Fly Racing Trekker ヘルメットを買ってみた

Fly Racing Trekker バイクで走行するときに必要な「ヘルメット」というアイテム。

 私は、教習の時から「Bridge Union」とかいうブランドのジェットヘルメットを使用していて、教習修了後は偶然にもレーシンググリーンカラーがSR400の30周年アニバーサリーモデルの車体色と非常にマッチしていたのですね。

 しかし、せっかくWR250Xというバイクに乗り換えたのだから、気分も一新して「初めてのフルフェイス」にもトライしてみようかなとか思ったのです。今回は、そのヘルメットのインプレッション&レビューとなります。

 ということで、ヘッドラインの通りに新しくバイク用のヘルメットを買いました。アメリカは「FLY Racing」というメーカーの「Trekker」というヘルメットです。ちなみに、マイナーチェンジバージョンとなる2015年モデルとのこと。

Fly Racing Trekker いわゆる「オフロードヘルメット」になるのでしょうかね。カテゴリーでは比較的安価であり、ゴーグルと同時使用が可能なシールドが装備されている点など、独特の丸くないフォルムに惹かれてしまいました。

 いかにもバイクヘルメットといった感じ。

 画像の通りに賛否両論に分かれそうな色は「目立つ方が良いだろう」ということで「Hi-Vis Yellow」という蛍光黄色のような色を選びましたが、グロスタイプではあるものの国産のソレとは質感は異なり、妙に米な大味感を漂わす塗装が良い雰囲気となっているのです。

Fly Racing Trekker オフメットでは少し珍しいバイザーは取り外しが可能となっていて、取り外し後のアタッチメントも同梱されています。シールドも取り外しが可能で、ゴーグルスタイルでシールドを使用することも出来ます。

 バイザーの有無で印象は大きく変わりますね。

 ちなみに、付属のクリアシールドが気に入らなければ他カラーのシールドが別途で売られていますが、この2015年モデルには2015年モデル用のシールドでないと使えないらしいので、マイナーチェンジ前の2014年モデルの在庫が残っている内は要注意です。


▼細かく見てみる


Fly Racing TrekkerFly Racing Trekker

Fly Racing Trekker いわゆる「ワケアリ品」を買ったので、化粧箱は傷んでいますし本来の梱包かは知りませんが、しっかりとメーカーロゴ入りのヘルメットカバーに包まれていました。

 ところで、このヘルメットカバーって何か使うこと当てはありますか?

 ちなみに、Bridge Unionのジェットヘルメットは本体の質感こそ上々でしたが、梱包の方は段ボール詰めで帽体が紙素材の袋に包まれていただけでしたね。

Fly Racing Trekker Fly Racing Trekker

 チンガード部分には画像「これ」の上下で開閉可能なベンチレーションが設けられています。正面という配置からも効果は絶大なのですが、突き出たチンガード部分からも普通に風が巻き込むため、閉めっぱなしでも大差は無い感じ。

Fly Racing Trekker Fly Racing Trekker

Fly Racing Trekker と言うか、もうね、ベンチレーションだらけなヘルメットとなのです。その数は開閉可能が5つで常時開放が6つと、合わせて11のベンチレーション。

 ぱっと見た感じでは頭頂部のベンチレーションは雨に降られると雨漏りしそうな臭いがプンプン。

 帽体頭頂部のプラネジでバイザーの突き出しを2cm程度の範囲で調整が出来ます。

Fly Racing Trekker 標準で装着されているクリアシールドは「カコッカコッ」という感じで段階的に開閉し、勝手に下がってきてしまうことはないものの、やや操作感は悪い印象。

 というか、動きが非常に渋い上にクリック感も無いため少し気持ち悪い感じ。

 そんな感じなので、シールドが素材によるのか柔軟性があるために片手で端を持って上げようとすると少し不安になる捻れ方をするので無駄に気を使わせてくれるのです。

 可動部は全体的にチープな感じ。

 ちなみに、シールドは最大まで上げれば視界から消える位置まで上がりますが、上げれば上げるほど開閉動作が渋くなるので、先ほどのシールドの柔軟性による「開閉時の捻れ」もあり、あまり最大開度は実用的ではない感じ。バイザーを装着していると尚の事で、グローブを装着して着ぶくれた手ではバイザーが障るためにバイザーの有無に関わらず最大開度より一つ手前の上の画像までが実用的な開度かな。

 まぁ、これだけ開けば何をするにも差し障りもなく、シールドも特に気になる歪などは感じられないので、特に問題視することでもないとは思います。

Fly Racing Trekker このマイナーチェンジを実施した2015年モデルからシールドにはストッパーが付いているとのことで、旧モデルとのシールドの共有は不可能なのだそうな。

 ただ、このストッパー、何のために付け加えられたのか、イマイチ分からないのですよね。

 それは何故かというと、そこそこに開閉には力を使うシールドなのでストッパーは要らないのではと思ってしまうからなのです。

Fly_Trekker_11cFly Racing Trekker 内装も特に不足は無い感じです。

ワンタッチではなくツアークロスのようにベルトの端にボタンホックが付いているタイプなのですが、このボタンホックのメス側が非常に邪魔なデザインとなっているので、中々に装着が面倒だったり。

 バックル側のベルトがゴチャゴチャとクリアランスが少ないために、手探りではベルト通し難く、グローブを着用した状態での脱着は不可能ではないでしょうか。


▼結局の感想


 結論から言うと、中々に良いです。

 全体的に価格相応のチープさというか「大味な臭い」がプンプンするものの、これが何故か嫌な気持ちにはさせない何とも魅力的なヘルメットなのです。これは、でっかいハンバーガーのような感じの雰囲気ですね。

 海外ヘルメットということでサイズの選択には悩みましたが、定番文句の「海外ヘルメットはワンサイズアップで」に倣いLサイズを選び、見事に快適フィットといったところ。Bridge Unionのジェットヘルメットも海外ヘルメットなのですが、こちらはMサイズを選び、かなりピッチリとした装着感だったので定番文句にも納得し、もう少し余裕があってもいいかなと思ってのLサイズなのです。

 また、後頭部側が独特なデザインの帽体は全体的に少し大きめな印象となっているため、何を気にしてか頑なにヘルメットを小振りにしたがるような方には向きませんが、詰まるところ「他人はテメェを見てはいない」です。だからこそ、私は視認性という安全性も兼ねて「Hi-Vis Yellow」という蛍光色系黄色のカラータイプを選びました。これがまた、ツーリングなんかでは役に立ち過ぎるくらい目立つ色と、とりあえず人様の役にも立っているようですし、よかったよかった。

 ちなみに、そこまで遮音性は高くないため装着時の会話は特に問題も無いものの、風切音も目立ちますね。Bridge Unionのジェットヘルメットが殺人的な遮音性なので、このTrekkerを装着して初めてWR250Xに乗った時には「こんなにエンジン音が煩いのか」とか思いましたし。

 何はともあれ、シールド付きと似たような仕様だと有名ドコロはツアークロスなどといった超高級品になってしまいますし、比較的安価で手に入れられる点は非常に素敵なのです。

 意外と、この黄色、色んな服装に馴染むしね。


▼あわせて他記事どうぞ▼
小目録「Motorbike & Accessories Logs」へ戻る
大目録「Motorbike」へ戻る