glo Neo Boost Berry Plus Sticks を吸ってみた

[✓] Include the following : Smoking impression

 概要:グロー「ネオ・ブースト・ベリー・プラス・スティック」の喫煙感想



 早々にリリースされたネオのカプセル仕様のベリーフレーバータイプ。グロー「ネオ・ブースト・ベリー・プラス・スティック」を吸ってみた。


 およそ先にリリースされているケント・ネオスティックのベリー・ブーストに倣うようなかたちで、同じくグロー専用ブランドであるネオにラインナップされたブースト・ベリーという銘柄です。ネオの吸い応えの面で従来銘柄より強化された「満足感プラス」という特徴をベースに、カプセルによるベリーのようなアロマの付与が特徴となっている銘柄ですね。

 ちなみに、先のケント・ネオスティックのカプセルシリーズと同様に、このベリーミント系とスタンダードなミント系の2銘柄が同時にリリースされました。いわゆる上位互換のような存在であるネオは、やはりケント・ネオスティックのラインナップに倣った展開を行うかたちとなっているのです。

 何はともあれ、大増税の直前という営業にとって鬼畜であろう外資系全開なタイミングでリリースされた銘柄です。BATも日本市場における加熱式電子タバコのシェア獲得に向けて形振り構わずな様相となっていますので、注目の銘柄でしょう。




 加熱式電子タバコ銘柄の中では、わりと良い感じのデザインではないでしょうか。ブランドコンセプトのような高級感とは異なりますが、当たり障りのない汎用性の高そうなデザインなのです。

 おなじみのパッケージ背面のメッセージには、満足感にこだわったneo、はじけるベリーのような香りと爽快感しるされています。要約すると先の通りで、ケント・ネオスティックよりも満足感の向上を図ったネオの、ベリーのような香りのカプセルを搭載した銘柄ということなのです。

 同様にベリー系カプセルを搭載した、ケント・ネオスティック・ベリー・ブーストの上位互換のような銘柄なのです。



 パッケージ形状は従来どおりに薄型ハーフラウンドボックスパッケージとなっています。同社十八番のスーパースリム銘柄で採用されている形状ですね。

 他社とは異なり紙巻製品と同形状のパッケージを採用しているグロー専用銘柄なのですが、今のところはJTのプルームテック銘柄と同様にメーカー指示のもと基本的に自動販売機には装填されないそうです。水蒸気化させる仕組みと原材料の都合で、適切な管理の難しい自動販売機への装填には向いていないのだとかなんとか。

 ただ、似たような仕組みと思われるアイコス専用銘柄は、まま自動販売機にも装填されているのを見かけますよね。やや特殊なプルームテックはさておき、グローとアイコスでは専用銘柄の仕組みやパッケージングにも大差はないと思うのですが、ちょっと不思議です。

 まぁ、フィリップモリスは至極外資系らしいというか、特に最近は節操のない会社のように受けて取れることも多いので、とりあえずシェア第一で自動販売機も検証よりも先にレッツ装填という感じなのかも知れません。




 インサーターも同封されていました。

 有害性物質は約90~95%オフ、臭い少なく灰も出ない、一度の充電で約30本連続で楽しめる、といったグローの特徴がアピールされています。

 有害物質もとい健康懸念物質に関しては仕組みを考えれば妥当と思えますし、ファシズム色や統一思想の強いWHOの行き過ぎた掲示に対しての数値と思われますので文句もありませんね。一度の満充電で確実に一箱分が間に合うことも体験済みなので確かなところです。ヒートスティックのように葉屑も出ませんし、灰も出ません。

 臭いは、紙巻きと比べれば圧倒的に少ないです。しかしながら、吸いがらを再加熱してシケモクにすると、中学二年生の男子の部屋のゴミ箱の中のような、妙な臭いが発生します。




 シガレットにはカプセルが仕込まれていますが、厚手のチップペーパーと極細な仕様とが相まって中々に潰しにくいものとなっています。手で潰そうとすると指先を痛めがちなので、くわえて噛み潰すのが正攻法でしょう。

 私は、シガレットのカプセルは手で潰す派なので、ちょっと不便に感じたり。



 やはりジェットフィルターですね。一見すると非常に長いフィルターを使用しているように見えるグロー専用シガレットですが、このように実際のところは大部分が空洞となっています。いわゆるフィルターの部分は全長も5mm程度となっていて、その狭小スペースにカプセルが仕込まれているのですね。


[✓] 喫煙の感想・味・香り

 この煙草は、ネオスティックのベリー・ブーストと言うよりは、どちらかと言うとスパーク・フレッシュに近い印象を覚えさせる煙草となっているのです。

 まず、シガレットの香りですが、フレーバーが強いのかと思いきやメンソールの清涼感が強いためにフレーバー感は控えめとなっていますね。

 中々に潰しにくいカプセルを潰して喫する喫味の方は、やはりシガレットの香りのバランスから受ける印象の通りで、フレーバーは思うよりも控えめという印象です。

 あと、この煙草は後半になると、ベリーよりもローズのような印象を感じさせる味わいへと変化しますね。ベリーのフレーバーとネオのベースとなる味・香りとのバランスが変化して、喫味が変化するような感じなのです。やや独特の味わいなので、この後半のニュアンスが気に入るかどうかが好き嫌いの境界となるでしょう。

 どちらかと言うと、このバラのような香りを含む味わいは、女性的な印象を覚えさせます。電子タバコというのかグローというのか、その独特な香ばしい味わいとのコンビネーションで、ローズジャムを塗った焼き菓子のような味わいに思えますから。それにプラスアルファで、メンソールの清涼感なのです。

 また、あまり強烈とは謳われていないメンソールの清涼感ですが、しっかり現代的に強めと思える清涼感とはなっています。比較すれば他に強い銘柄もありますが、特に清涼感に不足を覚えることはないのではと思えるのです。

 グローのメンソール銘柄らしくメンソールの苦味も強めながら、従来銘柄と比べれば大人しめで、その点も上位互換らしくバランスの良さを感じさせるところです。

 総じて、序盤はスタンダードにベリー系。終盤になるに連れてベリー系フレーバーは弱まり、相対的に目立ち始めるグローらしい味・香りが作用してか、フィニッシュはローズ系と、そんな感じの煙草となっているのです。その後半のジャム&クッキーな味わいが印象的で、カプセル入りながらネオスティックならスパーク・フレッシュの上位互換と思える味わいとなっています。

 ただ、やはりメンソールの苦味はグローらしく強めなので、その点が少し邪魔と思えなくもないですね。ネオの満足感プラスという特性とも相まって、メンソールの強めな苦味とベースとなる濃いめの味わいがスパーク・フレッシュと比べて飽和気味とも思えるのです。

 こってりスイーツが好きな方なら良いかも知れません。その反面で、マイルドスイーツが好みの方には他に好適品があるとも思えてしまうところですかね。

Nutrition Facts
Serving Size: 1 Cigarette
Tar---mg Nicotine---mg
Strictly No Taking. Don't smoke until you are 20 years old.lol


▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「E-Cigarette Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る