Garam Signature Menthol を吸ってみた

[✓] Include the following : Smoking impression

 概要:紙巻「ガラム・シグネチャー・メンソール」の喫煙感想

Garam Signature Menthol

 ガラムのシグネチャーシリーズはメンソールバリエーション。紙巻「ガラム・シグネチャー・メンソール」を吸ってみた。


 ガラムでは最も低いタール数値であるシグネチャーシリーズのメンソールバリエーションです。最低とは言えTar15mgと、決して優しい印象は与えない仕様ではありますが、それでもフラッグシップのスーリヤはTar42mgです。それを鑑みれば、不思議と非常にフレンドリーな数値にすら見えてきますから。

 ちなみに、丁子煙草の類いは独特な甘さが際立つ喫味により、実際のタール数値からイメージするよりは喫しやすかったりすることも多いかと思います。その上で、この煙草はメンソール仕様となっていますから、ガラムのラインナップでは最も喫しやすい煙草であると察するわけですね。


Garam Signature Menthol

 まちまちな入り本数による特殊なパッケージ形状が印象に強いガラムですが、このシグネチャーシリーズは多くの銘柄と同じように20本詰めということで、一般的なキングサイズ銘柄のラウンドボックスと同等のパッケージとなっているのです。クレテックシガレットでは、むしろ20本詰めというのは珍しい印象を覚えますよね。


Garam Signature Menthol

 パッケージデザインはノンメンソール版のシグネチャー・マイルドの色違いとなっていて、単色ではあるものの玉虫色のような緑色が印象的なパッケージなのです。比べてパッケージは大きいものの、一つ上のタールバリエーションであるヌサンタラシリーズよりもロゴマークが小さかったりと、やや余白感のあるデザインがシグネチャーシリーズの特徴ですね。

 ちなみに、パッケージには「MENTHOL MILD」とマイルドなる表現が記されていますが、日本での正式な製品名はガラム・シグネチャー・メンソールと「マイルド」は省略されているようです。

Garam Signature Menthol

 こちらもタール数値はパッケージサイドの表示部分に小さな字で記されるのみとなっています。ガラムのスーリヤなどからクレテックシガレットに入門すれば、このシグネチャーシリーズのTar15mgという数字は非常に低いと思えるでしょう。それでも、多くの銘柄と比べれば中々の高タールなので、あまり親切なラインナップとは言えないでしょう。

Garam Signature Menthol

 こちらもヌサンタラシリーズなどと同じように、パッケージ底面には「EXPORT QUALITY」と輸出向けであるかのような表示が記されていました。ガラムの本場はインドネシアだと、シグネチャーシリーズは存在するものの日本のソレとは趣も異なるようなので、やはり字の如く輸出専用の特別なシグネチャーなのかも。

Garam Signature Menthol

 ノンメンソール版のシグネチャー・マイルドはガラムにしては珍しい印象の銀色基調な内装でしたが、このメンソール版では他のガラム銘柄と同じように金色で内装がデザインされているのです。てっきりシグネチャーシリーズは軽快さをアピールするために銀色を採用しているのかと思いましたが、どうやら特に意味は無いデザインであるようです。

Garam Signature Menthol

 シガレットデザインは「Signature」の文字がメンソールシガレットらしく緑色に変更されるのみで、基本的にはノンメンソール版と変わりもありません。それでも落ち着いた印象のノンメンソール版とは異なり、メンソール版は内装などの印象により雰囲気は垢抜けているように思えますね。巻紙のシミが殆ど無い点も、シグネチャーシリーズならでは。


Garam Signature Menthol

 そうそう、やはりありました。ガラムのメンソール製品はフィルターの中心部分に妙な窪みがあるのですが、このシグネチャー・メンソールも例に漏れずなのです。フィルターの製造の段階で発生する窪みならノンメンソール版には見受けられないという点に疑問が残りますし、やはりガラムのメンソール製品はメンソールシガレットでも使用しているのでしょうかね。


[✓] 喫煙の感想・味・香り

 この煙草は、最も軽快なガラムといったところで、癖のある丁子煙草ながら非常に親しみやすい仕上がりとなっているのです。

 シガレットの香りはというと、やはりシグネチャーシリーズらしく、かなりガラムらしい香りは控え目となっていますね。この煙草はメンソール仕様でもありますが、そのメンソールの香りは殆ど感じられないという点は、他のガラムのメンソールバリエーションと相変わらずなのです。

 喫味の方は、やはり想像の通りといったところです。他のガラムのメンソールバリエーションと同じように、メンソールにより同じシリーズのノンメンソール版よりも軽快さが増しているという感じですね。基本的にガラムのメンソールは清涼感や存在感が薄く、味わいに作用しているというよりはボディの重さに作用していると言える点も共通です。メンソールにより軽快さを増している仕上がりは、メンソールバリエーションと言うよりもタールバリエーションと言ったような扱いが正しいような気がするでしょう。

 しかしながら、Tar42mgでフラッグシップのスーリヤと比べてTar27mgも差があるマイルド志向ゆえか、このシグネチャーではメンソールも中々に味わいとして含まれているようには感じますね。今時の多くのメンソールシガレットと比べれば無きにも等しいくらいに儚いメンソールの量感ですが、ガラムとしてはメンソールの清涼感や青臭い味わいも強めとなっているのです。それも丁子煙草の独特な香りやフィルターチップの甘味によりマスキングされている印象ではありますが、そもそもシグネチャーシリーズはフィルターチップの甘味は強いながら丁子煙草の香りは非常に控え目なので、相対的にメンソールのキャラクターが目立っているようなバランスと言えるでしょう。

 また、ヌサンタラシリーズから現れ始めた空気穴より流入する空気の存在感は、この煙草では更に大きいものとなっています。先程の薄くもスースーするメンソールの清涼感と相まって、ノンメンソールのシグネチャーよりも空気感は目立つ印象ですかね。メンソールとのダブルパンチで、ガラムのラインナップでは最も軽快なボディの吸いやすさを有しているのです。

 総じて、ボディは丁子煙草らしい香りを呈し、甘味はフィルターチップにより呈されるという分離の良いバランスであることは、対でノンメンソールのシグネチャーと同じくです。そこにメンソールが加わり、より軽快で喫しやすい仕上がりとなっているため、最も軽快な吸い心地というライト感覚でガラムを楽しみたいのであれば、この煙草はベストなガラムと言えるでしょう。

 ただし、丁子煙草ならではのガラムらしい個性も相応にマイルド化されていますので、ここ一発でガラムを楽しみたいのであれば、この煙草では確実に不足を覚えるはずです。何より、このシグネチャーシリーズは甘味がフィルターチップにより味覚として呈されるばかりで、肝心なボディの方は甘さが欠かれています。この役割分担されているバランス感こそがシグネチャーシリーズの最大の特徴なのですが、取って付けた感が強い甘味は「甘ければ良い」という向きでないと違和感を覚えてしまうでしょう。

 常日頃からガラムを楽しみたいという方には、正に打って付けなガラムなのでした。

 このシグネチャーも他のガラムと同じく、あまりメンソールという点には「メンソールだから」と思わず、よりライトなタールバリエーションとして扱うことが良いことなのです。

 ちなみに、ガラムでは最軽量クラスとなるTar15mgですが、私的にはケントのTar9mgの方が遥かにキツいと思いますので、日頃からライト煙草を主喫している方なら特に障ることもなく楽しめると思いますよ。丁子煙草はタール数値のわりには喫しやすい点も特徴ですから、特にシグネチャーシリーズは広くに楽しんでもらいたいと思える煙草なのでした。

Nutrition Facts
Serving Size: 1 Cigarette
Tar15mg Nicotine0.8mg
Strictly No Taking. Don't smoke until you are 20 years old.lol


▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「Other Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る