Hope Passion Yellow を吸ってみた

Hope Passion YellowInclude the following / 抽烟印象・喫煙の感想 / Smoking impressions / Табачные впечатлени

冬に差し掛かろうとしている今日この頃に期間限定発売された南国チックなホープ。

「ホープ・パッションイエロー」を吸ってみた。

ホープの期間限定ラインナップ第二弾にあたる、ホープ・パッション・イエロー。

第二弾は、このパッション・イエローとホット・ブラックの二種類となっています。

第一弾はTar8mgとTar12mgのランナップで中々に高タールなラインナップでしたが、この第二弾はTar6mgのパッション・イエローとTar9mgのホット・ブラックで、よりライトタールユーザーに寄せていった印象。

ちなみに、パッケージデザインや銘柄名からもイメージ出来るように、パッションフルーツ系のフレーバーシガレットとなっている様子なのです。

第一弾は外観と内容ともに和風なテイストでしたが、第二弾は少し趣向を変えている印象で、片割れのホット・ブラックとともに、異国情緒な雰囲気を取り入れているのも特徴。

ちなみに、パッション・イエローは「カワイイ」担当。

Hope Passion Yellow左にレイアウトされた模様はフルーツの果肉を連想させ、パッション・イエローという銘柄名などから、とても南国チックな雰囲気を漂わせているのです。

異国と日本の情緒が混ざった不思議なデザインなのですが、人によっては「カレー」に見えたりするのかな?

なんだか、弓矢のシンボルが「ジャジャーン」みたいな効果線に見えなくも。

Hope Passion Yellow Hope Passion Yellow

インナーにはメタルギア顔負けの隠しメッセージ・・・、いや、小島氏の方が素晴らしいか。

短いからってナメんなよ、とのこと。

Hope Passion Yellow太巻きレギュラーサイズという仕様や小振りなスライドパッケージそのものは通常のホープと変わらずで、10本詰めパッケージとなっています。

Tar6mgということで、シガレットデザインはホープ・スーパーライトと共通なのです。

いわゆるフレーバーシガレットなのですが、ホープのタールバリエーションと同じく、短いながらチャコールフィルターが採用されています。


喫煙の感想・味・香り

この煙草は、パッと見のイロモノ感とは裏腹に、まとまりの良い変わり種といった内容。

シガレットの香りは、パッションイエローという銘柄名とパッケージデザインから想像できる通りの香りで、どこか懐かしい感じを抱かせてくれるフルーツジュースのような甘い香り。

「パッションフルーツ」のようなオシャレ感とは違うのですが、ミックスフルーツフレーバーのジュースやガムを彷彿とさせる甘い香りで、童心に帰れそうな気分にさせてくれる感じ。

また、言葉だけだと派手に香り付けされているように捉えられるかも知れませんが、これがまた至って自然な程度の香り付け。

箱から香りが漏れるほどであったりと、火を点けなくても吸い込めば風味を感じるということはありません。

この時点では、幅広いニーズのユーザーが楽しめそうな雰囲気。

喫味の方も、シガレットの香りと同じようなフルーティーな甘味が優しく添えられたものとなっていて、とても軽快な喫味に仕上げられているのです。

ただし、Tar6mgというライト仕様でもホープの例に漏れず、ゆっくり丁寧な喫煙を心がけなければ、この心地よい甘味は体感できませんし、パッケージデザインからイメージする程の派手な味付けはされていないので、気を付けないと「ただのホープ」になってしまいそう。

ちなみに、紫煙の香りは中々の甘い香りとなっています。

キャスターやフィリップモリスなどのように、甘い香りのシガレットが好みであればハマりそうな煙草なのです。

期間限定と言わずに、常駐ラインナップにしてしまえばいいのに。

もったいない。

この第二弾は、第一弾よりも流通量は多めらしいので、気になる方は是非。


Tar6mg Nicotine0.5mg
Strictly Not Take. Don’t smoke until you are 20 years old.lol

▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「JT Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る