glo Neo Creamy Plus Sticks を吸ってみた

[✓] Include the following : Smoking impression

 概要:グロー「ネオ・クリーミー・プラス・スティック」の喫煙感想



 続々と追加されるグロー専用の銘柄。グロー「ネオ・クリーミー・プラス・スティック」を吸ってみた。


 大手競合とは異なり、ひたすら目柄数を増やすことで個性化を図ろうとしているグローです。先の新銘柄も記憶に新しいばかりですが、また新たな専用銘柄がラインナップに追加されましたね。

 この煙草は「まろやかクリーミーの満足レギュラー」と謳う、ノンメンソール銘柄となっています。ネオが売りとする「満足」というコンセプトは相変わらずに、まろやかな香りや、ほのかな甘みを謳う新銘柄なのです。

 やや要領を得難い内容ではありますが、これまでのノンメンソール銘柄と毛色が異なるという旨だけは伝わることでしょう。何となくフレーバー系のように思わせるところで、メンソールが苦手な方にとっては全く新しい選択肢となりそうですね。

 それにしても、グローは驚くほどのスピードで専用銘柄を増やしています。時流を鑑みれば嬉しいところなのかも知れませんが、その影響で紙巻銘柄が驚くスピードで販売終了と葬られているのだと思うと、少し悲しい気分なのです。

 あのポールモールや、スーパースリムの古株でもあるヴォーグにカプリなどなど。一部終了ならダンヒルやラッキーストライクなどからも同時多発的に販売終了の銘柄が発表されています。時代の傾向とはいえ、これまでの席が電子タバコに挿げ変わるというのは、やはり悲しいものです。




 今回は「クリーミー」と、かなり判断に困る印象の銘柄なっていますね。ノンメンソールであるということ以外は、果たしてフレーバータイプなのかなど、今ひとつピンと来ないかも知れません。

 いつも通りのパッケージ背面の説明によると「ほんのり甘いまろやかな香り」と謳われていますが、特に何とは明記されていませんね。最近は直接的な表現を避けたがる傾向にあるとは言え、これでは消費者も手を出し難いかと思うのですが、どうなんでしょうかね。




 概ね、パッケージデザインの基本は従来に倣っているといったところです。ハーフラウンドの薄型ボックスパッケージで、インナーカットはシンプルな形状なのです。

 この銘柄のイメージカラーは山吹色のような感じとなっていますが、この色味とクリーミーという内容の関係性も、ぱっと見では想像が付きませんね。




 グローならではのスーパースリムなシガレットのデザインも、これまでのデザインに倣うものとなっていますね。紙巻煙草のように、ジェットフィルターや空気穴という加工が施されている点も相変わらずの特徴となっています。

 基本的にはフィルターチップのラインカラーで銘柄の個性を演出していますが、ものすごい勢いでバリエーションを増やしているグロー専用銘柄です。このままでは、近い内に手の内が尽きそうですよね。


[✓] 喫煙の感想・味・香り

 この煙草は、端的に言えばスイートフレーバー系と思えるような仕上がりの煙草となっているのです。

 まず、気になるシガレットの香りですが、なるほど心地の良い甘い香りが楽しめます。これは、何となくミルクキャラメルを思わせるような香りですね。あまり「ほろ苦い」などといった副要素は感じられず、わりとストレートにスイートな香りなので、キャラメルマキアートなどと言うよりは、本当にミルクキャラメルのような香りに思えるでしょう。

 真っ先に思い浮かべたものは、甘くて美味しいハイソフトなのです。シガレットの香りは完全にハイソフトなので、この時点ではキャラメルフレーバーなのかなと思わせるところですね。

 あ、ちょっとだけシナモンを思わせるスパイシーな香りも含まれていますね。とても良い香りです。

 そして、グローにセットして45秒。喫味の方は、やはりシガレットの香りで感じた甘いキャラメルのような香りを反映した味わいとなっているのでした。

 ただし、加熱式電子タバコの宿命は未だ変わらずというように、実際の喫味は加熱式電子タバコらしい「こもった味」をベースに、ほんのり甘いフレーバーが付与されているような感じです。

 だがしかし、同時に驚くほど加熱式電子タバコの進歩も感じさせてくれます。それというのも、先のネオ銘柄よりも更に「こもった味」が軽減されているのです。ここ最近の加熱式電子タバコ銘柄は、それこそグローもアイコスも、やはり独特の気持ち悪さを呈する「こもった味」は宜しくないと言わんばかりに低減を図ったであろう苦労が垣間見える出来でしたね。その点が、さらにパワーアップしているのですよ。先のネオ銘柄のノンフレーバーの二種類よりも、確実に嫌な味わいは低減されています。

 まだまだノンメンソールではフレーバーの乗り方に改良が必要と思える程度に、この煙草も活かされるべき甘い味わいは非常に控えめですが、ほんのりと確かに喫煙中に甘い香りが楽しめる点は正しく進歩と言えるでしょう。取り分け、後味は優秀な部類に入る方だと言えますし、嫌な後味は控えめに、スイートな味わいが残り香として楽しめますから。

 また、この嫌な味わいの低減と、それにより頭角を現しているクリーミーなる甘い味わいにより、かなり紙巻煙草に近い味わいと思える点も、このクリーミー・プラスの特徴と思えますね。特に後味に関しては、かなり紙巻煙草の喫煙後に近いものを感じさせるあたり、これまでの全ての加熱式電子タバコ銘柄とは頭一つ抜きん出ている印象と言えます。

 あと、クリーミーやらスイートやらと、どことなく優しそうな味わいに吸い応えの乏しさを印象付けるかも知れませんが、その実は満足感プラスを謳うネオらしく、そこそこに出だしをピークとするスロートキック感があります。優しいキャラクターの味わいながら、そう吸いごたえに乏しいとは思わせないだろう点も好印象なのですね。

 総じて、グローはもとい、アイコスも含め、加熱式電子タバコ専用のノンメンソール銘柄の中では断トツで優秀な仕上がりの銘柄であると言えるでしょう。まだまだ改良の余地はありながら、加熱式電子タバコの銘柄は嗜好品と言うよりも工業製品と同じような傾向で、後出しであるほどクオリティに磨きがかかっているというあたりに面白味を感じさせてくれるところです。

 要約すると、味わいはキャラメルのようなスイート系フレーバーであり、加熱式電子タバコの宿命と言える独特の嫌な味わいの低減にも磨きがかかっているので、とても喫しやすい印象を覚える煙草となっていました。

 スイート系とは言え、そこまで露骨に甘い味わいではありません。程度で言えば王道の煙草らしい感覚で楽しむ程度の甘さなので、甘いというだけで忌避するような方も差し支えなく楽しめる範疇に落とし込まれている点は妙と言えますしね。

 とりあえず、現段階では、もし加熱式電子タバコ銘柄を買うのなら、私はコレに一択かなと思うところなのでした。

 ノンメンソールだとメンソールによるフォローも無く独特の嫌な味わいが顕在しやすい中で、この煙草は非常に健闘している方です。今までメンソールで誤魔化しながら加熱式電子タバコを喫していた方には、この煙草の存在は朗報となることでしょう。

Nutrition Facts
Serving Size: 1 Cigarette
Tar---mg Nicotine---mg
Strictly No Taking. Don't smoke until you are 20 years old.lol


▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「E-Cigarette Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る