートホルダーですよね。ナンバープレートをムンクの叫びとするのなら、それを収める額縁のようなものです。



 今回は、デイトナの「アルミナンバープレートホルダー」の黒色を選びました。後述しますが、そもそも目立っては欲しいわけではないので色は黒色ですね。わりと様々なカラーバリエーションがラインナップされています。

 ドレスアップ志向のパーツだけあり付属のボルトにはアルミカラーも付属していたり、ナンバープレートとホルダーが車両の振動でビビらないためにクッションテープも添付してくれているので親切な品と言えるでしょう。


▼装着の理由


 このナンバープレートホルダーというのは、多くの場合はドレスアップという理由で取り付けられることばかりのパーツかと思います。カラフルなエアバルブキャップとか、カウルに張り付けるデカールのような感じですよね。

 ちなみに、あまり私はドレスアップ狙いのパーツには興味がありません。

 では、何故に装着に至ったのかというと、それはオフロードバイクに準ずるモタードタイプのバイクであるがゆえに「オフ車あるある」に悩まされているからなのです。その「あるある」というのは・・・。

 オフ車・モタ車って、ご存知かと思いますが車高が高いのですよね。そのついでに、ナンバープレートの位置も高いのですよ。そこそこの角度も付いてますしね。

 ということは、ものすごくバイクカバーに引っかかるわけなのです。特にサイドスタンドで駐輪時に付き出す右下の角がですね、カバーに引っかかるわ、腰に引っかかるわで、もう大変。何度も腰やカバーを引っかけたりで、ナンバープレートの角を曲げてしまっていますから。

 というか、何故にナンバープレートって、あんなに鋭利なのさ。お国の装着義務な配給品のくせに、おまえが定める道路運送車両法に抵触するでしょう、これ。



 ほら、こんな感じ。かなり厚手のカバーですし、その他の部分は正常ですからね。異様にナンバープレートによる破損が目立ちます。最初は外からの傷かと思ったのですが、完全に刃物と化したナンバープレートの角が原因です。

 そこで、ナンバープレートホルダーで問題が解決しないかと思い、試してみようと思ったわけなのです。


取り付け




 はい。これこそ究極にポン付けパーツなので、何ということもありませんね。角の鋭利さが比較的マイルドになったため、これは効果を期待しても良さそうです。

 それとなく曲がったナンバープレートも直して、良い感じなのです。


▼おまけ




 ついでに、ナンバープレートのボルトをフックポイントにする同社の「ナンバープレートカーゴフック」というパーツも同時に取り付けてみました。今のところ必要に迫られているわけではなかったのですが、こればかりは何となくですね。

 おかげで、親切にナンバープレートホルダーへ付属してくれていたアルミカラーやボルトは不要となってしまいましたね。しかしながら、カーゴフックには防犯のためトルクスボルトが付属していましたので、それを使用します。

 もちろん、そのトルクスボルト用のトルクスレンチも付属していたので、特に問題はありません。何だかんだ言って、デイトナは色々と親切ですね。

 あと、安売りされていた時に購入して放置していたモトフィズのシートフックも取り付けました。絶賛フックポイント増量中なのです。


▼結局の感想


 とりあえず、ナンバープレートホルダーを装着したことにより角は厚みが確保されエッジがマイルドになったので、これは効果を期待しても良さそうなのです。私は特にアスリート志向でもないので、些細な重量の増加も気になりませんし、やっぱり便利が一番!

 何より、諸事情でナンバープレートに服や社会の窓を引っかけることが多かったのですが、これを装着したら衣服が引っかからなくなりました。ほんと、ナンバープレートの縁(ふち)って鋭利ですよね。

 似たような悩みをお持ちの方がいらっしゃいましたら、ドレスアップ云々はさておき特別に高価なものでもなければ面倒なものでもありませんし、検討してみることをお勧めするのです。

 カーゴフックは・・・、取り付け個所も微妙なので今のところ活躍する見込みは無さそうですね。

 むしろ、こちらこそドレスアップ志向となってしまいました。


▼あわせて他記事どうぞ▼
小目録「Motorbike & Accessories Logs」へ戻る
大目録「Motorbike」へ戻る