Kent Taste Plus 8 KS Box を吸ってみた

Kent Taste Plus 8 KS Box

Include the following / 抽烟印象・喫煙の感想 / Smoking impressions / Табачные впечатлени

 価格が安めなケントのテイストプラスシリーズはTar8mgの製品。

 「ケント・テイストプラス・8・KS・ボックス」を吸ってみた。

 ケントのラインナップでは珍しい印象のTar8mgですね。このテイストプラスシリーズは「細くても安い」で好評を博している同社のナノテックシリーズやエスシリーズに倣うように安めの同価格で販売されているのですが、人工添加物不使用で厳選バージニア葉を使用という、中々に価格不相応と思えるような文句を掲げているということが一番の特徴だったりします。

 まぁ、陰謀論も陰謀論の否定も大好きな私なんかは「高級」ではなく「厳選」と言うあたりに何かワクワクを感じてしまったりもしますが。

 ちなみに「人工でない添加物」よろしく「自然由来の添加物」は使用していて、まさかの単一ブレンドではないはずなので、厳選バージニア葉「も」使用という点には御留意を。

Kent Taste Plus 8 KS Box 最近のケントに倣ったパッケージ背面のデザインは、かなりギラギラとしたシルバーカラーとなっているのです。

 ただ、残念ながら鏡の代わりとはなりません。

 まぁ、これは煙草ですから。

 あと、ここ最近のケントのパッケージデザインに対して思うことが多いのですが、毎度のこと「差し色のセンスがビミョー」な気がしませんか?

Kent Taste Plus 8 KS Box 能書きとしては「吸い込む煙の流れを整えることにより味わいを向上させる」と謳うジェットフィルターを搭載しています。口元側から「筒状フィルター・プレーンフィルター・チャコールフィルター」という順番の三層構造のフィルターで、口元側の5mm程度が筒状となっている点が特徴なのです。

 煙の整流効果という目では確認することも難しい効果なのですが、ジェットと謳う手前、吸い込む煙が広がらずに「一本筋」のような感じで勢いも強めに入ってくるのでしょうかね。

Kent Taste Plus 8 KS Box グレースケールを基調にしているバリエーションの中で、唯一「青」という色味を含んだフィルターチップのデザインは、他より引き締まったように印象も異なるのです。

 ただ、どうにも「ジェット感」をイメージ出来ないデザインが妙に気になってしまいます。

 ちなみに、チップの柄で分かり難くなっている空気穴は、間隔を広めに小さいものが2列で配置されています。

喫煙の感想・味・香り

 この煙草は、ジェットフィルターのケントらしい「軽快なキツさ」と、テイストプラスシリーズらしい「一癖ある味わいの柔和さ」が程好いバランスで仕上げられているのです。ジェットフィルターのケントらしいアタックの鋭さも持ち合わせてはいるのですが、それはテイストプラスシリーズらしく比べて控え目な印象ですね。同シリーズらしい素朴な甘味の味わいが幾らかジェットフィルターによる「キツさ」緩和しているため、とってもバランスが良いと思える味わいとなっています。

 同シリーズのTar10mgと比べるてみても、タール数値が適度に減らされていることに相対して素朴な甘味が前に出て独特な酸味が抑えられているいるので、現在のケントのラインナップでは取分け穏やかな印象を受ける喫味です。通常のケントと比べても甘味などの味わいが増して穏やかな質感と喫味のテイストプラスシリーズらしい個性が際立っているように思えるので、中々に好印象ではないでしょうか。

 煙量による「キツさ」という吸い応えは適度に控え目となり、それにより風味が程好く浮き立つ様は、まさにライトバリエーションの良いところを押さえた優秀な仕上がりなのです。

 しかも「キツさを抑えた」とはいえ、それは煙の量感によるところに限り、ジェットフィルターらしく軽快なアタックのキレを持ち合わせることによる「吸い応え」は適度にして上々なので、今の世のニーズには非常にマッチしていると思えます。

 しかもしかもで、安い。

 ケントのジェットフィルター製品は、総じて表示のタールクラスよりワンランクアップの吸い応えを呈してくれますし、このテイストプラスシリーズも穏やかな質感と喫味を持ち合わせながら例に漏れていないので、穏やかと言えど中々にツボを押さえているのです。スタンダードなケントのラインナップは吸い応えの向上をジェットフィルターによるアタックの強さに傾倒しすぎている感じも否めず、やや味わいは淡白な気もするので、ジェットフィルターによるシャープな質感とテイストプラスによる喫味の味わいの双方を用いて充足感を満たしてくれるであろう様が非常に好感を持てる仕上がりです。ジェットフィルター化でケントを離れたユーザーも試してみる価値はありそう。

 同シリーズのTar10mgよりも更に穏やかでありながら、その吸い応えはクラスの差ほどに違いを感じないため、味わいの傾向で選べる点も嬉しいポイントですね。酸味などの一癖が欲しければTar10mgで、その一癖が要らなければTar8mgを、みたいな。

 価格こそ安めですが、実のところスタンダードのケントより上品な様は、中々に侮れません。少し癖はありますが、価格不相応に上品で穏やかな味わいの良い煙草なのでした。

 あ、穏やかと言っても、中々にパンチはありますよ。あくまで「スタンダードなケントと比べて」の話です。

 普通のケント、売れなくなってしまうのではないかな。

Nutrition Facts
Serving Size: 1 Cigarette
Tar8mg Nicotine0.8mg
Strictly No Taking. Don’t smoke until you are 20 years old.lol


▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「BAT Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る