Lark Classic Milds KS Box を吸ってみた

Lark Classic Milds KS Box

Include the following / 抽烟印象・喫煙の感想 / Smoking impressions / Табачные впечатлени

 クラシックと冠するラークはマイルドバリエーションの派生銘柄。

 「ラーク・クラシック・マイルド」を吸ってみた。

 どうやら、このクラシック・マイルドの発売には「ラークの喫味変更」が大きく関わっているのだそうです。ラークの喫味が変更された際に、旧来のラーク愛飲者が離れていってしまった件を打開するために投入された製品なのだとか。

 と言うことで、この煙草の味わいは現行のラークではなく、私の知らない旧ラークを踏襲したものとなっているのだそうな。なるほど、だから「クラシック」なのですね。マイルドのみのラインナップであるのは、旧ラークにおいてマイルドが最も人気を博していたことによるものなのだそうです。

 ちなみに、その一部に嫌われた詰まるところの「現行のラーク」は、比べて酸味の突出に不満を抱かれた様子です。その点には何となく納得することが出来るようにも思えますし、確かに現行のラークは中々にカオスな喫味の構成要素として「酸味」も感じられますよね。

 また、こんなにも手厚くラークというブランドがメーカーよりフォローされている国は世界も広しと言えど日本くらいに限定されるらしく、特徴でもある「チョコレート系の香料」が活かされた癖の強い喫味は世界的多数で「ゲテモノ」という扱いなのでしょう。このような特殊市場の完成には同社の主力ブランドは「マールボロ」が一時期だけ日本市場ではライセンス販売でJTから販売されていたことに起因し、代替主力という扱いでラークに注力した結果が今の世界的多数から見た「異様な展開」に繋がっているそうです。

 まぁ、基よりセブンスターやらキャスターやらと、非常に個性的な喫味のブランドが「あたかも普通」と言ったようなブランドとして認知されているところを見るに、同じように個性的なラークがヒットすることは必然だったのかも知れませんね。これほどまでに国内外を含めて色々な煙草を嗜む特殊な傾向の市場は、恐らく日本ぐらいなのではないでしょうか。

 そもそも、世界的に多数決的理論では「普通」と言っても過言ではないキャラクター性の「マールボロ」が例外的に伸長していないというのに、世界では「マイナーブランド」という認知なキャラクター性のラークは比較して売れまくっているわけですから。極東島国らしく海の外を何かしら特別視する傾向と、海の外と少し外れた価値観のズレを気にしない傾向と、そんな色々が重なりあってラークは日本人に受け入れられているのかも知れませんね。

Lark Classic Milds KS Box Lark Classic Milds KS Box

Lark Classic Milds KS Box 懐古調なパッケージデザインは「なるほどクラッシック」な一昔前のラークっぽいものとなっています。パッケージデザインの変更も多いブランドながら、毎度のことクラシック・マイルドだけが「存在しない」かのようにパッケージデザインの変更をスルーする様は少し異様と言えるでしょう。コンプライアンス要素の強い銘柄なのかな。

 ちなみに、ヒンジリッドボックスを採用しながらソフトパックに使われる「封緘紙」を模したデザインが配されている点は、ラークのボックス製品らしさとして踏襲されているのです。

Lark Classic Milds KS Box 中包装紙もシンプルでありながら趣を感じさせるゴールドカラーとなっていて、回りくどい文言は一切とありません。ただ単に「LARK」と配されるに留められています。外箱のデザインと相まってか、かなり渋い印象を受けるのです。鼓吹のような謳い文句が排されているために、この「情報の少なさ」が職人的で非常に良い感じではないでしょうか。

Lark Classic Milds KS Box フィルターチップやシガレットのデザインは、マイルドクラスながら赤ラークと同じようなデザインとなっているのです。渋いパッケージデザインとは相性も抜群で、とっても趣のあるシガレットデザインとなっていますね。仕様としては、小さめの空気穴がコがルク柄に紛れるよう配されてて、フィルターはチャコールフィルターとなっています。

喫煙の感想・味・香り

 この煙草は、なるほど確かにスタンダードなラークのラインナップとは少し異なる加減の喫味が特徴的な煙草となっているのです。

 まず、シガレットの香りですが、スタンダードなラークに比べてキャラクターこそ同じに感じるものの、やや量感は控え目な印象です。本よりラークは個性的な味わいに対してシガレットの香りが控え目であるため、そう違和感は覚えないでしょう。

 喫味の方は、スタンダードなラインナップのラークと比べると癖のある味わいや香りのキャラクターは相変わらず豊かでありながら、ややボディの「モチャッ」とした感じが抑えられていますね。比較的ボディの迫力や重量感が少しだけ抑えられているため、より味わいを意識しやすい喫味に仕上がっているように思えるのかな。質感もスタンダードなラークとは異なり、硬めに広がりを少なく「しまりの良い」といった感じとなっています。

 そして、少しは感じられるものの、確かに「酸味」は目立ちません。その効果なのか、ごちゃごちゃとした感じは薄らぎ甘味に少しの輪郭や透明感が付加され、豊かでありながら中々に軽快な味わいとなっているのです。

 ただ、それでも独特の甘味が中々の曲者である味わいに変わりはなく、やはりラークと言ったところではあります。紫煙の香りも中々に癖のある甘さが効いているため、どのみちラークといった仕上がりに違いはありません。

 何だろうな、味わいとしては同じTar9mgのマイルドよりも、赤色パッケージのフルフレーバーと冠するTar12mgのラークに近いと思えるでしょう。その赤色パッケージのラークから適度にボディの「モヤッ」とした塊感を薄めて、モチャクチャ感を抑えて、やや表面に硬さを帯びさせて、その結果としてラークらしい味わいを最低限の力で押し出して、みたいな感じ。

 総じて、ラークにしては質量感や酸味が抑えられていて、より独特な甘い香りに重きを置くような味わいとなっています。中々に好い塩梅でラークのキャラクターを堪能しやすい煙草なのです。私的には、同じマイルドバリエーションのラークなら迷わずクラシック・マイルドを選びたいところです。あちらとは異なりマイルドながら酸味も紙臭さも少なく、とっても味わい甲斐のある煙草なのでした。

Nutrition Facts
Serving Size: 1 Cigarette
Tar9mg Nicotine0.8mg
Strictly No Taking. Don’t smoke until you are 20 years old.lol


▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「PM Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る