glo Neo Fresh Plus Sticks を吸ってみた

[✓] Include the following : Smoking impression

 概要:グロー「ネオ・フレッシュ・プラス・スティック」の喫煙感想



 新たにグロー専用銘柄として加えられた新ブランドのメンソール銘柄。グロー「ネオ・フレッシュ・プラス・スティック」を吸ってみた。


 ようやく加熱式電子タバコもブランドバリエーションが展開されるに至りましたね。やはりとでも言ったように、先駆けはBATによるグローからでした。

 そんな新たなブランドは「ネオ」にラインナップされた、満足度の高い爽快なメンソールを売りにする銘柄が、このフレッシュ・プラスなのです。特にフレーバーを謳うことはなく、あくまで他のネオ銘柄と同様に「満足感の高い」という謳い文句の他は、いたってスタンダードと思えるメンソール銘柄ですね。

 ちなみに、刺激的な爽快メンソールという王道キャッチコピーの他に、吸い応えを意識したブレンドというネオのブランドとしての特徴を兼ね揃えている煙草のようです。その満足度の高さへの自信の現れなのか、価格は従来のケント・ネオスティックよりも少し高めに設定されているということも特徴でしょう。

 何はともあれ、やや同系統のアイコスと比べると吸い応えというボディ感は控えめであると感じることも多分であったグローです。バリエーションの多さを武器として確立させると同時に、吸い応えもアップしているのであれば、ユーザーも嬉しいことなのでしょう。

 まぁ、私はアイコスの強すぎるボディ感は味わいの誇張作用を感じるために苦手だったりするので、直加熱タイプの加熱式電子タバコはグロー程度で良いとも思えていた人間なのですけれど。世間は何よりも吸い応え重視なのかも知れませんね。




 ケント・ネオスティックとは打って変わり、どこか海外の電機メーカーのような印象を覚えさせるデザインですね。

 恒例となっているパッケージ背面のメッセージによると「たばこの深い味わいに、刺激的なメンソールと、まろやかな爽快感で高い満足感を」とのことです。先の通りに、このネオというブランドは「満足感」を謳っているブランドですが、この煙草では謳い文句も汎用的なもので、いまいち内容の詳細もイメージが出来ませんね。



 銘柄名は「フレッシュ・プラス」ですが、フリップトップ部分には小さな字で「FRESH MIX +」と記されています。先にリリースされているケント・ネオスティックには「フレッシュ・ミックス」という銘柄がラインナップされているので、ちょっと、ややこしいですね。

 もっと言えば、この煙草は「ネオ」というブランドで、先にリリースされているものは「ケント」というブランドのネオスティックというシリーズです。これも中々に、ややこしいところ。




 こちらもBATらしくジェットフィルターが採用されていますね。ただし、グロー専用銘柄は機能的にジェットフィルターというよりも、構造の都合上でジェットフィルターという見方が正しいのかも知れません。

 というのも、ぱっと見はフィルタチップ部分が非常に長いものの、ほとんどが中空の構造です。いわゆるフィルターとして機能している部分は、およそ5mmと満たない程度ですからね。どちらかと言うと、フィルターと言うよりも「ふた」のような役割にも思えます。



 そのシガレットデザインも、おおよそ従来品に倣うものとなっています。ちょっとドラゴンボールっぽいカラーリングが特徴でしょうかね。

 空気穴の感じも、特に変わりはない様子です。


[✓] 喫煙の感想・味・香り

 この煙草は、至ってスタンダードにメンソールなキャラクターだからこそ、進化の具合を分かりやすく体感することが出来る煙草となっているのです。

 まず、シガレットの香りですが、これがまた特徴的な香りとなっていますね。これを言って何人の方が理解するかは分かりませんが、まるで以前に発売されていたボスコーヒーのガムのような香りがします。メンソールらしいミントの香りと、どこか香ばしい香りのマッチングが、直感的にボスコーヒーガムを思わせる香りとなっているのです。

 私的に、この時点で期待値は大なのです。あのガムは、大好きで中々の数を買いましたからね。少しミルクを足したようなマイルドコーヒーの味と、隠し味のミントが何とも絶妙なガムでした。

 そして、喫味の方ですが、こちらも中々に驚くものとなっていました。何と言っても、グロー専用のメンソール銘柄にありがちであった強烈すぎる苦味や突き抜けすぎてバランス崩壊と思わせる強烈アンバランスなメンソール感が非常に抑えられています。それゆえに、比べると程よいメンソール感ながら、邪魔なものがないためにスマートにメンソールの清涼感を体感することが出来るのです。

 肝心な味わいとしては、メンソールらしく清涼感を活かしているという点ではインテンスリー・フレッシュの上位互換のようにも思えます。しかしながら、どこか香ばしくバニラのような甘さもフワッと感じられるので、スムース・フレッシュの系譜とも感じさせる二面性を持ち合わせていますね。

 意外にもメンソールの清涼感にのみ個性を依存するのではなく、香りでも楽しませてくれるという点は非常に好感が持てるのではないでしょうか。

 そしてそして、ここ最近の直接加熱式の電子タバコ銘柄の進化具合を感じさせる点と同様に、こちらも加熱式電子タバコ特有の「こもった味」を中々に軽減した味わいとなっています。そのためか、この手の加熱式電子タバコを喫した時に襲ってくる独特の気持ち悪さも非常に軽減されているのです。

 総じて、中々に売りとする特徴が汎用性に偏っているからこそ、進化のほどが分かりやすい煙草となっているのです。それでも、ほんのりと甘いバニラのような香りなどアクセントが散りばめられているので個性も確かに感じられるところです。

 バランスの良さでは、この時点では直接加熱する電子タバコの中でもトップクラスとなりそうですね。

 惜しい点を強いて言うのなら、やはりグロー専用銘柄らしく数口ほど喫すれば味・香りのキャラクターが変わり始めるというところでしょうか。しばらくすると、ややグローのメンソール銘柄らしい苦味が顔を出し始めますから。

 ただし、全体的には非常に上位互換らしい出来となっているように思えます。程度で言えば、それこそ価格の差がなければインテンスリー・フレッシュやスムース・フレッシュは御役御免となりそうと思えるほどです。

 やや他社製品と比べて今ひとつ振るわない印象も強いグローですが、着々とノウハウを作って進歩しているのだなと感心したのでした。

Nutrition Facts
Serving Size: 1 Cigarette
Tar---mg Nicotine---mg
Strictly No Taking. Don't smoke until you are 20 years old.lol


▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「E-Cigarette Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る