Kiss Romantic を吸ってみた

Kiss Romantic

Include the following / 抽烟印象・喫煙の感想 / Smoking impressions / Табачные впечатлени

 ロシアのスーパースリムシガレットはキスのTar3mg。

 「キス・ロマンティック」を吸ってみた。

 女性志向な特性のスーパースリムシガレットをラインナップする、ロシアは「キス」というブランドの煙草です。そんな「キス」は、フレッシュアップルにストロベリーやエナジー(カクテルフレーバー)と、フレーバーシガレットも多彩にラインナップしているのですが、このロマンティックは「ノンフレーバー」となっています。

 ただ、タールバリエーションとして「ドリーム」と冠するTar5mgも取り揃えられていて、フレーバーシガレットばかりが目を引きがちながら、スタンダードなノンフレーバーも何気に親切なラインナップだったり。ちなみに、この「ロマンティック」はTar3mgなのです。

 また、面白いフレーバーシガレットが並ぶキスの中では、やや「ノンフレーバー」と一見の面白味には欠くかも知れませんが、タールバリエーションのドリームが「そうはならぬ」と中々に面白い味わいであったように、その下属であるロマンティックも面白い味わいの煙草です。

 とまぁ、先に少しだけ述べてはしまいましたが、この「ロマンティック」もキスらしいキャラクターに溢れる煙草なので、そう「つまらなさそう」と邪見にせず、後々へ宜しくお願いします。

Kiss RomanticKiss Romantic

 女性志向感に溢れるパッケージは、要所に光沢加工を施したデザインとなっていて、メーカーのウェブサイトによるとキスは2014年の2月から、このようなパッケージデザインにデザインを刷新したようですね。流通上のタイムラグなのか、国内流通品は遅れての変更となっているようですが。

 ちなみに、パッケージの製造精度がよろしくないのか、私が購入したキス・ロマンティックは画像の通りに警告部分の縁取りが少し歪んでいました。

Kiss RomanticKiss Romantic

 パッケージ背面は正面とは少し趣が異なり、光沢加工は施されていません。しょせんは裏ということで、ケチったのでしょうか。

Kiss Romantic 極細なスーパースリムシガレット銘柄なので、ボックスの厚みは一般的なシガレットボックスの半分程度となっている極薄パッケージ。ケントなどのスーパースリム製品の伸張も手伝ってか、今となっては特段の珍しさも感じなくなった仕様ではありますね。ちょいちょいへし折ってしまったりする点は御愛嬌。

 また、日本は多くの国とは異なり、スーパースリムだから女性志向とは言い切れなくなった時代でもありますね。ユニセックスもしくは男性志向の強いスーパースリムも増えてきました。

Kiss Romantic インナーカットのデザインは以前のパッケージデザインの頃から引き続きとなっています。ただし、中包装紙は柄こそ変わらないものの、銀色のものから各バリエーションに合わせたカラーリングの銀紙へと変更されているのです。開閉部の内側に記された「Made by DONSKOY TABAK」も健在ですが、フォントは改められていますね。

Kiss RomanticKiss_Romantic_09c

 シガレットデザインも以前のパッケージデザインの頃から引き続きとなっている様子なのです。パール調のキラキラした素地に淡い色で控え目に柄がデザインされたチップは、キスのロゴマークと相まって女性誌交換に満々。

 また、フィルターはドリームと同じくプレーンフィルター仕様となっていて、空気穴も同じように小さめのものが2列で配されているのですが、やはり直線状での配置ではなく「緩やかに波打つようなレイアウト」となっているのです。地味ながら独特な空気穴なので、何か効果を狙ってのレイアウトなのかも知れません。

喫煙の感想・味・香り

 この煙草は、やはり同じくノンフレーバーのタールバリエーションは「ドリーム」と同様に、ノンフレーバーだからといっても中々に面白い味わいの煙草となっているのです。

 まず、シガレットの香りですが、ノンフレーバーと謳いつつも中々にフレーバーチックな甘い香りが特徴的となっていますね。何だろう、ふんわりとベリーのようなカシスのようなニュアンスが見えるように、甘酸っぱくフレッシュな感じの香り。これは何となく「ピース」の香りと似ているようにも思えますし、そのピースから量感や華々しさを引いて「ふんわり」と穏やかな要素に差し替えたような香りに思えます。

 喫味の方も、ドリームで感じたように中々の面白い味わいとなっていますね。素敵な甘味が目立つ心地の良い喫味で、口当たり良く吸いやすい質感ながらTar3mgにしては豊かなボディが量感としても満足感を与えてくれる、個性も確かに感じられながら非常に秀逸なバランス感の仕上がり。

 ただ、ドリームとは異なりTar3mgへとタール数値を下げられているからか、それのようなガッツリ感は味わいでも薄らいでいて、わりと順当に女子ウケも良さそうな「ふんわり」と女性志向な味わいに様変わりしています。柔らかい質感と、それに見合った優しい甘味が印象的。質感は変われども、やはりキスのノンフレーバーは、この独特で素敵な甘味こそが最大の魅力と思います。立て続けに喫しても決して嫌な味わいは突出せず蜜のように輪郭が増す程度なので、ついつい軽さと相まって本数は増えがちですが、これは良いシガレットである一つの証ですね。

 後味の余韻も、ドリームでは煙草感も相応に感じられましたが、ロマンティックでは甘味と穏やかな甘さの香気が程好く、それでいて確かな存在感で残る感じが素敵なもの。

 総じて、このロマンティックとタールバリエーションのドリームは、味わいこそスイートなテイストに共通しながら、中々の迫力をボディに有していた密度感の高いドリームとは異なり、ロマンティックは「ふんわり」と柔らかな質感が印象的となっています。どちらもタール数値や外観的キャラクターのわりには吸い応えも高い仕上がりなので、単なるタールバリエーションとはせずに質感の傾向に好みを合わせて楽しむことが良い感じに思えるのです。

 取り分け、フレーバーシガレットが目立つラインナップのキスですが、その実は「ノンフレーバー」こそが魅力を輝かせているブランドかも知れません。ノンフレーバーなる看板に没個性を覚えて見向きもしないなんて様は非常に勿体無く思えますし、一度でも喫すれば眼鏡の曇りは晴れると思えるのです。特に、私的にはキスのノンフレーバー、詰まるところドリームとロマンティックの「シガレットの香り」が非常に素敵に思えます。入手性に難があることは全く以て否めませんが、是非とも女性志向なブランドとして、それこそピアニッシモやバージニアと同じように広く認知されてほしいもの。

 また、見てくれやブランド特性に男性は難色を示すかも知れませんが、味わいとしては男性でも十二分に満足と足る内容だと思います。スーパースリムシガレットが性別に関係せず普及してきた昨今で、是非とも輪の中に入ってほしい煙草なでした。

Nutrition Facts
Serving Size: 1 Cigarette
Tar3mg Nicotine0.4mg
Strictly No Taking. Don’t smoke until you are 20 years old.lol


▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「OTHER Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る