Kool Premium Fresh 5 Box を吸ってみた

[✓] Include the following : Smoking impression

 概要:紙巻「クール・プレミアム・フレッシュ・5・ボックス」の喫煙感想

Kool Premium Fresh 5 Box

 同時に発売されたTar8mgとともにタールバリエーションを構成するTar5mg。紙巻「クール・プレミアム・フレッシュ・5・ボックス」を吸ってみた。


 このプレミアム・フレッシュというシリーズは、ターボフィルターとフレッシュロックとファインカットと、何とも豪勢に三点仕様を持ち合わせてリリースされたクールファミリーのシリーズなのです。

 とは言え、ターボフィルターはケントのジェットフィルターと同じく整流効果を狙ってフィルターの口元側5mm程度を筒形にしたものですよね。フレッシュロックも現行のダンヒル・ファインカットに搭載されているリロックと同じくで、中包装紙をシールにしてシガレットの鮮度維持を図っている仕掛けです。

 残るファインカットも、そのダンヒル・ファインカットで用いられている仕様と同じく、裁断回数は異なるかも知れませんが従来品より細かく裁断した煙草葉を使用していることを示しているようですし。

 このように、特別に何か新しい仕掛けが施されているわけではないのですが、それらを一つの銘柄に集約しているということは中々に本気様相な銘柄だったりします。特に、メンソールにリシーラブル包装が組み合わされたことは本邦初で、かなり理に適った仕様なのです。

 ノンフレーバーシガレットの香気の飛散よりもメンソールシガレットのメンソールの飛散の方が顕著に体感しますし、それを品質劣化だとすれば劣化を抑えられるフレッシュロックは正にメンソールシガレットのためのものとも思えますから。私のように、シガレットの消費量が比較的少量な喫煙者にとっては、パッケージ開封後の鮮度維持に役立つと仕掛けは大歓迎なのです。

 私自身、ダンヒルのリロックという仕掛けを初めて見たとき「これはメンソールシガレットに搭載する事の方が有益なのでは?」と思いましたし。


Kool Premium Fresh 5 Box

 マットで質感の高いテクスチャーのコーナーカットパッケージで、このTar5mgは所々にシルバーを配色しているためにTar8mgのパッケージよりもメリハリを感じます。


Kool Premium Fresh 5 Box

 フレッシュロックという仕掛けは、こんな感じです。再粘着可能なリシーラブル仕様の中包装で、簡単なイメージでいうと「ウエットティッシュのパッケージ」みたいな感じとでも言えば良いのかな。

Kool Premium Fresh 5 Box

 Tar8mgと同じように、外装ビニールのパッケージ背面には分かりやすいフレッシュロックの説明がプリントされているのです。何気にプリントされている絵のパッケージが、きちんとTar5mgのカラーリングになっていたりします。 この地味としか言いようのない細かい仕事には、中々に好感を持ちます。

Kool Premium Fresh 5 Box

 フィルターの口元側の5mm程を筒状にしたターボフィルターは、こんな感じです。これはケントのジェットフィルターと全く同じ内容となっていて、機能としても同じく整流効果による風味の向上を図っているとのことなのです。

 ちなみに、同じ空洞でも、冷却効果を謳うパーラメントのリセスドフィルターとは狙う効果が違うわけですね。

Kool Premium Fresh 5 Box

 淡い灰色が基調のフィルターチップのデザインは、Tar8mgのチップと変わりがない感じなのです。空気穴は小さめが間隔を狭めに1列で、ターボフィルターを搭載する代わりなのか、流行りのメンソールスレッドやカプセルは搭載されていませんね。最近のBAT社は灰色のチップを多くリリースしている気がします。


[✓] 喫煙の感想・味・香り

 この煙草は、順当にTar8mgのプレミアムフレッシュの軽量版といったところなのですが、不思議と「3mg分の充足感の減り」というのは感じない気がします。タール数値が3mgだけ減った分、空気量が増えているのかTar8mgの方よりもスースーする清涼感が増してはいますね。

 しかしながら、その他の甘味や苦味に青臭さなどは程よく据え置きのような感じです。煙量は明らかに減ってはいますが不思議と充足感はTar8mgと差が無いように思えるのです。これは軽量化しても味わいが薄らいでいないから、なのかも知れません。

 また、空気量が増えたためかは分かりませんが、Tar8mgと比べて「歯磨粉っぽいテイスト」を顕著に感じられる気もします。これは中々に5と8で選択に困りそうなのですが、よりスースー&ひんやり感を楽しみたければTar5mgの方に軍配が上がるのでしょうね。

 基本的な味わいはTar8mgと同じくナノブリザードのクリアー版のような感じですが、スースー感が増している分だけ少し別系統な雰囲気を漂わせています。

 ちなみに、これもTar8mgと共通していることなのですが、イマドキのメンソールシガレットと比べて甘味の他に苦味や青臭さもハッキリと感じられるメンソールテイストとなっています。もしかしたらメンソール愛好家でも好き嫌いが分かれそうな気もしますが「これぞ王道を踏襲した進化系」のようにも思えますし、試す価値は十二分にあると思うのです。

 あとは、私のように比較的シガレットの消費量が少ない喫煙者にとっては、鮮度維持に一役を買っているフレッシュロックは非常に有り難い機能なのです。ただし、その反面で一日一箱分といった方にとっては鮮度が落ちる間もないと思いますし、シガレットを取り出す手間が増えるというデメリットの方が勝ってしまう気もします。この点はプレミアムと銘打ってもいますし、正に「嗜む」といった程度の喫煙者こそ笑顔になれる銘柄なのかなと思わなくもないですね。

 総じて、MIXXのような強烈なスペアミント系の甘さに傾いた変わりダネなどもラインナップしているクールファミリーですが、このプレミアム・フレッシュはクール本来の「王道らしさ」を進化させた非常に好印象な銘柄なのです。

 ・・・で、こちらもフレッシュロックの効果を知るために三週間ほど放置して喫煙してみたところ、やはり日の経過からは考えられない程にテイストを維持していたので驚きでした。しかも、Tar8mgと比べて空気の量が多いからか、そのTar8mgよりも明らかに喫味の変化は小さく感じます。清涼感も大差が無いので、フレッシュロックの効果を知るにはTar5mgの方がオススメなのかも知れません。

Nutrition Facts
Serving Size: 1 Cigarette
Tar5mg Nicotine0.4mg
Strictly No Taking. Don't smoke until you are 20 years old.lol


▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「BAT Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る