Hope Sour Red を吸ってみた

Hope Sour RedInclude the following / 抽烟印象・喫煙の感想 / Smoking impressions / Табачные впечатлени

ホープの期間限定味の第一弾は、まさかの「梅」のテイストを採用した変わり種。

「ホープ・サワーレッド」を吸ってみた。

どこぞの政党に政権が変わり未曾有の大増税が行われて間もなく、消費税の増税により更に低迷する消費を少しでも興そうと期間限定発売されたホープの変わり種。

パッケージを見てから言われれば「なるほど」の、煙草としては異例とも言える「梅」のテイストを取り入れた煙草が、このホープ・サワーレッド。

ちなみに、同時にラインナップされたドライゴールドはTar12㎎で「生姜」のテイストを採用しているのだそうな。

Hope Sour Red赤いホープといえばホープ・ライトですが、このサワーレッドは赤色というよりも紅色といった印象のパッケージカラーとなっています。

どことなく、地方の土産屋とかで売っていそうな印象を受けるパッケージデザインなのです。

なんだか、弓矢のシンボルが扇子に見えてきそう。

Hope Sour Red Hope Sour Red

限定商品ということで、日頃ホープを手にしない方へ向けているのであろうメッセージなんかも中箱に印刷されていたりします。

よく「遊び」び使われる部分ですね。

Hope Sour Redパッケージ形態などは通常のホープと変わりなく、レギュラーサイズの太巻きシガレットがコンパクトなパッケージに10本詰めされているのです。

ちなみに、タールバリエーションと同じように、フィルターにはチャコールフィルターを使用しています。

フレーバーモノなのだから、プレーンフィルターでも良かったのではないのかな?


喫煙の感想・味・香り

この煙草は、シガレットの香りこそ、ほのかに梅ガムのような香りがするものの、喫味や紫煙の香りに梅らしさがあるかと言われれば「?」という内容に仕上がっているのです。

確かに、シガレットの香りはアメリカンブレンドのシガレットらしい甘い香りに添えられるような感じで梅ガムのような香りがするのですが、喫味の方は梅らしさゼロ。

鼻から抜ける煙に何となく梅茶漬けっぽさを感じることも出来ますし、後味が梅ガムを噛み終えた時のような感じと言えば、そんな感じとも言えなくもないのですが、程度が程度なので「梅の味」と言うよりは「梅系の香料を使用した喫味」と言った方が正しいのかも知れません。

ただ、では普通の面白みが無い煙草なのかというと、それは違います。

これはこれで、中々に独特な喫味となっていて、非常に面白いのです。

とっても「まろやか」で、コクや深味もあるのですが、あっさりとしていて、他には無い味わいを持ち合わせています。

もちろん、ホープのソレとも違うのですが、これが「梅系」なのでしょうか?

どことなく「日本らしさ」をヒシヒシと感じることの出来る喫味は、イロモノという表現が不釣り合いな程に優秀で、侘び寂びを感じながら一服すると非常に乙な気分に浸れるのです。

せっせと吸っても味わいは崩れにくいというホープらしくない特性なのですが、何とも大人な味わいですよ。

大人な味わいというか、大人しい味わいというか、微妙なところですけれど。

ざっくり「梅」と言うのは惜しい感じで、パッケージデザインのような「女性の袴」を喫味で再現したような煙草なのです。

ピアニッシモやバージニア・Sなんかよりも、よっぽど女性的な煙草に思えます。

ま、なにはともあれ、梅に生姜と来れば、次は納豆あたり、どうでしょう?

ホープ・ソイビーンズ。

あ、先に白飯が欲しいかな。

ホープ・ライス。

Hope Sour Redここ最近のホープの期間限定味に総じて思うことなのですが、どれも中々に良い煙草なので、期間限定と言わずにレギュラーメンバー化したりしないのですかね。

あの破天荒フレーバーなメビウスのオプションがアリなら十二分にアリだと思うのですが・・・。

まぁ、儚いくらいが良いのでしょうか。


Tar8mg Nicotine0.7mg
Strictly Not Take. Don’t smoke until you are 20 years old.lol

▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「JT Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る