glo Kent Neo Sticks Dark Fresh を吸ってみた

[✓] Include the following : Smoking impression

 概要:グロー「ケント・ネオスティック・ダーク・フレッシュ」の喫煙感想



 珍しげに「ダーク」と冠してグロー専用ネオスティックに追加された銘柄。グロー「ケント・ネオスティック・ダーク・フレッシュ」を吸ってみた。


 ネオスティックの中でも「ダーク」という少しイメージの沸きにくい銘柄となっていますが、どうやら「完熟グレープ」のフレーバーを採用したメンソール製品とのことです。シャグやシガー製品などではグレープのフレーバーというのも珍しいものではなかったりしますが、こと紙巻の延長線上に位置する加熱式電子タバコでは、やや珍しい印象のフレーバーでもありますね。

 ちなみに、JTのメビウスにラインナップされているオプション・パープルの功労により「ベリー系メンソール」というのは、紙巻でも非常にスタンダードなフレーバーとなったように思えます。その「ベリー」ではなく、あえて「グレープ」と謳う点には少しのワクワク感を覚えさせてくれるのではないでしょうか。

 また、ややこしいところではありますが、似たようなパッケージカラーのスパーク・フレッシュは「プラム系メンソール」となっていて、甘酸っぱさという謳い文句を引っ提げています。それに対してダーク・フレッシュは「グレープ系メンソール」であり、謳い文句も「贅沢に香るメンソール」や「芳醇」という文句となっています。

 見てくれは似ているけれど、情報からはベクトルが真逆の製品であるということが窺えますね。




 ネオスティックのパッケージの特徴でもあるセロラップ外装での製品特性アピールでは、何となくイメージさせるように「贅沢に香るメンソール」と記されていますね。まぁ、伝わるようで伝わらないようでといった感じですけれど。

 また、パッケージ背面では「タバコ本来の味わいと芳醇に香る、深みのある爽快感」とアピールされています。




 あまりネオスティックでは重要視されていないような気もする銘柄ですが、この煙草は「ダーク・フレッシュ」なのです。

 中包装紙はネオスティック共通となっていて、グローのイメージカラーでもあるオレンジ色となっていますね。目立ちはしないものの「Advanced Heat Technology」とテキストがデザインされています。




 ジェットフィルターを採用しているシガレットデザインは、カラーリングこそ専用となっていますがネオスティック共通のものとなっています。かなり一般的なシガレットに近いデザインであり、空気穴の加工がされている点も特徴と言えますね。


[✓] 喫煙の感想・味・香り

 この煙草は、大人しく納まっているといった印象を覚える煙草となっているのです。

 まず、シガレットの香りですが、これは確かにグレープを思わせる香りですね。それも、メーカーの謳う完熟グレープというよりは「のど飴(グレープ味)」という感じの香りですね。メンソールの香りの方が強い印象なのです。

 もしくは、ラベンダーの香りの入浴剤です。と言うより、むしろソレなのです。子どもの頃に、あの不思議な紫色の粉に鼻を近づけた記憶が蘇りました。

 そして、喫味の方は、あまり贅沢というほどのフレーバー感は感じることもない味わいとなっていますね。どことなくグレープの香りが感じられなくもないのですが、おおよそ加熱式電子タバコ独特の味・香りとメンソールが大部分を占める味わいなのです。

 やはり加熱式電子タバコ特有の味・香りにフレーバーは負けていると言ったところです。スパーク・フレッシュのように加熱式電子タバコ特有の味・香りを生かすわけでもなければ、シトラス・フレッシュのように完全なミスマッチでフレーバーを主張するわけでもなく、ただ単にフレーバー感が弱いという印象なのです。

 取り分け「贅沢に香る」という文句が充てられている銘柄ということもあり、この点には大きなギャップを覚えてしまうかも知れません。しっかりとフレーバーは感じられるのですが、おおよそ求めていたものよりも量感は少ないと感じるのではないでしょうか。

 何と言うのか、このメーカーの近年では紙巻でも似たような傾向にありましたが、意外とフレーバーに対して思い切りが足らないという向きが反映されている気がしますね。良く言えば「程よいフレーバー感」ですが、人によっては「中途半端なフレーバー感」ともなりかねなさそうなところなのです。

 特に、ここ最近の各社のフレーバー系はフレーバーの個性を際立たせたものが多かったように思えますから、尚のことなのです。

 総じて、あまりフレーバーは強すぎず、あくまでメンソール製品らしく楽しみたいという方に向いているように思えます。シガレットの香りではグレープ感も高めなのですが、いざ喫してみると、やはり加熱式電子タバコ特有の味・香りが強いといった印象なのです。

 また、ネオスティックらしくメンソールは清涼感と苦味が強烈なので、その点もフレーバー感をマスキングを助長しています。

 意外と、火も熱も使わずに「そのまま」で吸ってみると、最もグレープ感が強いような気がする煙草なのでした。

Nutrition Facts
Serving Size: 1 Cigarette
Tar---mg Nicotine---mg
Strictly No Taking. Don't smoke until you are 20 years old.lol


▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「BAT Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る