glo Kent Neo Sticks Intensely Fresh を吸ってみた

[✓] Include the following : Smoking impression

 概要:グロー「ケント・ネオスティック・インテンスリー・フレッシュ」の喫煙感想



 電子タバコでは人気傾向の強メンソール仕上げなネオスティック。グロー「ケント・ネオスティック・インテンスリー・フレッシュ」を吸ってみた。


 アイコスに続き全国デビューした電子タバコは「グロー」の専用銘柄ですね。こちらは電子タバコにおいて人気の高い傾向にある「強メンソール」を謳い文句としているのです。

 ちなみに、あまり馴染みの無い銘柄名に冠されている「Intensely」というのは「激しい」という意味なのだそうです。詰まるところ、この「インテンスリー・フレッシュ」というのは日本語にすると「めっちゃフレッシュ!」という感じなのです。

 何はともあれ、電子タバコのラインナップでは「強メンソール仕様」が人気の要であることは、先に発売している他社競合のアイコスなどでも証明されているように思えます。

 また、このインテンスリー・フレッシュのフレーバーはメンソールのみです。そのような点も鑑みれば、ある意味グローのスタンダードはブライト・タバコではなく、このインテンスリー・フレッシュなのかもと感じさせるところなのです。

 ※グロー本体に関する内容は「glo グローを買ってみた」に記しています。良ければ参考にしてみて下さい。



 ビニール外装ではグロー専用であることがアピールされてました。ぱっと見はナノテックシリーズの一派かと思われそうなデザインですからね。

 ちなみに、現行品では各ネオスティックの判別がつきやすいように、セロラップ外装に「強メンソール」などのキャラクターがプリントされています。それを参考に選んでみると良いでしょう。



 肝心のインテンスリー・フレッシュたる表示は、フリップトップ部分に小さく「intensely fresh」とレイアウトされる程度となています。

 ネオスティックは、ややパッケージデザインや銘柄名が不親切な感じですよね。その代わりに、先の通りセロラップで対応しているという具合なのでしょう。



 Rediscover Tobaccoとは直訳だと「煙草の再発見」ですが、おおよそ「新たなる煙草」とでも言いましょうか。パッケージ背面は説明のために費やされているような感じなのです。

 ちなみに、このインテンスリー・フレッシュでは「タバコ本来の味わいと究極の爽快メンソール体験をもたらすバランスのとれたフレッシュな刺激。」と製品特性がアピールされていますね。



 中包装紙はネオスティックで共有されていると思われる、発色の良いオレンジ色の銀紙ですね。インナーカットは銘柄ごとにカラーリングに変化を持たせているのか、グリーンとなっているのです。

 また、このグロー用のネオスティックはアイコス用のヒートスティックと異なり、おおよそシガレットの外観が紙巻と似ています。それゆえか、このインナーカットも含め、いたるところで「火をつけるな」という旨が表記されていますね。




 シガレットはグロー専用となってもケントであるためか、ジェットフィルターが採用されています。構造としては、他のネオスティックと同様であるようですね。

 ざっくりと言葉にすると、シガレットの半分が葉っぱの詰められた巻きとなっていて、もう半分は長さ5mm程度のフィルターを除いて全てが中空構造となっています。アイコスのヒートスティックと異なり、空気穴が設けられている点もネオスティックならではですね。


[✓] 喫煙の感想・味・香り

 この煙草は、非常に強烈な清涼感のメンソールが特徴的な煙草となっているのです。

 まず、シガレットの香りですが、もはやフリップトップを開けた時点でメンソールの香りを感じることが出来るほどにメンソールの香りは強めです。しかしながら、これといってメンソール以外の香りが目立つわけでもないため、香りとしてはスタンダードな印象ですね。

 そして、喫味の方ですが、これがまたビックリするほどにメンソールの清涼感が強烈な仕上がりなのです。特に、最初の一口目はメンソールの清涼感のみがグッとクリアーに呈されるため、むせかえってしまいそうなほどですよ。

 何と言うのか、アイコスのヒートスティック・メンソールも中々に強烈な清涼感でしたが、単純な清涼感の強さではグローのインテンスリー・フレッシュの方が勝っている印象です。とっても冷たいのに喉が焼けるような感覚で、口も鼻も、とってもスースーひんやり刺激的。

 しかしながら、二口三口と口数を増やすにつれて、味わいは徐々にメンソールシガレットらしい強めの苦味と少しの甘味が頭角を現してくる感じですね。それこそ紙巻たばこのメンソールシガレットのように、徐々にメンソールの清涼感は薄らいでいきます。

 ただし、清涼感が薄らぐとは言っても、その頃には初段の強烈な清涼感が鼻や口の中を支配していますから、あまり清涼感に不足というものも全体的には覚えないですね。むしろ、どんどんバランスが良くなってくる印象なのです。

 喫煙も後半となれば、中々に苦味が強烈な味わいとなります。鼻腔や口腔に残留している清涼感すら上回る、わりと強烈な苦味なのです。

 総じて、ガツンと強烈な清涼感を始めに呈して、徐々にメンソールらしい味わいを含ませていくような煙草となっています。ヒートスティック・メンソールとは異なりグローらしくボディ感は軽快なので、あまりメンソールの清涼感そのものは何にも邪魔されずに透き通った印象で呈されるところも私的には良い感じです。

 とにかく、ひたすらに眠気覚まし顔負けの強烈な清涼感を欲する方や、スッキリとしたミントらしいビター感という内容に反応する方にはマッチしそうなのです。

 ただ、これ、冬場は寒いだろうなぁ。

 ちなみに、吸い終わったものを再び加熱して喫してみると、とてつもなく青臭い喫味を楽しめます。清涼感は完全に失せていますが、ある意味で生々しいメンソールの風味を楽しむことが出来ますね。

Nutrition Facts
Serving Size: 1 Cigarette
Tar---mg Nicotine---mg
Strictly No Taking. Don't smoke until you are 20 years old.lol


▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「BAT Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る