Hope Dry Gold を吸ってみた

Hope Dry GoldInclude the following / 抽烟印象・喫煙の感想 / Smoking impressions / Табачные впечатлени

ホープの期間限定味は第一弾の「生姜」をイメージした変わり種。

「ホープ・ドライゴールド」を吸ってみた。

煙草との結びつきも想像しがたく、ちょっと分かりづらいかも知れませんが「生姜」の風味を採用したホープの期間限定味なのです。

言われてみれば、パッケージを見て「はぁ~ん」となるかも知れませんが・・・。

ちなみに、コンビで発売された相方のホープ・サワーレッドは見た目からも想像できる「梅」の風味を採用した煙草なのですが、梅にせよ生姜にせよ、今まで煙草とは結びつくこともなかった素材であり、どちらも斜め上であることには変わりありません。

そんな、ありふれていながらにして珍素材の二種を用いた意欲的な期間限定味。

消費税の増税で落ち込んだ消費のために「合わせ買い」を目的に据えた商品ということで、手頃な十本入りであるホープが採用されたのでしょうね。

堅実なのか挑戦的なのか、中々にブッ飛んだ印象のシリーズなのです。

Hope Dry Gold梅をイメージしたサワーレッドは梅色の塗り潰しが地の色として使われていましたが、このドライゴールドは金屏風を連想させるグラデーションゴールドカラーが地の色として使われているのです。

日本は日本でも、華やかな日本文化をイメージできますね。

座長や呉服屋の男店主とかが裾からコレを出したら、なんだか絵になりそうなのです。

Hope Dry Gold Hope Dry Gold

太くて短いから凝縮されて美味いとのことですが、細くて長いから凝縮されて美味いと謳う銘柄もありますよね。

どっちじゃい。(笑)

Hope Dry Goldシガレットやパッケージの形態は通常のホープと変わらない、短くて少し太いシガレットが10本詰めされた小箱。

フィルターチップのデザインなどは、スーパーライトと同じようなものとなっているのです。

私の肉眼では空気穴は確認が出来ませんでしたが、タール値からして恐らく設けられていると思います。


喫煙の感想・味・香り

この煙草は、生姜風味だからといって安直に「生姜の味や香りがする」というものではなく、生姜湯を飲んだ時のような口内がヒリヒリとする感じや、ジンジャーエールを飲んだ時の刺激的な「のどごし」を再現している煙草びように思えるのです。

味わい自体は、そこまで特徴的なものではなく至って軽快で、甘味や苦味の何かが突出しているものでもないのですが、この「のどごし」は、まるで炭酸飲料を飲んでいるかのような爽やかさに近いものがあります。

フレーバー党の方からすれば極めて残念な喫味かも知れませんが、それ以外では印象の良さそうな喫味なのです。

ものすごく、酒に合う煙草なのだと思いますよ、これ。

タール値は梅風味のサワーレッドより高いTar12㎎なのですが、まろやかで奥行きのある喫味のサワーレッドに対して、銘柄名のごとくドライな喫味のドライゴールドは、もしかするとサワーレッドより吸い易い煙草かも知れません。

悪く言うと、のどごしばかりが目立って、味わい自体は淡白に感じるかも知れませんが・・・。

柑橘系フレーバーシガレットのような爽やかさも感じることが出来るのですが、それらにありがちな苦味や渋味も無く、何よりホープの濃さも確かに持ち合わせているので、あまり目立つ要素ではありませんし。

また、鼻腔を燻る甘い香りなど、サワーレッドよりはホープらしさも感じることが出来ます。

紫煙の香りは、特に甘いなどの要素は無く、印象も薄い煙草の香りとなっています。

一部の日本の食にも通ずる、目立たない、分かりづらい、大味ではない奥ゆかしさを持ち合わせた煙草なのです。

特に突出した個性があるわけでもないのですが、ついつい、口に運びたくなってしまう、不思議な煙草。

ついで買いを狙った商品にしては、ちょっと敷居の高いクオリティーに仕上がっているのですが、これは大いに存在価値がありそうなのです。

それだけに、短命を先打たれているような期間限定商品であることは少し残念。

まぁ、その儚さも魅力の一つかも知れませんが・・・。

パッと見のイロモノ感とは裏腹に、ドリンクなどとの相性も良い感じです。


Tar12mg Nicotine1.0mg
Strictly Not Take. Don’t smoke until you are 20 years old.lol

▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「JT Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る