Kool Maxx 8 Box を吸ってみた

[✓] Include the following : Smoking impression

 概要:紙巻「クール・マックス・8・ボックス」の喫煙感想

Kool Maxx 8 Box

 ブーストシリーズを超える強メンソールが謳い文句のクール銘柄。紙巻「クール・マックス・8・ボックス」を吸ってみた。


 より強いメンソール感を求める市場に向けて登場した、メンソール増強用のカプセルを搭載したメンソールシガレットです。クールブランドの強メンソールでカプセル搭載といえば、既にブーストシリーズがラインナップされていますね。この煙草も、パッと見のポジションはクールのブーストシリーズの上位互換のような感じなのように思えるのです。

 その実態としては「ブーストシリーズの存在意義は?」や「味わいも異なるの?」などなど、気になるところは色々といったところ。

Kool Maxx 8 Box

 このデザインが基調になってからのクールのパッケージは、私的に中々にツボなデザインだったりします。背面にも大きくロゴをレイアウトし、インパクトがありながら嫌に洒落っ気を醸さないといった感じの「正に裏」なデザインも非常に好みなのです。

 しかしながら、黒いパッケージのメンソール製品というのも板に付いてきましたね。

Kool Maxx 8 Box

 ちなみに、発売当初は今のようにグリーンの差し色も無く、ブラック&ホワイトのベースカラーに差し色はレッドというカラーリングのパッケージなのでした。まるでメンソール製品な感じを覚えさせないメンソール製品として、当時では中々に斬新なパッケージであったのではないかと思います。 

Kool Maxx 8 Box

 ラインだけはメンソールシガレットらしくグリーンなのですが、それ以外のデザインはブラックで統一されているため中々に新鮮な印象を受けるフィルターチップのデザインなのです。ここまでハッキリとしたブラックって、あまりフィルターチップには用いられない気がしますからね。要素としては非常にシンプルだからこそ、この印象の強さは不思議です。

 仕様としては小さめの空気穴が1列ですが、その空気穴はフィルターの中腹に配されたカプセルとの位置の都合で塞ぎがちなので、やや喫煙の際には注意が必要なのです。


[✓] 喫煙の感想・味・香り

 この煙草は、見てくれでブーストシリーズの延長線上かと判断すると少し違和感を覚える喫味となっているのです。その実、かなり割り切ったキャラクターの喫味に仕上げられていて、ざっくりと言えば「刺激」と「苦味」で喫味の大部分が占められているような印象ですね。マックスと謳うメンソールフレーバーは「清涼感」という涼し気なテイストを殆ど感じさせず、風味の方もクールの独特な甘味は無く、その代わりに苦味がプッシュされている感じかな。

 そんな味わいとしては、非常に刺激的でありながら非常に淡白という「特化型」なのだと思います。狙ってかは知りませんが、ブーストシリーズとの確かな住み分けを成しているのです。

 総じて、喫煙に風味や味わいを求めるのか、吸った感じや吸い応えという感覚を求めるのか、その差で価値が大きく変わりそうな銘柄です。私的には、もう少しでもいいから味わえるような要素があれば良いなぁ、といったところ。

 しかしながら、それではブーストシリーズとの差異が無くなりそうなので、それは論外ですね。

Nutrition Facts
Serving Size: 1 Cigarette
Tar8mg Nicotine0.7mg
Strictly No Taking. Don't smoke until you are 20 years old.lol


▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「BAT Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る