Lark Extra Milds KS Box を吸ってみた

Lark Extra Milds KS BoxInclude the following / 抽烟印象・喫煙の感想 / Smoking impressions / Табачные впечатлени

 ラークはTar3mgのキングサイズ。

 「ラーク・エクストラ・マイルド・KS・ボックス」を吸ってみた。

 フィリップモリスがラークへのブランド統合を実施して、かなり紛らわしいラインナップとなったラーク。その統合後は製品名も非常に判別が付きにくいものとなっていますが、旧来よりのラークである製品は「○○・マイルド」で、旧フィリップモリスからの製品は「○○・ライト」とされています。この煙草は旧来よりのラークのTar3mgですから、製品名は「エクストラ・マイルド」なのですね。

 また、このような紛らわしさにメーカーも一抹の不安を覚えたのか、この煙草は旧フィリップモリスのTar3mgであるエクストラ・ライトと銘柄統合が実施されるようです。その詳細を別記事にてレポートしていますので、良ければご覧になって下さいな。

 ※関連記事:ラークは味が変わったか検証してみた

Lark Extra Milds KS Box 先の通り、エクストラ・ライトとの銘柄統合が迫っているため、ビニール包装にて告知インサーターが封入されている旨が記されています。ちなみに、せっかくの「Triple Blend」という文句が隠れてしまうような配置となっていますね。ただ、大体の銘柄は三種類くらい普通にブレンドしているような気もするので、特に障りも無いのでしょう。

Lark Extra Milds KS Box Lark Extra Milds KS Box

 インサーターは、この通りです。内容としては「味わいそのまま、新パッケージへ。」と題して、銘柄統合後は当該製品を楽しむよう促されています。まるでパッケージ変更のみのような雰囲気を醸し出している内容となっていますが、そこにはコピー的な表現のみが配されていて、このような場合の常套句である「※味や香りに変更はございません」といった注釈は見当たりませんね。端的に正解を言ってしまえば「案内されている製品は全くの別物」となっているのです。

 ただし、確かに別物とはなっていますが全くの不親切というわけではありません。こっそりという点には各々と感じるものも異なるでしょうけれど、この煙草は銘柄統合に向けて徐々に味わいを統合後の銘柄に近いものへと変更していたそうなのです。いつから始められたマイナーチェンジであるかは定かではないのですが、よりスムースにユーザーが統合後の新銘柄に移行することが出来るように配慮はされていたようですね。

 この事実を知った時、ふと脳裏には「言葉より語るもの。Speak Lark。」のコピーが思い浮かんでいました。胡散臭いと捉えるか、はたまた男の美学のように捉えるか、それは人の次第といったところでしょうかね。

Lark Extra Milds KS BoxLark Extra Milds KS Box

 王冠ロゴと一言を添えた中包装紙は銀紙となっていて、シガレットはタールバリエーションらしく白色のフィルターチップを使用しています。空気穴は極小のものが6列で配されていて、チャコールフィルター仕様となっているのです。

Lark Extra Milds KS Box あと、ふと気になったのですが、妙にシガレットが奥まっていました。というか、妙に縁が飛び出ていると表現した方が良いのでしょうか、おおよそ5mmくらいのマージンが設けられているのです。私的にラークの低タール製品は購入の機会も少なく、ラークのボックス製品って、こんな感じでしたかねといったところ。

喫煙の感想・味・香り

 この煙草は、あまり期待の出来ない印象が私的に強いTar3mgという仕様にしては、中々に個性が活かされている仕上がりとなっているのです。

 シガレットの香りは少し薄らいでいるようにも感じますが、青臭さとも思える独特の甘い香りがラークらしいものとなっていますね。癖のある味わいのわりにはシガレットの香りが控え目である点も、正にラークならではないでしょうか。

 喫味の方は、Tar3mgとなり相応にラークらしいキャラクターは薄らいでいるものの、確かにラークの味わいであることを実感することが出来る仕上がりとなっています。目を閉じても分かるだろうラークならではの独特な香りが、Tar3mgらしい軽快なボディにて楽しめるのです。

 ただし、ここまでマイルド化しながらも顕在するモサッとしたラークらしい味わいにより、ややTar3mgにしては軽快さに欠く味わいとなっています。それと同時に、やや酸味も目立ち始めていますね。それも一入(ひとしお)となり、Tar3mgという超軽量クラスながら甘味と辛味に酸味もありと中々に混沌とした内容の味わいが素敵なのかな。

 何と言うのか、やっぱりラークの癖は一筋縄では掻き消えることも無いのだなといったところでしょうか。むしろ、ボディが軽くなった分だけ香りに意識が向きやすく、その癖が浮き立っている印象すら覚えるのです。モチャクチャ感は減っているのに、依然として多分に感じるモチャクチャ感には天晴れ。これでこそラークです。

 総じて、私的にはTar3mgから目立ち始めた酸味が余計なものに感じることは否めませんが、Tar3mgという超軽量クラスになりながらも確かな個性を味わえる素敵な煙草なのです。多くのTar3mgは前後のタールバリエーションと比べて出来損ないのような製品が多い中で、この煙草はキッチリと個性が残されています。この仕上がりは、かなり良いTar3mgと言えるでしょう。

 それ故に、はっきりとラークの癖も踏襲されている点こそ、この煙草の良し悪しなのですね。ラークが好きなら、ここまでタール数値を下げても十分に楽しめるのではないでしょうか。

 Tar3mgならではの空気とのブレンドによるのか、青いウィンストンが好みの方も取っ付き良く楽しめるように思えるのでした。むしろ、それよりも煙の質感が優しいと思えるため、吸いやすさすら覚えるかも知れませんよ。

Nutrition Facts
Serving Size: 1 Cigarette
Tar3mg Nicotine0.3mg
Strictly No Taking. Don’t smoke until you are 20 years old.lol


▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「PM Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る