glo Neo Boost Tropical Plus Sticks を吸ってみた

[✓] Include the following : Smoking impression

 概要:グロー「ネオ・ブースト・トロピカル・プラス・スティック」の喫煙感想



 続々と追加されるグロー専用のフレーバーメンソール銘柄。グロー「ネオ・ブースト・トロピカル・プラス・スティック」を吸ってみた。


 我が社の十八番と言わんばかりに、加熱式電子タバコでもカプセル搭載の銘柄を続々とリリースして差別化を図ろうとするグロー専用銘柄です。今回は「爽快トロピカルの満足カプセルメンソール」を謳い、ブーストシリーズとして新たにラインナップに加わった銘柄ですね。

 ちなみに、同時リリースの姉妹品となるクリーミー・プラス・スティックよりは分かりやすい謳い文句の銘柄かと思います。満足を提供するというネオそのもののコンセプトは変わらずに、製品名からしてフルーツ系フレーバーのメンソール銘柄なのかなと思わせるところでしょう。

 ただし、私的には外国大手でトロピカルやエキゾチックなどと謳う煙草には、何となく忌避感を抱いてしてしまうところでもあります。




 基本的に差し色で銘柄を判別する志向性が顕著なグロー専用銘柄ですが、そろそろカラーリングによる判別も面倒な段階まで来たなという印象ですね。取り分け、この煙草も一見ではネオのブーストミントと非常に似通っているので要注意なのです。

 私的には、シンプルに統一感を持たせたデザイン性は嫌いではないものの、あまりに増えすぎたラインナップを前にしては主喫する方も少し困るのかなという印象も否めません。



 グロー専用銘柄の定番となっているパッケージ背面の銘柄説明ですが、この煙草では「カプセルをつぶして はじけるフルーティーな香りと爽快感」と謳われています。

 具体的なイメージは湧きにくいものの、ざっくりとキャラクターは伝わってくる文言ですではないでしょうか。




 インナーの仕様やシガレットのデザインも、特別に何ということもありません。これまでのネオ銘柄に倣うものとなっています。

 空気穴を設けた長めのフィルターチップも見慣れてきた頃かと思います。



 ジェットフィルターも相変わらずです。

 ちなみに、グロー専用銘柄は長いフィルターチップが印象的ですが、実際にフィルターとして機能する部分は5mmほどとなっています。筒に近い感じです。



 余談ですが、かなり巻紙にシミが浮いていました。画像では分かりにくいかと思いますが、わりと低タールのクレテックシガレットくらいにはシミが浮いているのです。

 まぁ、特に問題は無いのですけれどね。むしろ、私としてはテンションが上がってしまいます。


[✓] 喫煙の感想・味・香り

 この煙草は、順当に銘柄の通りかなと思える煙草となっているのです。

 まず、シガレットの香りは特別にフレーバーという感じも強くはなく、グロー用メンソールシガレットらしい香りとなっていますね。本体は甘い独特の香りであり、それをベースにメンソールの香りを付け足しているような感じです。基本的にはカプセルでフレーバーを付与するという向きが窺えるでしょう。

 で、とりあえずカプセルを潰して、グローに差し込む前に素の状態で吸ってみます。そうすると、ヨーグルト系のミックスフルーツ味を思わせる風味が楽しめました。生々しいフルーツそのものの風味というよりは、どこか乳酸菌飲料なテイストを感じさせる美味しそうな風味ですね。

 そして、グローに差し込み1分弱。喫味の方は、やはり加熱式電子タバコらしいというのか、期待するよりはフレーバーも弱めといったところです。わりと強めのメンソール感はグローらしく据え置きという感じに、ほんのりとフルーツを思わせるような味わいが確認できます。

 ただし、時間経過による味わいの減退もグローらしく顕著に感じられるところは相変わらずとなっています。最初の突き抜けるような清涼感や、ほんのり添えられたフルーティー感は、終盤ともなると鳴りを潜めきってしまいますからね。まだまだ改善の余地を感じさせるところでもあります。

 開封から数日も断てば、ほとんどフレーバーは消え失せてしまいますし。わりとスピーディーな消費が求められるところは、主喫銘柄でもない限り厳しいところでしょう。

 しかしながら、えぐるような苦味は控えめとなったところに好印象を覚えました。グローのメンソール銘柄というと強烈な苦味が非常に印象的でしたが、この煙草では苦味も比べて抑えられているような印象に進歩を感じさせるのです。

 やはり、まだまだ加熱式電子タバコは発展途上。後出しの銘柄の方が細かなところで改良されていると実感することが出来る面白味があります。

 総じて、相変わらずグロー専用銘柄らしいというのか、はたまたメーカーらしさか。必要十分にメンソール感は強めであり、フレーバー感は控えめという塩梅の煙草となっています。比べて苦味を抑えた味わいにより、ほんのりながらフレーバーも不足とはならないバランスとはなっているのです。

 ただね。専用銘柄の豊富さを売りとするグローですが、如何せん個性が今一つといった印象も否めません。この煙草も含めて思いのほかフレーバーが控えめなものが多く、決まってベースの独特な味わいが目立つために個性が霞んでいるような印象が強いのですよね。

 特に、依然としてグローは吸い始めのフレーバーが勢いとして持続しないので、吸い終わる頃には何の銘柄を吸っていたのか細かい記憶が残りにくいのですよ。

 市場伸長率に対して、試行錯誤といったように内容が伴っていない印象の強い加熱式電子タバコ。そんな少しずつの進歩を感じさせてくれる煙草のようにも思えたのでした。

 とりあえず、えぐるような強い苦味が緩和されていたことには感心。

Nutrition Facts
Serving Size: 1 Cigarette
Tar---mg Nicotine---mg
Strictly No Taking. Don't smoke until you are 20 years old.lol


▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「E-Cigarette Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る