Iron Ether Polytope

Iron Ether Polytope Iron Ether Polytope

Private Comment
アイアンエーテルはアメリカのハンドメイドブランド。
全ての製品にギター用とベース用の区別が無く、どちらでも効果的に使えるということが特徴で、他と違い、文句だけではなく実際にラインナップが「変なモノ」ばかりという、少し変わったメーカー。
そんなメーカーの「ポリトープ」という製品。

Polytopeという製品名ですが、こちら難しすぎて全く理解できません・・・。
公式ウェブサイトでQuad Voice Detunerと銘打たれているように「最大で四つのコピーシグナルを作る」という製品仕様に関係しているだろうと思われます。

日本では「ベース用コーラス」として宣伝、販売されている様子ですが、仕様書や公式ウェブサイトを見ての通り、実際に作り手の方は先述のように「ピッチデチューン」として宣伝していたりします。

ま、とにかくスゴい、コレ、スゴい、なんなんだコレは!、みたいな感じ。

設定の幅というか、内包しているトーンバリエーションが尋常ではなく、あっさりキレイ目なモジュレーションから、ピッチ崩壊シンセチックなトーンまで、なんだかスゴい色んな音が飛び出してくるのです。

「ギターに使ってもナイス!」みたいな売られ方をしているようですが、このエフェクターはベースに使った方が効果的で、私的にギターではイマイチな気がします。
というより、ギターに使うのなら、もっと良い同類で入手性の良い製品はゴマンとあるはず。

もう、ホントに素敵。

このメーカーの製品は決まって、中々に男心をくすぐってくれるインターフェースばかりなのも堪りません。

まぁ、どれも、まるでオススメできるものではないのですけれどね。(笑)

残念ながら、Iron Etherの製品は国内代理販売店が無くなってしまった現在、eBayやAmazon.comなどでも購入は難しく、購入は直に作り手のウェブサイトでのメール交換でしか叶わない状況ですが、国際発送とペイパルでの支払いに対応しているとのことなので、興味がある方は是非どうぞ。

この他も、中々に魅力的なラインナップですよ。

ちなみに、よくは分かりませんが、トーンキャラクターやノイズの乗り方に製品の特性といい、恐らくデジタルエフェクターだと思われますので、アナログエフェクターと一緒に電源を引っ張ってくる際は要注意。

Product Specification
see this site…