Gianes Blondes を吸ってみた

Gianes Blondes

Include the following / 抽烟印象・喫煙の感想 / Smoking impressions / Табачные впечатлени

 フランスの黒煙草というイメージが強い「ジタン」にラインナップされているアメリカンブレンドなシガレット。

  「ジタン・ブロンド」を吸ってみた。

 ジタンと言えば、ゴロワーズと共に「フランスの黒煙草」というイメージが強いかと思われますが、このジタン・ブロンドはアメリカンブレンドを採用したジタンとなります。色々な種の煙草葉や香料を使用して味わいを織り成す、今現在で最もポピュラーなタイプのブレンドですね。

 ゴロワーズでは「レジュール」という黒煙草のライトバリエーションがラインナップされていて、それとは別にアメリカンブレンドのラインナップを展開しています。しかし、ジタンではライトバリエーションとアメリカンブレンドタイプを兼任という感じでジタン・ブロンドがラインナップされている感じなのです。

 ちなみに、銘柄ともなっている「Gitanes」というのはフランス語で「女性ジプシー」という意味なのだそうですが、本来なら「Gitanes」は「ジターヌ」と表す方が正しいようです。男性ジプシーの意である「Gitan」なら「ジタン」でも問題は無いようです。

Gianes BlondesGianes Blondes

 変則的なパッケージが印象的なジタン・カポラルとは打って変わり、ジタン・ブロンドは一般的なシガレットボックスと同じくヒンジリッドボックスとなっているのです。また、パッケージカラーもジタンブルーが印象的であったカポラルとは異なり、ブロンドという名に相応しくホワイトカラーを基調とした金色を差し色で配するパッケージデザインとなっています。何だか素敵な趣を感じさせてくれるパッケージですね。

 そして、パッケージ底面からも分かる通り、このジタン・ブロンドではチャコールフィルターが使用されているようです。要所に配された「LIGHTS」という表記からジタンのライトバリエーションである様も窺えますが、先の通りに単なるライトバリエーションではなく「アメリカンブレンドバージョン」であることも念頭に置いて下さいな。

Gianes Blondes 正面と同じようにも見えるパッケージの背面では、フランス語で「フランスでは1910年以来、ジタンは最も美味い煙草として選ばれています」みたいな感じの文句が記されています。わりと英語表示も目立つジタン・ブロンドですが、ここでフランス語を突っ込んでくるあたり、やはりフランス人といったところでしょうか。

Gianes Blondes Gianes Blondes

 ブロンドと関している手前、中包装紙も金色のものが使用されていました。シガレットデザインもクラシカルで渋い印象となっていますね。仕様としては極小の空気穴が2列で配されたチャコールフィルター仕様という感じなのですが、心なしか空気穴の量がTar10mgのカポラルよりも少ないように思えるので少し不思議なのです。

喫煙の感想・味・香り

 この煙草は、おおよそ黒煙草というフランスらしいブランドを象徴する個性は無いながら、非常に古典的と思えるアメリカンブレンドらしさに溢れる煙草となっているのです。

 まずはシガレットの香りですが、やはりブロンドは黒煙草ではないということが分かる、極一般的なアメリカンブレンドといった印象の香りとなっていますね。その香りも特段に主張が強いというわけではなく、控え目に甘い香りがする程度となっているのです。

 また、喫味の方も至って一般的なアメリカンブレンドといったところでしょうか。ややアクの強いような感じですが黒煙草の有名銘柄らしい印象は全く無く、香料感に溢れる甘い風味が楽しめる味わいとなっています。これは多くの銘柄で慣れ親しんだのだろう非常に取っ付きの良い味わいで、ヤニっぽさと甘味が際立つ煙草となっています。少しだけ「ねちっこい」ような後に引く甘さなのですが、どうしてライトな仕上がりにより嫌に残る印象はありません。この点はフランス煙草らしいというか、意外にも後味が淡白な黒煙草とも通じるところでしょうか。

 というか、数口ほど喫してみて分かったのですが、この味わいは昔のボックス版ウィンストンを思い起こす味わいですね。今のXSと冠するウィンストンではなく、赤とか青とかのモノトーンカラーで展開していた頃のウィンストンです。甘味や煙の質感に少しの野暮ったさといい、本当に似通っていると思います。

 もちろん、紫煙の香りも黒煙草ではないために一般的なアメリカンブレンドシガレットと同じような甘い香りとなっていますよ。

 総じて、ヨーロッパもヨーロッパでフランスの銘柄ではありますが、味わいから思い起こすは確実にアメリカ大陸な煙草となっています。ジタンということで黒煙草を楽しもうとブレンドを喫すれば、それは間違いなく残念な結果となってしまうのですが、これはこれで中々にアリな味わいなのです。こうも古くさい印象を覚えさせてくれるアメリカンブレンドな煙草も、今や滅多に出会えない稀有なものですから。

 黒煙草はハードリカーと合わせたい味わいの煙草ではありましたが、こちらはアフタヌーンのコーヒーブレイクの供にしたい煙草なのです。ブラックでもミルク入りでも濃いめのエスプレッソでも、わりと何にでも合うかと思います。そんなこんなで、何ともデイタイムなキャラクターの煙草なのでした。

Nutrition Facts
Serving Size: 1 Cigarette
Tar6mg Nicotine0.6mg
Strictly No Taking. Don’t smoke until you are 20 years old.lol


▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「OTHER Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る