Kent Boost Menthol 1 100's Box を吸ってみた

[✓] Include the following : Smoking impression

 概要:紙巻ケント・ブースト・メンソール・1・100's・ボックス」の喫煙感想



 ケント初にしてTar1mg初のメンソールカプセル搭載シガレット。紙巻「ケント・ブースト・メンソール・1・100's・ボックス」を吸ってみた。


 詰まるところ、現在のアイ・ブーストの前身となっている煙草ですね。現在はケント・アイ・ブースト・1・100's・ボックスとしてラインナップされていますが、基本的にはデザインと名称を改めたのみとなっているそうです。



 カプセルメンソール初のTar1mg登場と謳われていますね。この頃は他にカプセル搭載という、クールやラークなどに幾つかの銘柄にラインナップされていましたが、それこそTar8mg程度のものばかりでした。

 また、クールではなくケントへラインナップされたということも特徴でしょう。ケントというブランドへの注力具合を感じさせるものですよね。




 当時のインサーターでは、そのままカプセルを潰さずに吸うとカプセルを搭載しないケント・メンソール・1・100's・ボックスの味わいを楽しめるような印象のメッセージが載せられています。

 しかしながら、当時のケント・メンソール・1・100's・ボックスはメンソールスレッドを搭載していましたし、現在ではジェットフィルター仕様となっています。このブースト・メンソールとは仕様が異なるために、あくまでケントブランドのスタンダードなメンソールフレーバーを楽しめるということなのでしょう。

 しかも、さらに印象的であったのは、このインサーターの文言は「カプセルは途中から潰す」というような使用法を勧めているということなのです。当時は忘れましたが、多くの人は初めからカプセルありきで楽しみますよね。



 個性的な全身メタリックパッケージに詰められているシガレットは、意外にも愛嬌を感じるシンプルなデザインとなっているのです。自慢のカプセルはフィルターの中腹に仕込まれていて、2列で配される空気穴よりも手前となっています。


[✓] 喫煙の感想・味・香り

 この煙草は、色々と用意された謳い文句のわりにはスタンダードな印象の煙草へ落とし込まれているといったところでしょう。

 まず、シガレットの香りですが、この段階では特にメンソールが強烈そうな印象も覚えませんね。ケントらしいというのか、もはやBATらしい自然な青臭さが印象的なメンソールの香りとなっています。

 喫味の方は、カプセルを潰さないで吸ってみると、それこそTar1mgに相応な味わいと思えるはずです。特別に清涼感が強いわけではないのですが、しっかりとメンソールシガレットらしい青臭さと軽快さが楽しめる味わいです。私的には非常に好感の持てる、ナチュラルなメンソールのキャラクターですね。

 そして、自慢のカプセルを潰して喫してみると、はてさて。何と言うのか、清涼感が増すというよりはメンソールのピリピリとした刺激と苦味が強くなる感じですね。

 確かに、それらの刺激や苦味が増すことにより吸い応えもグレードアップします。しかしながら、反面としてスースーする冷涼な質感は刺激と苦味のパワーに掻き消されてもいますね。マッシブなキャラクターに切り替わるような感じで、軽快ではないメンソールの一面を全て突っ込んでくる印象なのです。

 総じて、中々にカプセルの効果が思っていたものと違うのでした。ピリッと苦味や刺激の効いたパワフルなミント製品が好みの方は気に入るかも知れません。

 その反面で、フリスクやミンティアに「スーッと冷たい清涼感」を求めるようなタイプの方には、いまいちかも知れません。
 

Nutrition Facts
Serving Size: 1 Cigarette
Tar1mg Nicotine0.1mg
Strictly No Taking. Don't smoke until you are 20 years old.lol


▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「BAT Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る