Lark Black Hybrid 10mg KS Box を吸ってみた

Lark Black Hybrid 10mg KS Box Include the following / 抽烟印象・喫煙の感想 / Smoking impressions / Табачные впечатлени

スムーステイストによる吸い易さがウリのラークはブラックなシリーズ。

「ラーク・ブラック・ハイブリッド・10mg・KS・ボックス」を吸ってみた。

PMが没個性を個性的と謳うに躍起だった頃、独特な味わいが個性的であるラークにて「癖の無いラーク」として登場したブラック・ラベルが、メンソールカプセルによりノンメンソールとメンソールを切り替えて楽しめる同ブランドのハイブリッドシリーズとニコイチ化されるようなかたちで新たにラインナップされた「ブラック・ハイブリッド」と言うシリーズのTar10mg。

このシリーズの登場によりTar7mgのブラック・ラベルは廃止となったため、一応は近似値のTar8mgを主に後継シリーズとして扱われていますが、ブラック・ハイブリッドはタールバリエーションがTar10mgとTar8mgにて展開されていることもあり、実質は特性を引き継いだ別物の製品ということとなります。

発売時にはメーカーも「ブラック・ラベルとは味や香りが異なる」とアナウンスしていましたしね。

で、そうなってくると気になることが1つあり、ニコイチという特性から「ハイブリッド寄りなの?ブラック・ラベル寄りなの?」ということ。

要するに、スムーステイストなブラック・ラベルの味わいにハイブリッド機能を加えた煙草なのか、単に今までTar6mgとTar1mgにて展開されていたハイブリッドシリーズの高タール版なのか、そのあたりが気になるのです。

この点に関しては、メーカーは触れたくないかのように公式なアナウンスはありませんし。

気になってしまう要因として、これがまたラインナップが微妙なのですよ。

今後は知りませんが、現状では従来のハイブリッドシリーズのTar6mgとTar1mgは相変わらずに黒に染まることもなくハイブリッドシリーズとして展開されていて、この新規のブラック・ハイブリッドのシリーズはハイブリッドシリーズのタールバリエーションと言わんばかりに延長線上のようなかたちでTar10mgとTar8mgという展開しているわけですから。

ちなみに、先に述べてしまうと、このTar10mgを吸った感じでは、私的にブラック・ハイブリッドはブラック・ラベルを踏襲してメンソールカプセルを登載した煙草であるような印象を受けましまた。

ラークらしい要素がラークらしくない要素の中に感じられる様が、何となくブラック・ラベルらしいかなとか思った次第なのです。

まぁ、気になる詳細は下記に「新手」として捉えた感想として記しています。

Lark Black Hybrid 10mg KS Box Lark Black Hybrid 10mg KS Box

ブラックラベルに引き続きなのか、ただのハイブリッドシリーズとは異なる黒い外装のラークとなっているのです。

封緘紙を模した回り込みデザインも健在。

Lark Black Hybrid 10mg KS Box Lark Black Hybrid 10mg KS Box

Lark Black Hybrid 10mg KS Box インサーターでは「ハイブリッド」なる説明が施されていて、ノンメンソールとメンソールをカプセルで切り替えられる旨が記載されているのです。

従来のハイブリッドシリーズやケントのアイ・スイッチなどの普及により、あまり珍しい仕様ではなくなりましたね。

ちなみに、中包装紙には「NATURAL MINT CAPSULE」と記されているのですが、このラークの中包装紙におけるメンソール関係の記載って、銘柄によって微妙に異なっていたりするので、何気にメンソールのブレンドを使い分けていたりするのかな?

Lark Black Hybrid 10mg KS Box 赤色のラークに次いでTar10mgと高タールなラークではあるものの、フィルターチップはハイブリッドシリーズを意識してか白色基調のものとなっています。

メンソールカプセルのマークすら含め色差はモノトーンで統一されているのですが、やや素っ気ない印象かな。

空気穴は小さめが間隔を広く1列で配され、メンソールという一面を併せ持ちながら、ノンメンソールに重きを置くのかフィルターはチャコールフィルター仕様。


喫煙の感想・味・香り

この煙草は、ハイブリッドと言うノンメンソールとメンソールを切り替えて楽しめる煙草ではあるものの、あくまでノンメンソールの煙草として捉えた方が良いような仕上がりとなっているのです。

まず、シガレットの香りなのですが、甘いラークの香りとは少し異なるような印象を覚える、どことなく紫蘇っぽい香りを微量に含むような香りに感じられる気がします。

てっきり、普通のラークのブレンドにメンソールカプセルを登載しただけの製品だとばかり思っていたために、このシガレットの香りには「あれ?ラークって、こんな香りだったけか?」という感想を抱いたのです。

よくよく考えてみれば、ラークのレギュラーラインナップにTar10mgは無いわけですし、もしかすると新規のブレンドなのかなとか思ったりなんだり。

まぁ、気のせいかも知れないことは否定も来ませんが。

で、火を点けてカプセルを潰さないで吸う喫味は、ラークっぽいようなラークっぽくないような。

独特の甘味を感じるモサッとした味わいや香ばしさには確かなラーク感を覚える一方で、私のラークのイメージには無かった「酸味」なんかも含まれている喫味は、やはりラークっぽいようなラークっぽくないようなと言ったところ。

ブラック・ハイブリッドというシリーズのタールバリエーションでもTar10mgという最高タール数値であるがゆえに、何となくTar12mgの赤ラークをイメージしていたのですが、どちらかと言えばTar9mgのラーク・マイルドに近い喫味かも知れませんね。

喫煙後の後味にも、酸味が目立つ気がしますし。

ただ、これは決して嫌な酸味ではなく、程好いアクセントのような存在感であり、モサッとした質感に「しまり」のような要素を与えているように感じるため、印象の悪いものではありません。

含まれてしまっていると言うよりは、意図的に盛り込んだ要素と思えてくる感じ。

結果として、良い感じに「軽快さ」を喫味に付与しているのです。

ややTar10mgにしては紙臭さを感じる時があるのは少し残念なのですが、かなり吸い易いスムース感が前身とも言えるブラック・ラベルに似て特徴的な味わいですね。

あ、そっか、このシリーズのオリジナルというか、前身はハイブリッドシリーズとブラック・ラベルの二者だったか。

どうりで、レギュラーラインナップとは違いを感じるわけだ。

そして、そんな前身のブラック・ラベルには無く、新たに加えられハイブリッドシリーズの特徴でもあるメンソールカプセルを潰してみると、火を点けずに吸ってみたところで同ブランドのミント・スプラッシュと同じようなスペアミント系の香気を感じることが出来るのです。

これは、ハイブリッドシリーズと同じような感じですね。

同じカプセルを共有しているのかな。

清涼菓子のような爽やかさの、メンソール感と言うよりは「ミント感」なのです。

他銘柄で例えるなら、マールボロのアイス・ブラストやクールのミックスと同系統。

火を点けて喫してみると、メンソール添加をカプセルにのみ依存しているというハイブリッドシリーズと共通な仕様からも察する通りに、あまりメンソール感は強くありません。

先程の「ミント感」と言うに相応しいメンソールの香気と相まって、カプセルを潰さないで吸った時の味わいにスペアミントの爽やかなフレーバーが付け足されているような様は、メンソールシガレットに切り替わると言うよりも「スペアミント系フレーバーがプラスされる」と言ったような感じの喫味ですね。

かなりベースの味わいも豊かに感じられるため、この喫味はメンソールシガレットと言うには不適切かも知れません。

正に、某社のロングセラーであるペンギン模様のミントガムを噛みながらラークを吸っているような感覚かな。

総じて、中々にハイブリッドと謳う通り、カプセルのオンオフで使い分けが出来そうな仕上がりは非常に好印象となっていて、程好い個性のマイルド化にてラークらしい味わいを楽しむことも出来れば、爽やかにスペアミント感も嗜好品らしく楽しめるという両刀仕様。

何より、かなり軽快な感覚でTar10mgという豊かさを味わうことが出来る様は、正に先代のブラック譲りですね。

ラークということで、味わいには好き嫌いがありそうですが、味わい良しに機能も良しという、中々に優れた煙草なのでした。

最後に前段の結論を比較で要約すると、従来のラークらしさとは少し異なる、酸味と紙臭さを含む軽快な喫味がハイブリッドシリーズよりブラック・ラベルらしさを覚えさせてくれたため、ブラック・ラベルの延長線上としてハイブリッドシリーズと同様にメンソールカプセルを登載した煙草、と言ったところが所感。

まぁ、真相はメーカーのみぞ知る謎めいた煙草。


Tar10mg Nicotine0.9mg
Strictly Not Take. Don’t smoke until you are 20 years old.lol

▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「PM Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る