Keith Slim Bitter Taste を吸ってみた

Keith Slim Bitter Taste

Include the following / 抽烟印象・喫煙の感想 / Smoking impressions / Табачные впечатлени

 キースにしては珍しいビターを売りとするキース・スリムのサブシリーズ。

 「キース・スリム・ビターテイスト」を吸ってみた。

 キースのスリムシリーズより派生した新たなシリーズに属する煙草で、そのシリーズではオリジナルフレーバーというポジションを担っているような煙草となります。特に目立つフレーバーは謳わずに、ストレートな印象を与えるだろう「ビターテイスト」という名を冠していますね。

 ちなみに、この煙草が属するシリーズには、他に「エキゾチックテイスト」と「ジャパニーズクラシック」なる煙草がラインナップされています。これらと比べると、確かにスタンダードとも受け取れる「ビターテイスト」は、やはりオリジナルのような存在なのでしょう。

 また、数あるキース銘柄の中でスタンダードとされているキース・スリムは、その名に特に何とフレーバーを冠してはいませんが、巷ではバニラフレーバーとして認知されていたりします。しかしながら、こちらの新シリーズてスタンダードとされているビターテイストは、特に何とフレーバーを冠したり噂されているわけでもないので、何と加香している煙草ではないのかも知れませんね。フレーバーが各々で個性を成しているキースとしては、少し異端な存在とも言えるのではないでしょうか。

Keith Slim Bitter Taste 通常のキース銘柄とは大きく趣の異なるパッケージデザインが特徴的なシリーズとなっていますね。古風な温かみを排したデザインは、やや素っ気なく見えなくもないのです。それぞれにデザインされた謎なマークも果たして何を表現しているのか今一つ分からずですし、中々に取っ付きの悪い印象がキースらしからぬシリーズとなっているように思えます。

Keith Slim Bitter Taste Keith Slim Bitter Taste

 このシリーズはキースのスリムシリーズから派生したシリーズということで、パッケージはスリムシーズと共通したサイズとなっています。スリムとは謳うものの、実際のところはピアニッシモなどのパッケージよりも僅かに胴回りの太い独特のサイズ感なのです。

 また、さり気なくパッケージ側面には「LITTLE CIGARS with ORIGINAL FLAVOR」と記されているのですが、このシリーズの全ての銘柄にデザインされているため、特にビターテイストがシリーズのオリジナルであるということではないようです。あくまで「キースオリジナルのフレーバーよ」ということなのでしょう。

 それ言うたら何だって・・・、なんてケチをつけてはいけないのです。

Keith Slim Bitter Taste ちなみに、中包装紙も淡い金色であったスタンダードなキースのラインナップとは異なり、このシリーズでは銀色となっています。やや素っ気ないパッケージデザインと相まって、ありふれた光景ながら少し殺風景に感じてしまうかも知れませんね。何というのか、このシリーズのデザインは全体的にツンツンしいている気がするのです。

Keith Slim Bitter Taste シガレットデザインも外装と同じく、スタンダードラインとは少し趣の異なるデザインとなっていました。フィルターチップは茶系のものではなく不思議な色味のものが使われていますね。それ以外に大きく異なる点としては、フィルターチップに空気穴が施されているという点でしょう。プレーンフィルターであることは相変わらずです。

喫煙の感想・味・香り

 この煙草は、よくあるシガーのオルタナティブシガレットに、キースらしいミルクのようなマイルド感を付加した煙草となっているのです。

 まず、シガレットの香りですが、あまり加香を感じさせない控え目な香りとなっています。うっすらとパンケーキにトッピングするような色の濃いチョコレートソースを思わせる香りがしますね。イメージ通りと言った範疇の香りではあるものの、やや不安になりそうなほどに量感は控え目なのです。とは言え、キースは全体的にシガレットの香りが淡白傾向であると思いますし、そうビターテイストだけが特別にということでもないのですけれど。

 喫味の方は、ほろ苦いビターテイストでありながら、煙の質感はシガレット並みに柔らかいキースらしいものとなっているため、適度なマイルド感で香ばしいビターテイストを味わえます。ややビターテイストがキレの良さを呈しているので、コクは控え目ながら確かに感じられるといったところです。

 ビターテイストというキャラクターゆえか、キースにしては珍しく加香感や甘い香ばしさは抑えられているのです。その代わりに、ほろ苦い香ばしさと適度なコクをキースらしいミルクを差したようなマイルド感の中で楽しめることが特徴となっている煙草と言えるでしょう。

 総じて、キースの中では最も加香感が少なく、比較的プレーンなリトルシガーらしい味わいが特徴的な煙草となっています。キースらしく肺喫煙にて楽しむのも、日頃はTar8mgあたりを主喫されているという方なら特に差し障りは無いでしょう。その場合は、コイーバ・オリジナルやポプラール・レゼルバなどのオルタナティブシガレットよりも煙の質感が優しくマイルド感が程好いため、何だかリトルシガーと言うよりはシガーのオルタナティブみたいな煙草とも思えてきますね。それらと比べるとコクの絶対量は少なく感じるものの、マイルドな味わいの中で活かされているコクには十分な味わい甲斐を覚えるはずです。

 また、キース・スリムでは味わいが柔らかすぎたり葉巻感が薄すぎると感じる方は、こちらのビターテイストを試されてはいかがでしょうか。

 王道的リトルシガーな味わいをキースらしいキャラクターで楽しめる、何とも良い煙草なのでした。

 ちなみに、葉巻らしく口腔喫煙で楽しむと、極々普通なプレーンシガーのような味わいを適度なマイルドさで楽しめます。しかし、特に目立った面白さは無いですし、何もキツくて吸えないという煙草でもないため、普通に肺喫煙にて楽しむのことが良いかと。

Nutrition Facts
Serving Size: 1 Cigarette
Tar—mg Nicotine—mg
Strictly No Taking. Don’t smoke until you are 20 years old.lol


▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「Cigar & Hand-Rolled Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る