glo Neo Dark Fresh Plus Sticks を吸ってみた

[✓] Include the following : Smoking impression

 概要:グロー「ネオ・ダーク・フレッシュ・プラス・スティック」の喫煙感想



 グロー専用ブランドとしてリリースされたネオのスタメンでは唯一のフレーバー系。グロー「ネオ・ダーク・フレッシュ・プラス・スティック」を吸ってみた。


 新たにグローの専用銘柄として加えられた新ブランドのネオですが、そのネオのスターティングメンバーの中では唯一のフレーバー系としてラインナップされている銘柄が、このダーク・フレッシュ・プラスとなります。フレッシュと冠するように、フレッシュ・プラスと同様にメンソール銘柄となっているのです。

 ちなみに、従来のグローの専用銘柄であるケント・ネオスティックにも「ダーク・フレッシュ」という銘柄がラインナップされているので、ややこしい感じではありますね。しかしながら、内容はグレープ系フレーバーのメンソールという点で共通しているようです。

 ただし、爽快に香るメンソールというキャッチコピーであったケント・ネオスティックのダーク・フレッシュとは異なり、このネオのダーク・フレッシュはネオ銘柄に共通して謳われている「満足度の高い」というコンセプトを持ち合わせているようです。その謳われる満足度の高さが反映されてか、価格も従来のケント・ネオスティックより少し高価であるという点も特徴でしょう。

 あと、このネオは従来のケント・ネオスティックと完全互換ですので、今まで通りグローで楽しめる銘柄となっています。もはや説明不要かとは思いますが、グロー以外の機器では使用することが出来ませんので、あしからず。

 それと、今回は「ネオスティック」とは冠されていません。ネオというのはブランド名であり、いわゆる従来の専用銘柄で言うところの「ケント」にあたる表記部分です。ネオとネオスティックで、ややこしいかも知れませんが混同しないように要注意なのです。

 まぁ、正直なところ、他にブランドネームの候補は無かったのかと思わないでもないですね。

 あとは、ネオに共通して付与されている「プラス」という表現ですが、これはネオのブランドコンセプトである「より満足度の高い加熱式タバコ」というものを表現しているのだと思います。ケント・ネオスティックがゲームなどで言うところの無印のようなポジションとも言えるので、ネオにはプラスしかありません。この点も御留意を。

 ただ、まぁ、これは煙草ですので。こっちのプラス版を買えば無印版の内容も収録されているから無印は買わなくても良いよ、というわけではないと思いますけれど。ぱっと見では価格の違いを無視して内容のみで判断するのなら、ケント・ネオスティックのダーク・フレッシュのポジションが微妙に思えてくるところでしょうか。




 ダーク・フレッシュのイメージカラーはパープルとなっていますね。今までの慣例に倣って判断すると、このカラーだとブルーベリーやグレープのフレーバーを想像させることでしょう。

 また、恒例のパッケージ背面の製品特性説明では「たばこの深い味わいに、刺激的なメンソールとフルーティーに香る豊かなアロマで高い満足感を。」とアピールされています。ネオのフレッシュ・プラスは「まろやかな爽快感」であった文言が、このダーク・フレッシュ・プラスでは「フルーティーに香る豊かなアロマ」に変更されていますね。

 このことからも、いわゆるフレーバーメンソール系であることが窺えるのです。



 パッケージ形状はグロー専用銘柄らしく、ハーフラウンドのスリムパッケージとなっています。

 他社の専用銘柄と比べると、かなり一般的なシガレットに近い感覚で扱えるということもグローの特徴と言えるでしょう。




 ジェットフィルターを採用したシガレットは、基本的に今までのグロー専用銘柄と構造の面では大きな違いも無さそうですね。ネオという新規ブランドからのリリースとなっているために誤解する方も少なくはないでしょうが、完全に従来品と互換しているので、今まで通りにグローで使用することが出来る銘柄となっているのです。



 今までのケント・ネオスティックと比べると、このネオのシガレットデザインはシンプルな印象を覚えなくもないですね。お世辞にもケントは紙巻も含めてデザイン性に良好とは言い難いところも所感としてありますが、このネオはパッケージのデザインとともに取っ付きの良いものと思えるでしょう。

 というか、ケントのデザインって、なんでこう、あれなんでしょう。同社は他のブランドが比較的デザインの良いと思えるものばかりなので、余計に「何故こうなった?」と思ってしまうこともしばしば。

 私は80年代や90年代のハッチバックが好きなのですが、ネオはダイソンみたいな印象ですね。


[✓] 喫煙の感想・味・香り

 この煙草は、思いのほかフレーバーは大人しめに仕上げられている印象を覚える煙草となっているのです。

 まず、開封と同時に、ふわりとグレープやベリーを思わせる香りが漂いますね。メンソールの清涼感も強く感じる香りとなっているため、刺激的なメンソールとフルーティーに香る豊かなアロマで高い満足感を、というのも伊達ではなさそうです。

 ちなみに、シガレットの香りは、より顕著なグレープの香りとなっています。メンソールの清涼感が付与されてはいるものの、かなり本物に近いと思えるグレープの香りは中々に楽します。

 そして喫味の方はというと、こちらは打って変わりシガレットが漂わせるほどのフレーバー感はありません。フレーバーは隠し味といった程度に、ネオらしいボディと香りがメインとなっているように思えます。

 フレーバーやメンソールによるマスキングも働いてか直接加熱タイプの電子タバコ特有の嫌な感じも少なく、程よくも十分なメンソールの清涼感と香ばしさがバランスの良い感じですね。グレープの瑞々しいフレーバーも添えられるような塩梅で、むしろリアリティーに富むと思えるところです。

 その反面で、過度なフレーバーを期待すると、やや拍子抜けしてしまうかも知れません。最初にフワッと、あとはアフターに残るような量感のフレーバーなので、その点は人によりけりでしょうか。

 それでも、従来のケント・ネオスティックのダーク・フレッシュのように少しバランスが微妙なということも無くと、確かな上位製品らしさを感じさせます。それこそ、アイコス用のパープルメンソールのような誇張された嘘臭さもありませんし、中々に良い落としどころを狙えている煙草となっているのです。

 総じて、瑞々しいグレープ系フレーバーの効果も手伝ってか「こもった味」などの嫌な要素も非常に少なく、そのフレーバーも絶妙なバランスの煙草です。従来のケントのネオスティックのフレーバー系と比べても、出来の良さに格上と思わざるを得ませんね。

 ここに来てようやく、グローも頑張っているなと思わせる煙草なのでした。果物の葡萄が好きな方は、中々に気に入る煙草なのではないでしょうか。

Nutrition Facts
Serving Size: 1 Cigarette
Tar---mg Nicotine---mg
Strictly No Taking. Don't smoke until you are 20 years old.lol


▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「E-Cigarette Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る