Kent S Series Spark 1 100’s Box を吸ってみた

Kent S Series Spark 1 100s Box

Include the following / 抽烟印象・喫煙の感想 / Smoking impressions / Табачные впечатлени

 エスシリーズにラインナップされたフレーバー系メンソールのTar1mg。

 「ケント・エス・シリーズ・スパーク・1・100’s・ボックス」を吸ってみた。

 煙草が政治の道具として、異宗教を認めぬ弾圧の道具として、隠された色々な理由で異様に高騰する中で、このケントのエス・シリーズは比較的安価に提供されていることもあり、勢い良くシェアを伸長している銘柄だったりします。いつの世も高価だろうが納得した品を買いたい方がいれば、コストと内容の良い塩梅に落ち着きたい方もいるわけで、このエス・シリーズは正に後者をターゲットにヒットした銘柄ということですね。最近では、その証のようにTar1mgのノンメンソールとメンソールを擁するだけだったラインナップも非常に賑やかになりましたし、これまで馴染みも深いとは言い切れなかったスーパースリムシガレットを、メジャー級の認知度にまで引き上げた立役者と言っても過言ではないのです。

 しかも、このスパークシリーズは最近の流行りでもあるフレーバー系のカプセル入りメンソールシガレットとなっていて、安めのシリーズながらメーカーのエス・シリーズに対する注力にも本気の様相を感じずにはいられません。諸刃の剣とも言える価格を武器に、JTの牙城に挑む様を容易く察することが出来るのです。

Kent S Series Spark 1 100s Box Kent S Series Spark 1 100s Box

 シンプルなパッケージ背面のデザインでは、メンソールを強化するタイプではなく「香りを変えるタイプのカプセル」が仕込まれている旨が説明されているのです。

Kent S Series Spark 1 100s Box Kent S Series Spark 1 100s Box

 好き嫌いの分かれそうな中包装紙とフィルターチップは、ともに情報量が多めな印象ですね。空気穴は中くらいのものが2列で、やや口元寄りにカプセルが位置している様子。

喫煙の感想・味・香り

 この煙草は、詰まる所はメビウスのオプションと似たような味わいの煙草となっています。火を点けずともカプセルを潰して喫してみれば、比べると香気は控えめに感じるものの、先にJTより発売されているメビウスはプレミアムメンソールのオプションと同じような風味を感じることが出来るのです。

 喫味の方も、同じようなベリー系の果実を思わせるフレーバーですね。ただ、その濃い口で超重量級みたいな破天荒キャラクターのオプションとは似ていて微妙に異なります。この煙草の方が全体的にバランスの良い味わいとなっているために比べて万人向けな印象で、メンソールによる刺激や清涼感も強すぎない程度が程好く、フレーバーの濃さも良い塩梅に落とし込まれている様は中々に好印象。一本の喫煙も後半になると煙草らしい甘味すら顔を出し始めますし、喫煙後の後味もフレーバーによる風味が残りながら支配的な様子も無いために「煙草を吸った感じ」を与えてくれるテイストなので、充足感も確かなものとなっています。スーパースリムでTar1mgという仕様のわりに輪郭の丸い柔らかな質感の煙も、バランスの良さを感じるに一役を買っている感じですね。

 紫煙の香りも甘さは含んでいますが、あまり特殊には思わないだろうものとなっているため、喫煙所などで他の喫煙者に気を使う必要も無さそうです。

 総じて、オプションは「ブルーベリー系の芳香剤」と言った印象の爽やかさとは真逆の方向性を感じさせる主張の強い支配的フレーバーでしたが、この煙草は「ほんのりカシス風味のジュース」といった印象の共存性の高いフレーバーで、程好く瑞々しいフレッシュテイストなのです。あくまで、シガレットに添えるフレーバーの体裁を保っている感じは物足りなく感じる方も多いでしょうが、ちょうど良いと感じる方も多いはず。

 ちなみに、カプセルを潰さずに喫した場合も僅かにフレーバーを感じるものの、清涼感は控え目に優しい甘味とメンソールの青臭さが主役な味わい。

 まぁ、基本は潰すよね。

Nutrition Facts
Serving Size: 1 Cigarette
Tar1mg Nicotine0.1mg
Strictly No Taking. Don’t smoke until you are 20 years old.lol


▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「BAT Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る