glo Kent Neo Sticks Fresh Mix を吸ってみた

[✓] Include the following : Smoking impression

 概要:グロー「ケント・ネオスティック・フレッシュ・ミックス」の喫煙感想



 BAT社の電子タバコで楽しむ専用銘柄の一つ。グロー「ケント・ネオスティック・フレッシュ・ミックス」を吸ってみた。


 まるでキャンディーやガムといった清涼菓子の商品名のような銘柄ですが、BAT社製の「glo:グロー」という電子タバコで楽しむ専用銘柄なのです。この銘柄にも冠されているように、ケントなどのブランドを擁する世界第二位の煙草企業ですね。(アイコスはマールボロなどを擁するフィリップモリス社製です。)

 ちなみに、このフレッシュ・ミックスは「さわやかメンソール」と謳い、特徴は「数種類のミントを上質ブレンドし、煙草感と爽快感のベストバランス」というものとなっているそうです。強烈メンソールに特化したインテンスリー・フレッシュと比べ、バランス感を意識したような謳い文句となっているのです。

 ※グロー本体に関する内容は「glo グローを買ってみた」に記しています。良ければ参考にしてみて下さい。



 これは少し古いので「加熱式たばこ glo専用」とアピールされているだけですが、現行品のセロラップ外装では「さわやかメンソール」というアピールが追加されています。

 グロー専用のネオスティックはパッケージデザインや銘柄では少し詳細が分かりにくい反面で、その不親切をセロラップによる告知でフォローしているような感じですね。



 パッケージ反面は一見するとネオスティックで共通のように思えますが、文面には「タバコ本来のさわやかな味わいをもたらすバランスのとれた清涼感」と、さりげなく製品特性を伝えているのです。先の通り、強メンソールと謳うインテンスリー・フレッシュと比べると、どことなくバランス重視のメンソールフレーバーに仕上げられているのかなと察するところですね。



 銘柄となっている「フレッシュ・ミックス」という表示は、パッケージの天面に小さなフォントで記されるに留められているのです。メーカーとしてはカラーリングで判別してくれれば良いということなのでしょうけれど、それならば明らかに色違いと分かりやすいカラーリングにしてもらいたかったなと思うところではありますね。

 特に、アイコスのヒートスティックと比べてグローのネオスティックは銘柄も判別に少し煩わしいところなのです。

 これ、たぶん、おおよその方が「あれ、私が気に入っていたのは何て名前だったっけ?」と店頭で困っちゃうことでしょう。



 何となく、アイコスのヒートスティックのパッケージとサイズ感を比べてみました。

 ヒートスティックは中々に独特な印象を覚えるパッケージなのですが、ネオスティックは同社のナノテックシリーズとパッケージサイズが同等なので、あまり違和感は覚えないでしょう。




 グローのサブイメージカラーとなっているオレンジ色の中包装紙は、他のネオスティックと共通となっていますね。

 シガレットサイズは、それこそ紙巻のナノテックシリーズと同等です。キングサイズのスーパースリムシガレットという感じなのです。



 ヒートスティックと比べると、空気穴や同社自慢のジェットフィルターのような口元の中空構造がネオスティックの特徴となっていますね。全体的に小振りでビッチリとした印象のヒートスティックと比べると、ネオスティックは中空体積がシガレットの半分を占めるということも特徴で、手に持つ数が増えれば明らかにヒートスティックよりも軽量なのです。

 ヒートスティックのパッケージは、何気に一般的な紙巻煙草よりも重たい印象ですからね。旅行などカートンで持ち運ぶともなれば、何気に軽量という点ではネオスティックに大きく軍配が上がることでしょう。


[✓] 喫煙の感想・味・香り

 この煙草は、強めのメンソール感に甘い香りが良いバランスで付与された、なるほどバランス重視なメンソールフレーバーとして完成されているのです。

 開口一番のシガレットの香りは、まるでチョコミントアイスですね。とっても良い香りで、これを嫌うという方も少ないのではないでしょうか。青臭さにメンソールらしさが全開であったインテンスリー・フレッシュと比べると、尚のこと甘い香りが際立つ印象の香りなのです。

 喫味の方は、何と言うのか、ブライト・タバコとインテンスリー・フレッシュのキャラクターを折半したような感じとなっていますね。やはり強めのメンソール感となってはいますが、インテンスリー・フレッシュのように激烈とまではならず、ひんやりとする清涼感が主となり苦味や青臭さは非常に抑えられています。

 そして、こんがりとしたブライト・タバコのような甘い香ばしさも清涼感の奥に感じられるのです。

 要素としては、それぞれがチョコミントアイスクリームの「アイスの冷たさ」と「ミントの爽やかな甘さ」と「コーンの香ばしさ」を体現しているような感じですね。決して甘ったるい印象は覚えませんが、中々にイメージは近いものがあるのです。

 このバランス感は何とも絶妙な印象で、とてもバランスの良い味わいと思わせてくれるでしょう。まるでブライト・タバコとインテンスリー・フレッシュのキャラクターが相互補完し合うようなキャラクターで、抜群の取っつきの良さを覚えさせてくれるはずです。

 総じて、グローのネオスティックの中ではと限らず、電子タバコの中でも群を抜いて取っつきの良さを覚えさせる煙草となっています。電子タバコにおいては紙巻におけるアホ臭いアンチメンソール志向も通用しない印象ですし、電子タバコに興味のある方の最初の銘柄としても非常に適していると思えますよね。

 何より、紙巻とは異なる電子タバコの独特の癖のある香ばしさを確かに含みながら、ほどよくメンソールがマイルドにして全体像の要素の一つとして落としこんでいます。癖が浮き立っているのではなく、巧いこと利用されているような感じですね。

 また、この煙草はアイコスのヒートスティック・ミントと競合するような煙草と思わせながら、その実は取っつきの良さをに雲泥の差が存在するような感じです。あちらはPMらしく人を選ぶ癖のある味わいでしたが、こちらは非常に万人向けといった仕上がりなのです。

 メンソール感も意外と強いですし、これではインテンスリー・フレッシュの扱いが微妙なものになってしまいそうですね。あれはあれで生々しいメンソールフレーバーが楽しめるので面白いと言えば面白いのですが、このフレッシュ・ミックスの方が煙草におけるステレオタイプ的なメンソールシガレットのように思えますし。

 何はともあれ、競合はヒートスティック・ミントとなる銘柄なのでしょうけれど、それよりも取っ付きの良い香りが付与されている仕上がりです。強メンソール仕様ではヒートスティックに軍配が上がりそうな印象でしたが、バランス重視のメンソール仕様ではネオスティックに軍配が上がりそうですね。

 私の場合は、ヒートスティック・ミントよりも好きなのです。

 ただ、一つだけ。開口一番の最初のシガレットで感じた甘い風味は、どうやら飛散しやすい印象です。このチョコミントアイス感が中々に気に入った手前では、その点のみ少し残念なところなのです。

 それでも、その甘い風味が失せても青臭さが突出するでもなく強めの清涼感を楽しめるので、良いところですけれどね。

Nutrition Facts
Serving Size: 1 Cigarette
Tar---mg Nicotine---mg
Strictly No Taking. Don't smoke until you are 20 years old.lol


▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「E-Cigarette Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る