Electro Harmonix Knockout

Electro Harmonix Knockout Electro Harmonix Knockout

Private Comment
エレクトロハーモニックスが生んだ「理屈より直感」と言わんばかりの素敵なイコライザー。
最近はキャラクターを変えることもなくクリーンなブースト&カットが可能なものが流行りのようですが、このイコライザーは「アタックイコライザー」と称し、明後日の方向を見据えた製品なのです。

メーカーが「ハムバッカーをシングルコイルに変えてやるぜ!」と謳っている通り、すっぽかして説明すると、元のトーンキャラクターを全くの別物に変えてしまうタイプのイコライザーで、かなり強烈な効果を持つハイパスフィルターとローパスフィルターを搭載しているのです。

そのエグいフィルターで高域と低域をブースト・・・、というよりKNOCKOUT色に変容させて、ぽっかり空いた中域をDRYの原音ミックス用コントロールで適度に補うというものなのですが、効き目は文句の通りに派手で、たった三個のノブで非道なまでに様変わりさせることが可能。

アタックイコライザーなんて銘打っているから「アタック感が強調される」と誤解されそうですが、実際は「楽器の持つ個性にアタックしてノックアウトさせる」という意味だと思ってくれた方が正しいかも。
(設定のよってはアタック感を無くすことも容易ですし。)

嘘臭さもムンムンですが、ホントにハムバッカーがシングルコイルっぽく変化する様は感動モノ。
(だったらハムバッカー使うなよとか云々の文句が飛び交いそうですけれど・・・。)

あくまで、「っぽく」。
ステレオタイプ的なシングルコイルサウンドを再現するだけなので、当たり前ですが本物志向とは少し違います。

まぁ、たかがイコライザーでも、ぶっ飛んでいるというのはエレハモらしいところで、使えるか使えないかは別にして、とっても鬼畜なイコライザーなのです。

ただ、私が買ったものに限ってか、「ジー」というノイズが目立ちます。

近くに設置していた同社のSteel Leatherと針金で筐体を結んだらノイズは皆無になりましたが。

ちょっと不便。

Electro Harmonix Knockout

Your heavyweight punch.

Electro Harmonix Knockout

ところで、NOCKOUTって・・・。

これの前身であろう「ATTACK EQUALIZER」というのも少し気になるかも。

Product Specification
Low:7 pole low pass filter(cut off freq. 85Hz)
High:6 pole high pass filter(cut off freq. 6.5kHz)