Electro Harmonix Steel Leather

Electro Harmonix Steel Leather Electro Harmonix Steel Leather

Private Comment
いつでもベーシストに優しいメーカー「エレクトロハーモニックス」が満を持して「初!ベース専用設計エキスパンダー!」と謳い贈りだすスチールレザーという製品。

まぁ、そもそもエキスパンダーと銘打って売られている製品が圧倒的に少ないことはさておいといて

その名の真意は、よく分からないのですが、このサイズで「ナノ」と謳ってしまうあたり、なんだかエレハモらしさがヒシヒシと伝わってくるのです。

陳腐な表現かも知れませんが、エキスパンダーは「コンプレッサーと真逆の効果を得るためのもの」で、閾値を上回る入力を減衰させるコンプレッサーに対し、閾値を下回る入力を減衰させる働きをします。
要するに、閾値より低い入力を更に低くすることで入力レベルの幅を広げるという役割なわけで、その入力レベルの幅が伸張される様こそエクスパンダーという呼び名の意味するものだったりするのです。

・・・で、このスチールレザーはエキスパンダーというよりも超過激なトレブルブースターといった感じで、エレハモのエンジニアが厳選した周波数帯のみにエフェクトが掛かるように設計されているそうです。

RESPONSEのノブで装置の感度、要するにエフェクターが作動する入力レベルを設定するのですが、最小パラメーターは発動困難な程度で、最大パラメーターでは発動させないことが困難という、親切なのか怠慢なのか「さすがエレハモ・・・」と、呆れるほど幅広い設定範囲が設けられていたりします。

EFFECT LEVELのノブは作動した際の効果量を設定するノブとなっていて、最小パラメーターはゼロではなく薄っすらと効果が掛かかる程度となっているのです。(聴感判断)
ちなみに、最大パラメーターだと素晴らしいほどエグい効果が発揮します。
(それはもう、アンサンブルが崩壊する前に鼓膜が崩壊してしまうほど。)

デカデカと「存在感を強調」なんて謳われている製品なのですが、その通り、かなり騒々しい音を出力するあたり、まるで補正程度を目的とした面構えで売られていますが、そこはエレハモ製品、売り手のウソだった。

基本的に「Aのみ」か「Bのみ」もしくは「AかBのみ」みたいなサウンドバリエーションとなるので、強弱で細かな表情を付ける方なんかには、まずオススメできません。

「存在感を強調」の文句に惹かれるのなら、エンハンサーを買った方が賢いかもね。

私は賢いから、こっち買った!

ゴリゴリ・ギャリギャリ、パワー押しな人には是非ともオススメです!

Electro Harmonix Steel Leather

Your pocket’s edge.
おい!コインがバラバラと落ちてしまうではないか!

Product Specification
see Electro Harmonix Website…