Kiss Energy を吸ってみた

[✓] Include the following : Smoking impression

 概要:紙巻「キス・エナジー」の喫煙感想

Kiss Energy

 エナジーと謳うキスのフレーバーシガレット。紙巻「キス・エナジー」を吸ってみた。


 女性志向モノの中でも珍しい扱いの「キス」というロシアのブランドで、エナジーと謳うカクテルフレーバーのシガレットです。他のキスと同様にスーパースリムシガレットとなっていて、やはり同じようにTar5mgのみのラインナップとなっています。

 そんなキスというブランドは、スタンダードなノンフレーバーにメンソールとオーガニックをラインナップし、他にもストロベリーやフレッシュアップルなんてフレーバーシガレットもラインナップしている、中々に個性も豊かな展開が魅力的なブランドですね。スーパースリムやフレーバーにオーガニックまでもと、中々に流行りの要素を盛り込んだラインナップは確かな味わいと相まって良い煙草たちとなっているのですが、ヒットしているかと言われれば何故か今一つな様子で、やはり展開力の都合でしょうか。

 キスは決してイロモノとばかりにはならない、良いシガレットばかりなのに。


Kiss Energy
Kiss Energy

 パッケージは新デザインとなっていました。特徴的な形状の警告文は廃止されたようで、より絢爛なデザインへと装いを改めていますね。以前とは異なり絢爛なデザインは要所に光沢加工をしていたりと全体的な質感は上がったように思えますし、より女性らしいデザインとなったのではないでしょうか。


Kiss Energy

 インナーカットの形状や中包装紙の花柄デザインは引き続きとなっていました。そのインナーカットや銀紙は銘柄のイメージカラーに合わせた色になっていたりと、よりデザイン性に富んだ仕様へ様変わりしているのです。

 ちなみに、開閉部の内側に記された「Made by DONSKOY TABAK」というメーカー表示も健在ですが、さり気なくフォントがオシャレなものへと改められていますね。

Kiss Energy

 キスのチップデザインはフレーバーシガレットではグラデーションが施されていて、ノンフレーバー銘柄と比べると鮮やかな印象となっているのです。もちろん、以前から採用されているパール調のキラキラとした加工も施されています。空気穴は小さめが直線で2列のレイアウトで、フィルターはプレーンフィルター仕様。


[✓] 喫煙の感想・味・香り

 この煙草は、私感では個性的なキスのラインナップでも、最も個性的な煙草となっているように思えます。

 まず、オープンテープを取り除いた時点で漏れ出す香りは、芳醇なレーズン入りのバターロールのような香りです。これがまた、とっても良い香りですね。

 その一方でシガレットの香りはというと、ミルクチョコレートのような甘さが印象的な香りとなっています。そこにアクセントとしてレーズンっぽいフルーツソースのような香りも感じられますが、やはり良い香りです。

 ちなみに、火を点けずに吸うと、少しスイカバーっぽい風味がしました。

 喫味の方は、あからさまに何と思えるフレーバーでもないためか、キスのフレーバーシガレットの中では最も「フレーバー感」が少ないといった印象の味わいとなっていますね。ストロベリーやフレッシュアップルのように分かりやすいフレーバー感ではないため、ふんだんな香料で加香したシガレットを好む傾向の日本人からしてみれば、あまりフレーバーシガレットとは思えないかも知れません。

 これは、どちらかと言うと味わいよりも「質感」として面白味を覚えるような喫味に思えます。バターやクリームのような油脂系の「まろやかさ」に富んでいて、心地の良い香ばしさが印象的な喫味なのです。

 もちろん、パンチ感こそ抑えられているもののキスらしくボディは非常に豊かなものとなっているため、これまた吸い応えは上々です。それでいて香り高い独特の「まろやかさ」が口当たりの良さも付加しているため、意外にも「こってり濃厚」といったような味わいと質感が印象的なのです。こってりまろやかさに隠れがちですが、ほんのりと華のあるフレッシュなフルーツ感も感じられますし、さしずめ先の「まろやか」な質感と相まり「マンゴー」のようにも思える味わいかも知れません。

 この煙草は喫煙後の余韻も鼻腔に強くバターライクな香ばしい甘さが残りますし、何だかマンゴープリンを食べた後みたいな感じにも思えますね。ラインナップでは「エナジー」と冠するのみで中々の不明瞭さを感じさせる銘柄ではありますが、喫味の方も分かりやすさこそ無いながら、むしろラインナップの中では最も個性的な味わいの煙草となっています。これはカクテルフレーバーというよりも、昔の「エキゾチック・マンゴー」という銘柄を思わせる節が味わいの要所に散りばめられているため、どちらかと言うとマンゴーフレーバーみたいに思えるのです。

 総じて、こってりとした特有の質感にキスらしい豊かなボディと、中々に重量級と言わんばかりな様相のコンビネーションのようで、まろやかさが程好くマイルドな軽快さを添えてくれている何とも良く出来た煙草となっています。やはり、もっとキスは認知されるべきブランドではないでしょうか。見てくれだけは男性にとって扱いにくいブランドかも知れませんが、是非とも女性愛煙家には選択肢の一つとして受け入れてもらいたい煙草なのでした。

 ちなみに、紫煙の香りも甘い香りとなっていますが、ストロベリーやフレッシュアップルと比べれば、いくらか特異性も控え目な香りです。そこまで周囲に気を使う感じはしません。

 私的には、キスの中で一番に好きな銘柄なのです。

Nutrition Facts
Serving Size: 1 Cigarette
Tar5mg Nicotine0.5mg
Strictly No Taking. Don't smoke until you are 20 years old.lol


▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「Other Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る