glo Neo Dark Plus Sticks を吸ってみた

[✓] Include the following : Smoking impression

 概要:グロー「ネオ・ダーク・プラス・スティック」の喫煙感想



 新たにグロー専用銘柄として加えられた新ブランドのレギュラータイプ。グロー「ネオ・ダーク・プラス・スティック」を吸ってみた。


 説明も不要なほどまでに伸長も著しい電子タバコですが、各社の専用銘柄のブランドは、それこそ既存の主要ブランドを流用するに止まっていましたね。しかしながら、BATのグローが先陣を切って、新たなブランドにて専用銘柄の展開を始めたのです。

 この煙草は、そんなグロー専用の新ブランドは「ネオ」にラインナップされている、ダーク・プラスと銘打つ煙草なのです。ノンメンソールのレギュラータイプで、満足感の高い深みのあるレギュラータイプ銘柄とのことですね。

 ちなみに、ネオのレギュラータイプは、このダーク・プラスの他にロースト・プラスという銘柄もラインナップされています。そちらは香ばしさに満足感の高さを訴求するような宣伝内容となってるので、このダーク・プラスは、あくまで香りよりも吸い応えの高さのようなものを売りとしているように受け取れます。

 また、ややこしく感じる阿多もいるかも知れないので明示しておくと、このネオはブランドこそ従来のケント・ネオスティックではありませんが、その従来のケント・ネオスティックと同様にグロー専用銘柄となっています。扱いとしては今まで通りといったところですので、グローを使用している方は問題なく使用することが出来ます。

 あと、このネオの特徴としては、価格が従来のケント・ネオスティックよりも高価ということでしょうか。メーカーによると、このネオは加熱式電子タバコの紙巻煙草と比較しての「物足りなさ」を払拭するべくリリースされた銘柄らしいので、その努力が価格に反映されているといったところですかね。

 確かに、グローは同様に煙草葉を直に加熱するアイコスと比べると、ややベイパーの量や喫した時の量感は控えめと感じていたところです。それを克服したいように吸い応えがアップしているのなら、まだまだ加熱式電子タバコも発展途上といった感じに進化の可能性を感じさせてくれるのでしょう。




 同じくネオのノンメンソールであるロースト・プラスはブラウンがイメージカラーでしたが、こちらのダーク・プラスはケント・ネオスティックのリッチ・タバコを思わせるブルーがイメージカラーとなっていますね。

 また、パッケージ背面には「たばこの味わいと、深みをもたらす豊かな香りで高い満足感を。」と製品特性がアピールされています。これにより、何となくパンチや刺激などよりも香りを重視した銘柄であることが窺えるのです。

 

 このネオのパッケージ形態は、それこそ先にリリースされているケント・ネオスティックと同様の薄型ハーフラウンドパッケージとなっています。紙巻なら、ケント・ナノテックなどと同様のパッケージなのです。

 ただし、このネオのパッケージはケント・ネオスティックのパッケージと比べると、フリップトップ部分の形状が完全にケント・ナノテックなどと同様となっていてる点が特徴と言えるでしょう。そのケント・ネオスティックの方も、カプセル搭載のブーストシリーズからはネオやケント・ナノテックと同様のフリップトップ形状となっていますね。

 今後は特殊な形状ではなく、この一般的な形状で展開していくのかも知れません。




 また、ネオはグローのイメージカラーであるオレンジカラーを控えめに配色しています。中包装紙までオレンジカラーであったケント・ネオスティックと比べると、かなり一般的なシガレットボックスらしい印象のパッケージと思えるでしょう。

 そして、ネオではインナーカットの形状も左右対称のスタンダードなものとなっていますね。

 もちろんと言わんばかりに、ジェットフィルターを採用していることも特徴と言えるでしょう。



 スーパースリムなシガレットも、今までのグロー専用銘柄と基本的なデザインは変わりも無いようです。一般的なKSスーパースリムシガレットと言える規格でありながら、やはり専用銘柄ということで大胆にシガレットの半分がフィルターチップであることが特徴ですが、もはや見慣れてきた感もあります。

 同様にシガレット形状の専用銘柄を使用するアイコスのヒートスティックと比べると、空気穴が設けられていたりと非常にシガレットらしい見てくれであることがネオでも踏襲されているのです。

 もちろん、従来の専用銘柄と同様に、ネオも完全にグロー専用です。裏を返せば、今まで通りに問題も無くグローで使用することが出来ます。新ブランドということで、今まで通りグローで使用が可能なのかと疑問に思う方も多いでしょうけれど、その点は全く問題を感じることもありません。


[✓] 喫煙の感想・味・香り

 この煙草は、かなり王道的に加熱式電子タバコらしい味わいを昇華したような煙草となっているのです。

 まず、シガレットの香りなのですが、あまりロースト・プラスと変わりが無いようにも思えました。比べるとロースト・プラスよりもシガレットの香りは弱めと思えますが、傾向としては電子タバコらしい独特の香りとグローらしい甘い香ばしさが特徴と思えるシガレットとなっていると思うのです。

 そして、喫味の方は、確かに「豊かな香りで高い満足感を」と謳うからか、スロートキックの強さにキャラクターを傾倒した印象であったロースト・プラスと比べると、なるほど独特の香ばしさが目立った喫味となっていますね。加熱式電子タバコにおいて吸い応えを感じさせる最大の要素でもあるスロートキックの程度は、それこそロースト・プラスと似たようなものとなっていますが、比べて濃いめの味・香りにマスキングされる印象でもあるので全体的には落ち着いた印象を覚えるでしょう。

 これは味・香りが中々に豊かなため、ローストと比べると落ち着いた印象ながら、どうして迫力のあるボディ感であるということも特徴でしょうか。しかしながら、その味・香りは直接加熱タイプの電子タバコらしさ全開の独特な味わいとなっているため、もとより加熱式電子タバコの味わいが苦手であると険しい顔になってしまうかも知れません。

 ただし、それでも最近の専用銘柄らしく、かなり取っ付きは良いと思えるように仕上げられていると思えます。これだけ加熱式電子タバコ特有の「こもった味」と言われる味・香りが目立つにも関わらず、加熱式電子タバコ特有の「気持ち悪くなる感じ」は覚えにくくなっているので、これは中々に感心なのです。

 思いのほか、変に癖のある香りを持たせてはいないという点も、好印象に一役を買っています。新しい何かで攻めるのではなく、今まで通りという範疇の中でブラッシュアップを図ったかのように感じさせる煙草と言えるでしょう。

 総じて、味わいは淡白気味にカラリと仕上げられたロースト・プラスに対し、このダークは味・香りも王道的に豊かな仕上がりとなっています。あっさりクリスピーがローストの特徴とするのなら、こってり濃い口で慣れた味が好きな方に向いたような銘柄がダークと思えるでしょう。

  加熱式電子タバコ特有の味わいが特に苦手ではなく、むしろ、もっと豊かに味わいたいと思う方は試す価値があるかも知れません。しっかりとした味・香りでありながら、グローらしくアイコスと比べると比較的ライトであるということも中々に妙だと思いますから。

 その反面で、メンソールやフレーバーで誤魔化すように加熱式電子タバコを喫する方には向いていないと断言することが出来ます。理由は上記の通りで、かなり王道的に味・香りが昇華された銘柄と言えるからですね。

 全体的に、何となくグローながらアイコスの印象に近いと思える煙草なのでした。

 ものすごく端的に特徴を述べるとするのなら、ケント・ネオスティックのリッチタバコに、より強めのスロートキックと味・香りを持たせたような煙草と思えます。グローにおけるレギュラータイプはブライト・タバコよりもリッチ・タバコだと思う方なら、このダーク・プラスは上位互換として取っ付きが良いかも知れません。

Nutrition Facts
Serving Size: 1 Cigarette
Tar---mg Nicotine---mg
Strictly No Taking. Don't smoke until you are 20 years old.lol


▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「E-Cigarette Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る