Kool Escape L.A.Swash 5 Box を吸ってみた

Kool_Escape_L.A.Swash_

Include the following / 抽烟印象・喫煙の感想 / Smoking impressions / Табачные впечатлени

 まさかの14本詰めという特徴を捨てて登場した新たなエスケープシリーズの一つ。

 「クール・エスケープ・L.A.スウォッシュ・5・ボックス」を吸ってみた。

 流行りのフレーバーカプセルによる異国情緒の溢れるフレーバーと、14本詰めというパッケージングが特徴的なシリーズであるクールのエスケープシリーズ。そんなエスケープシリーズへ新たに加えられた新製品は、まさかの20本詰めなのです。

 この煙草は、銘柄名からも察しの通り「ロサンゼルスのビーチ」をイメージしているそうで、引き続き「エスケープ」たる異国情緒な要素は踏襲されてはいるようですね。しかし、やはり14本詰めというのはイマイチだったのでしょうか。この煙草と同時に発売した「アイスランド・ダイブ」も20本詰めですし、エスケープシリーズのスターティングメンバーであった「マイアミ・ブリーズ」は早々に廃止となりましたし。何だか、少し統一感に欠くラインナップのシリーズとなってしまいましたね。

 ちなみに、この新たな20本詰めのエスケープシリーズはカプセル入りのクールですが、価格はカプセル無しのクールと同価格にて展開されています。

Kool_Escape_L.A.Swash_ Kool_Escape_L.A.Swash_

Kool_Escape_L.A.Swash_ アイスランド・ダイブと同様に、今回のエスケープシリーズの二種は「遊び要素」がパッケージデザインに配されているとのことです。このL.A.スウォッシュでは「桟橋の脚の形がLOVE」という、少し小っ恥ずかしい感じの遊び要素が隠されていたりします。画像では分かりにくいかも知れませんが、実物でも視認難度は同じ感じですよ。

 何と言うのかな、若者が好きそうな感じなのかも知れませんが、非常に小さくデザインされている隠し要素なので、凝視しないと分からないレベルであることも含めて若者向けな感じ。

Kool_Escape_L.A.Swash_ Kool_Escape_L.A.Swash_

Kool_Escape_L.A.Swash_ 中包装紙は先のエスケープシリーズに倣い、銘柄名をデザインしたオリジナルの銀紙が使われています。しかしながら、やや「やっつけ感」のあるフィルターチップデザインというのか、アイスランド・ダイブのデザインをテキトーに流用した感じがハンパではありませんね。色々と間に合わなかったゲームのような感じ。

 仕様としては小さめの空気穴が1列で配されていますが、やはりアイスランド・ダイブと同様に指の下に隠れやすい配置ですので要注意です。カプセルの配置も同社製品らしく中央寄りとなっていて、カプセルは口元側に配されることが多くなってきた今では少し珍しい感じですね。

喫煙の感想・味・香り

 この煙草は、まとまりは良い煙草でありながら、あまり目新しさは感じられない「定石」を踏襲したかのような煙草となっているのです。

 カプセルを潰して吸う喫味の方は、もはやフレーバーカプセル搭載のメンソールシガレットでは定番とも言える味わいでもある「ベリー系」を思わせるフレーバー感のメンソールシガレットとなっています。詰まるところ、同社の製品ならケントのエスシリーズにラインナップされているスパークで、もっと起源に寄るなら日本たばこ産業のメビウスにラインナップされているオプションシリーズと似たような傾向のフレーバーですね。

 と言うことは、必然的に同じくエスケープシリーズの「バリ・サンセット」とも似たようなフレーバーとなっているのです。

 ただ、一応は当たり前と言えば良いのか、それらと全く同じと言うわけではありません。どれとも微妙に異なるキャラクターではあり、あくまでフレーバーのキャラクターが同系統と言った仕上がりではあります。この手のベリー系フレーバーを特徴とする製品の中では、比べてL.A.スウォッシュのフレーバーは控え目となっているのです。しっかりとメンソールシガレットらしい味わいを軸としてフレーバーが添えられている、何ともバランス感の良い味わいとなっている感じかな。

 これはBATのメンソールシガレットらしいというか、クールらしい「ほっこり」な甘味のベーステイストも確かに感じられ、それこそクールらしい「青臭さ」も含まれるために、中々にメンソールシガレットとしての吸い応えも上々。このベーステイストとのパワーバランス感が、バリ・サンセットのような「まったり感」とは少し異なる「爽やかさ」を演出していて、中々に表現の巧さを感じられたりなんだり。

 まぁ、目を閉じて喫すれば、そのバリ・サンセットとの区別は付かなさそうではありますが。強いて言うなれば、この煙草の方が甘味が豊かであり、あっさり加減なフレーバーの香りが爽やかさを演出しているのかな。

 総じて、微々たる違いは感じるものの、先のバリ・サンセットとの差異は微妙といったところで、やはり大きな違いと言えば入り本数くらいなのかなと言った様に落ち着いてしまっている感じは否めません。他社が思い切った新フレーバーを開発し続けている最中で、やや「やりきっていない感」は強く印象に残ってしまいます。それは逆説的に言えば、かなりアンパイではありますが、それで良いのかと思ってしまいますし。

 私的にはBATと言うと、ソニーのように競合を気にせず新しい風を吹かすイメージが強かったののですが、最近は足並み揃えるどころか、二番も三番もと遅れて煎じるような立ち振舞いに少し残念を覚えたりなんだり。この煙草の登場により、よりイメージが「そのような感じ」に変わってしまったのも事実です。

 良い煙草なのですけれどね。少し残念な気持ちかな。

 ちなみに、カプセルを潰さないと苦味と酸味が少し強めに、紙臭さも感じられる異国情緒の無いメンソールシガレットになりますので、基本はカプセルありきと言った感じ。

Nutrition Facts
Serving Size: 1 Cigarette
Tar5mg Nicotine0.4mg
Strictly No Taking. Don’t smoke until you are 20 years old.lol


▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「BAT Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る