Garam Nusantara Menthol 12 を吸ってみた

[✓] Include the following : Smoking impression

 概要:紙巻「ガラム・ヌサンタラ・メンソール・12」の喫煙感想

Garam Nusantara Menthol 12

 ガラムのヌサンタラはメンソールバリエーション。紙巻「ガラム・ヌサンタラ・メンソール・12」を吸ってみた。


 Tar18mgでガラムのタールバリエーションで、ヌサンタラシリーズのメンソールバリエーションです。こちらはノンメンソールのヌサンタラとは違い製品名で入り本数は示されていませんが、同じように12本詰めの変則的パッケージとなっています。

 ちなみに、ガラムはインドネシアの地煙草である丁子煙草の有名ブランドで、この煙草も漏れ無く丁子煙草となっているのです。丁子(クローブ)の精油をブレンドした、独特の香りと味わいが特徴的な煙草ですね。


Garam Nusantara Menthol 12

 基本的なパッケージデザインはヌサンタラ・マイルドの色違いとなっていて、一目でメンソールシガレットだということが分かるものとなっていますね。この煙草にも「MENTHOL MILD」とマイルドなる表記が設けられていますが、ここ日本における製品名はガラム・ヌサンタラ・メンソール・12とメンソール版では「マイルド」が省略されていたりします。


Garam Nusantara Menthol 12

 やや小振りで薄く、ラウンドコーナーのボックスパッケージは中々に手に馴染みやすいデザインなのです。製品名に「12」という数字が含まれるためにTar12mgの製品と思われるかも知れませんが、先の通りに製品名の「12」は入り本数を示していますので、この煙草はパッケージサイドに小さく表示されるようにTar18mgとなっています。

 まぁ、正直なところ、この手のクレテックシガレットを好んで喫する方にとっては、入り本数もタール数値も取り分け重要な事項ということではないでしょう。

Garam Nusantara Menthol 12

 このヌサンタラシリーズには、パッケージ底面に「EXPORT QUALITY」という表現が設けられています。グダン・ガラムのウェブサイトでも、このヌサンタラらしき製品はラインナップされていない様子なので、もしかすると言葉の通りにヌサンタラは海外向け輸出専用銘柄なのかも知れませんね。

 というか、そのウェブサイトにおけるガラムのイメージが、おおよその日本のイメージとかけ離れているような気がしなくもありません。ウェブサイトのキャラクターだと、かなり現代的なブランドというイメージですね。

Garam Nusantara Menthol 12

 一つ上のタールバリエーションであるガラム・メンソールと比較すると、より入り本数が少ないためにヌサンタラの小振りさが分かります。パッケージの厚みは同等程度ながら横幅がシガレット2本分ほど少なく、さらにはラウンドコーナーと相まって非常にコンパクトな印象です。特殊形状のパッケージもクレテックの醍醐味ですよね。


Garam Nusantara Menthol 12

 内装もノンメンソールのヌサンタラ・マイルドと基本的には変わりがありません。中包装紙とシガレットのフィルターチップに配された大きめのサークルロゴが素敵な印象ですね。メンソールシガレットということで、チップの「NUSANTARA」という文字がメンソールらしいカラーに変更されている点も良い感じです。巻紙は少し珍しい縦縞タイプとなっていて、それに倣うかのごとくチップにも淡く同方向にラインがデザインされている点もヌサンタラならでは。

 仕様としてもヌサンタラ・マイルドと同じくとなっているようで、小さめの空気穴が間隔を広めに2列で配されるプレーンフィルターとなっています。クレテックシガレットならではの巻紙に浮く丁子成分のシミも、ややヌサンタラシリーズは少ないように思えますね。

Garam Nusantara Menthol 12

 また、このヌサンタラ・メンソールもガラム・メンソールと同じように、フィルターの中心部分に何やら小さな窪みがありました。ガラムはガラムでも、この仕様はメンソール製品にしか見受けられないので、もしかするとメンソールスレッドなどを使用していたりするのでしょうか。特に明記も無く、中々に謎なのです。


[✓] 喫煙の感想・味・香り

 この煙草は、やはりヌサンタラらしく程好く丁子煙草の個性を楽しめるメンソールシガレットとなっているのです。

 まず、パッケージの開封と同時に漂う香りは、比較的メンソールシガレットらしい青臭さを帯びた香りとなっています。ガラムらしい丁子煙草の甘い香りも感じられるのですが、ややメンソールが目立つ香りは少しイレギュラーに思えるかも知れませんね。

 シガレットの香りもマイルド志向の強いヌサンタラらしく、スーリヤ系のガラムと比べると分かりやすく丁子煙草らしい香りは抑えられています。それでも独特な甘い香りは強いのですが、やはりスパイス感やフルーツソースのような華々しい香りは弱めとなっていますね。丁子煙草らしい香りが強いガラム・メンソールでは感じられなかった、何ともメンソールシガレットらしい青臭さが相対的に目立っている気もするのです。

 喫味の方も、ヌサンタラらしくガラムらしい個性をマイルドにした親しみやすい味わいとなっています。

 Tar33mgのガラム・メンソールではメンソールも喫味を軽快にする程度の効果であり、あまりメンソールの存在感は味わいに現れてはいませんでした。しかしながら、このヌサンタラ・メンソールでは味わいにもメンソールシガレットらしいキャラクターが確かに現れていますね。喫味を軽快にしているのは勿論のこと、多くのメンソールシガレットと比べれば程度も穏やかながら味わいにも青臭さや清涼感を与えているのです。

 ノンメンソールのヌサンタラも一般的なシガレットらしさを感じる喫しやすいガラムでしたが、このメンソールバージョンは更に喫しやすい仕上がりであると言って良いでしょう。むしろ、メンソールにより軽快さの増した味わいは煙草らしい苦味も無く、本当に喫しやすいものです。

 同じメンソールバリエーションで比較するなら、ガラム・メンソールとは異なりフィルターチップの甘味も効いているため、より甘さと清涼感を軽快なボディ感で楽しめる煙草となっています。私的には、メンソールでガラムを選ぶのであれば、ガラム・メンソールよりもヌサンタラ・メンソールの方が甘味が分かりやすく良い感じですね。適度にヒンヤリする清涼感もマッチしていますし、メンソールシガレットである意義を感じやすいものとなっているからなのです。

 ただ、やはりマイルドなヌサンタラらしくラフに喫しがちなのか、ガラムにしては燃焼速度が速い印象であることも相変わらずです。それでも、多くの銘柄と比べれば断然と長い時間を楽しめるのですけれどね。この点も含めて、より普遍的なキャラクターと思えるガラムとなっているあたりは、多くには無い個性が特徴的なブランドなだけに賛否も両論なのかな。

 総じて、ノンメンソールのヌサンタラよりも更に軽快であり、清涼感も中々に効いているガラムとなっています。Tar33mgのガラム・メンソールはメンソールシガレットなれど清涼感は殆ど感じられない仕上がりとなっているため、ガラムの個性的な味わいにメンソールの清涼感を付け加えて楽しみたい方は、こちらのヌサンタラ・メンソールが良い煙草となるでしょう。

 ノンメンソールのヌサンタラと同じく、スーリヤ系のようなスパイス感やフルーツミックス味のガムを思わせる華々しい甘さの味わいは薄らいでいますが、それでも独特の甘さは際立っています。全体的にノンメンソールのヌサンタラよりもマイルド系としてはバランスの良い仕上がりに思えますし、ガラムらしさもソレよりは強めです。メンソールの清涼感を頭ごなしに嫌うのでなけれは、ガラムらしさを軽快に楽しめるという点においては抜きん出ていると思われるので、個性を重んじつつ取っ付きの良い煙草と言えるでしょう。

 メンソールが嫌いでなければ、私はヌサンタラ・メンソールを初めての丁子煙草として最も勧めたいと思うのでした。

Nutrition Facts
Serving Size: 1 Cigarette
Tar18mg Nicotine1.2mg
Strictly No Taking. Don't smoke until you are 20 years old.lol


▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「Other Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る