Kent S Series Spark 5 100’s Box を吸ってみた

Kent S Series Spark 5 100s Box

Include the following / 抽烟印象・喫煙の感想 / Smoking impressions / Табачные впечатлени

 ケントのエス・シリーズはフレーバー系のメンソールシガレット。

 「ケント・エス・シリーズ・スパーク・5・100’s・ボックス」を吸ってみた。

 かさ張らないスリムなパッケージという機能性に100’sシガレットという人気の仕様と、併せて煙草が異様に高騰する中では嬉しい比較的低価格。それらを携えて、決して馴染みの深いものとは言えなかったスーパースリムシガレットというジャンルを、一気にメジャー級の認知度にまで引き上げた立役者と言っても過言ではないだろうケントのエス・シリーズ。そんな「細さ」と「安さ」を最大の武器に伸長している様が華々しいケントのエス・シリーズに追加された、これまた流行りのフレーバーカプセルを搭載したメンソールシガレットはスパークと銘打つ煙草なのです。

 他社もスーパースリムシガレットはポチポチとラインナップし始めましたが、やはりスーパースリムシガレット市場はBATの独壇場である様は否めませんね。

 ちなみに、タールバリエーションとしてTar5mgとTar1mgが同時にラインナップされましたが、こちらはTar5mgとなります。

Kent S Series Spark 5 100s Box 音波のような印象のエンボス加工が施されたパッケージの正面とは異なり、背面はツルッとフラットなテクスチャーとなっているのです。全体的には少し寂しい感じというか、適当に情報を配置した感じのデザインに思えますね。とはいえ、特にデザイン性を求められる製品ではないとも思うので、何も差し障りは無いのかな。

Kent S Series Spark 5 100s Box スーパースリムシガレットということで、パッケージは通常のボックスの約半分程度の厚みとなっています。胸ポケット派には嬉しい限りの仕様なのですが、角は丸みを帯びていないタイプなので、その角で衣服などの生地を傷めないように気を付けたいところ。私は過去に胸ポケットを角で破損したことがあります。

 それにしても、メタリックグリーンにメタリックブルーという差し色は中々に新鮮というか、そこにフレーバーのイメージカラーでもあるパープルも加わるため、ややセンスが悪いような散らかりようにも思る色使いですね。

Kent S Series Spark 5 100s Box フィルターチップのデザインはTar1mgと共通で、空気穴の量やレイアウトもTar1mgと比べて大差がないため、中々に見分けが付き難い感じ。

 何だか、ピッコロ・フリーザ・ギニュー特戦隊みたいなカラーリング。

 また、フィルターが柔いのかカプセルを潰そうとするとフィルターの中でカプセルが「ふにゅふにゅ」と逃げるように動くような感触がして、少しカプセルを潰し難いような気がしないでもありませんが、私が下手なのだと言われれば、それは確かに。

喫煙の感想・味・香り

 この煙草は、後発な上にメビウスのオプションシリーズとフレーバーが似ているがため比較されることも多いかと思いますが、その実は似ていながら確かな差異を感じられる喫味に仕上げられている「差別化」の様が非常に好印象な煙草となっているのです。

 フレーバーそのものはオプションシリーズと似ている、というか「同じ」と言っても間違いにはならない程に似通ったものとなっていて、ベリー系と例えるような印象のフレーバーですね。ただ、オプションシリーズは「ブルーベリー」の「芳香剤」といった印象の非常に強烈なフレーバーなのですが、この煙草は「カシス」の「ドリンク」といった印象のフレーバーとなっています。あちらは「香り」を思わせるフレーバーであり、こちらは対して「味」を思わせるフレーバーといった感じかな。伝わりづらいかな、分かるかな、この微妙な違い。

 強烈な香りのフレーバーと強い刺激や清涼感のメンソールが支配的なオプションシリーズに対して、この煙草は比べてフレーバーも控え目なので非常に共存性の高い仕上がりとなっているのです。近年のメンソールシガレットにありがちな清涼感やフレーバーだけが目立つ味わいではなく、メンソールシガレットらしい苦味や青臭さ、ほんのりとした甘さの余韻、それらが独特なフレーバーの内側に確かな存在感を与えられていて、それでいて全てが互い違いになることもなく一連でありながら1つ味わいを作り上げている様は非常にバランスが良く感じるため好印象。「せっかくならブッ飛ばしてみよう」みたいなキャラクターのオプションも天晴れではありますが、やはりバランスの良い味わいもイイよね、みたいな感じ。

 何より、フレーバーよりも心地の良い甘味を含む点こそが特徴的に思えます。この甘味は、同社のクールはナノ・ブリザードを思わせるようなシナモンチックな甘味なので、BATらしさと言っても良いのかな。主張が強くともバランスを重視し、それでいて個性もあるのだから大したものです。

 まぁ、二番煎じであることは否めませんので、個性云々は御門違いと言われてしまえば、それまでですが。安くて似ているからと侮るなかれな、中々に優秀な煙草なのでした。

 ちなみに、カプセルを潰さないとフレーバー感は殆ど無く、清涼感は強めにメンソールらしい苦味と青臭さがプッシュされた王道的メンソールシガレットといった味わいで、やや紙臭さや酸味も含むため、基本的にカプセルは潰した方が良い感じなのです。

 また、シガレットの香りが、今はなき「フラノ」を思わせる香りだったことは意外でしたね。

 唯一の欠点を強いて挙げるなら、クールのナノ・ブリザードと同じく独特ながら心地の良いシナモンチックな甘味が吸い易さを挺するせいで、ついつい喫煙本数が増えがちになってしまうことでしょうか。程好いフレーバーの加減やメンソール感も見事に拍車を掛けてくれますし、気が付いたら細いのに吸い殻が山盛りなんてこともありそうです。

 まぁ、これは良いことの裏返しでもあります。

Nutrition Facts
Serving Size: 1 Cigarette
Tar5mg Nicotine0.5mg
Strictly No Taking. Don’t smoke until you are 20 years old.lol


▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「BAT Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る