WR250X クリーガのフォークシール装着

Kriega Fork Seal Covers 私も使用しているWR250Xは、アウターチューブが上部にレイアウトされた剛性感たっぷりな倒立フォーク仕様です。

 ということで、付けます。

 フォークシールカバー!

 WR250Xはフロントが倒立フォークなので、お漏らし対策にドレスアップも兼ねてフォークシールでも装着しておこうかなと思い、クリーガのフォークシールを装着してみた件なのです。


▼なぜフォークシールを守るのか


 フォークシールはフロントサスペンションのオイルが漏れないように密閉する機能を有しているのですが、サスペンション機構という可動部であるが故にゴミなどで傷がつき削れてしまったりすると、アウターチューブが上部にレイアウトされている倒立フォークではオイルが漏れて主に財布が大惨事となってしまうのですね。そのため、シールを傷つけないようにカバーをすれば、ゴミや汚れからシールを守ることが出来るだろうと。


▼意外と色々と存在


 あまり選べるほどリリースされてはいないのだろうと思いきや、意外にも「その手」のメーカー各社からリリースされているようで、それこそ先のバーパッドの件で世話になったアチェルビスなんかもリリースしている様子ですし、ダートスキンとかいうメーカーもリリースしていて、この二社製品が二強な感じに見て取れますね。

 まぁ、アチェルビスの「ネオプレーンゲーター」とかいう該当製品は正立フォーク向けのフォークブーツ代替品みたいな感じに見えたので却下し、ダートスキンの製品は倒立フォーク用で定評のある製品のようですが、どうにも趣に求めるものと異なる感じがするので却下。

 悩んだ結果、ちょうどウエストバッグやシートバッグの購入で物色していた英国は「クリーガ」というメーカーのラインナップにフォークシールがあるではありませんか。ということで、クリーガのフォークシールを使用することに決めました。


▼装着してみる


Kriega Fork Seal Covers とっても良い感じ。

 装着に際して位置の加減がイマイチで、何がメーカーの望むところなのか今一つ分からず、メーカーのウェブサイトの画像を参考に位置を決めてみました。

 多くの他社製品と同じように伸縮性のあるネオプレンを素材に用いているため、伸ばして縮んでピチっとタイトに装着される感じで、流行りに倣いフォークを分解せずとも装着が可能なベルクロテープで巻きつけるタイプなのです。

 ちなみに、かなりタイトな素材と寸法なので、装着前にエキスパンダーよろしくな伸ばし作業をして装着しましたが、歪みを少なく綺麗に装着するには中々に力作業を強いられました。まぁ、言うほどの苦労でもないのですけれどね、か弱い女の子は大変かもね、か弱い女の子と縁のあるアクセサリーかどうかも知らんけれどね。

 また、上部に固定補助用のタイラップを通すベルトループも設けられているので、何かと不安なベルクロテープの不信感を補ってくれます。ただ、肝心のタイラップそのものは付属していないので、別途で30cmくらいの耐候性タイラップの用意が必要です。


▼タイラップを追加してみた


Kriega Fork Seal Covers メーカーのウェブサイトの画像を見るに、タイラップはベルトループに通す一本だけでなくても良い感じに見て取れたので、ベルクロテープの剥離防止も兼ねて下部にも軽めの固定力でタイラップを巻きつけてみました。ちょうど主張の強い「kriega.com」が隠れてロゴマークのみのシンプルな印象になりましたし、ご満悦なのです。

 念には念をで、もう一本くらい追加しても良い感じかな。


▼結局の感想


 倒立フォークでのシール損傷は色々と致命的なトラブルになりかねませんので、フォークシールを傷の原因となる汚れから守るためにもフォークシールカバーは早い内から装着しておいた方がトータルコスト的にも良好に思えます。お使いの車種にもよるでしょうがドレスアップにもなりますし、このクリーガのフォークシールはモタード系バイクと相性も中々に良いデザインで気に入っているのです。

 あとは、耐久性ですかね。

 このクリーガのフォークシールは他の多くの製品とは異なりネオプレンの素地にコーティングを施した表面のテクスチャーとなっているため、表面のコーティングが天候や紫外線により劣化してクラックが発生しそうな感じがプンプンします。

 まぁ、消耗品なので神経質になることでもないですけれど。


▼あわせて他記事どうぞ▼
小目録「Motorbike & Accessories Logs」へ戻る
大目録「Motorbike」へ戻る