Lark Royal Blend 1mg 100’s Box を吸ってみた

Lark Royal Blend 1mg 100s BoxInclude the following / 抽烟印象・喫煙の感想 / Smoking impressions / Табачные впечатлени

久し振りに「Tar1mgでも吸い応え」的なコンセプトがウリのTar1mg製品。

「ラーク・ロイヤル・ブレンド・1mg・100’s・ボックス」を吸ってみた。

ラークにラインナップされている「Tar1mgだけどリッチな吸い応え」的なコンセプトの製品。

同じく「Tar1mgでも吸い応え」的なコンセプトの製品といえば、フィルター部分に煙草葉を詰めて味わいを強化しているマールボロのフィルター・プラス・ワンの他に、メビウスにもバーレー葉のブレンド比率を高めにして喫味にパンチを持たせたインパクト・ワンがラインナップされていたりと、様々・・・、と言うほどの数ではない程度に確立されたジャンルだったり。

ちなみに、このロイヤル・ブレンドは厳選した高級葉をブレンドし、フィルターに旨味を強調するためのテイストコード(糸)を搭載することに拠って、コクと深みのある味わいに仕上げているのだそうな。

「高級葉を云々」は定番の謳い文句なので置いといて、味わいを強化する糸をフィルターに搭載して吸い応えを高めるという手法は、過去にケントのHDというシリーズを彷彿させます。

ケントのHDシリーズもTar1mg製品で、吸い応えアップのためにフィルターにスレッドを搭載していたのですが、アレ、ひどく短命だった記憶があるのです。

Lark Royal Blend 1mg 100s Boxラークの新パッケージデザインを踏襲していて、とても高級感のあるパッケージなのです。

フリップトップのTASTE CORDの表記部分に、さりげなく「LESS SMELL TECHNOLOGY」と記載されているのですが、何か特別な低臭気仕様なのでしょうか?

フィリップモリスも他社と同じように、低臭気仕様を謳う銘柄は幾つもラインナップしていますから、文字だけでは判断が出来ませんね。

Lark Royal Blend 1mg 100s Box中包装もパッケージと合わせてシャンパンゴールドカラーとなっているのです。

このゴールドカラーはラークでは新鮮な印象で、共通の中包装紙の「PREMIUM QUALITY TOBACCOS」という表記の凄みが増しているように思えます。

Lark Royal Blend 1mg 100s Boxフィルターチップは現代らしくホワイトカラーで、ロイヤルとは謳っても懐古な雰囲気は全く感じられず、ゴールドとシルバーのラインが程良くアクセント。

気になる空気穴は、Tar1mg製品としては極めて珍しく、中くらいの穴が一列だけとなっているのです。

吸い応えを謳う銘柄であるだけに、これだけでも非常にワクワクしてしまいます。 

Lark Royal Blend 1mg 100s Boxテイストコードのカラーはオレンジ色で、緑や青ではない糸は見た目も新鮮なのです。

各社とも呼称は違えど、テイストコードのような仕様の製品をラインナップはしていますが、ノンメンソール製品では今でも珍しい仕様ではないでしょうか。


喫煙の感想・味・香り

この煙草は、まずビックリしたのは吸い応えで、シガレットの香りこそ、そこまで強いものではなく並、あるいは他よりも弱めかも知れません。

それなのに、火を点けて一口、まぁ、ビックリ、非常に豊かな味わいと煙量が攻めてきます。

このロイヤル・ブレンドはTar1mg製品なのですが、Tar6mgあるいはTar8mgを主喫している方でも満足できるのではないでしょうか?

多くの方が「せいぜいTar3mg程度までだろ大げさだな」と思うかも知れませんが、そこまで大げさな表現ではないと思います。

実際に、この煙草を試す直前までTar6mgのパーラメントのライトを喫煙していましたが、何の遜色もなく試すことが出来ましたしね。

インパクト・ワンのようにアタック感がある喫味とは違うキャラクターで、物腰の落ち着いた上品な味わいなのに充足感は非常に高め。

また、吸い込みが強くなりがちなTar1mgなので、それなりに少しの渋味を感じることはありますが、フィルター・プラス・ワンのように渋味などの嫌な味が目立つことはありません。

どことなく再現されたような胡散臭い味わいな気もしますが、本当にビックリするぐらいの勢いで豊富な煙量が攻めてくるので「Tar1mg=超薄味」という印象を覆してくれるのです。

良いことか悪いことか、後味ですら、しっかり残りますからね。

Tar1mgでなければダメ、尚且つ吸い応えはスポイルしたくないという無茶苦茶な方に是非とも勧めたい銘柄なのです。

ただ、ここまでくると、ほんとうにTar1mgなのか、うたがってしまいます。

ちなみに、パッケージにLESS SMELLといった記載はありますが、特に臭いが少ないといった印象は無く、その点に関しては他の多くと同様だと思いました。

ここまで書いて、ふと気づいたのですが、殆どのTar1mg製品はニコチン値が0.1mgであるにも関わらず、この煙草はTar1mgなのにニコチンが0.2mgなのですね。

このニコチン値が何か吸い応えに関係しているのかなと思いましたが、ニコチンらしい辛味は感じられませんし、何より煙量の豊富さが直接的に吸い応えを高めていると思うので、大した意味は無いのかな。

吸い心地はスムースですが、ラークらしいモッサリな甘味は感じられず、ちょっと独自の癖のある味わいなので、その点を受け入れられれば、間違いなくTar1mg製品ではトップクラスの製品なのです。


Tar1mg Nicotine0.2mg
Strictly Not Take. Don’t smoke until you are 20 years old.lol

▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「PM Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る