Lark Tropical Ice Menthol 1mg 100’s Box を吸ってみた

Lark Tropical Ice Menthol 1mg 100s BoxInclude the following / 抽烟印象・喫煙の感想 / Smoking impressions / Табачные впечатлени

流行りのフレーバーカプセルを搭載したメンソールシガレットはTar1mg。

「ラーク・トロピカル・アイス・メンソール・1mg・100’s・ボックス」を吸ってみた。

非常に鮮烈な印象を与えたメビウスのオプションを皮切りに、中々の盛り上がりを見せている「フレーバーカプセル搭載のメンソールシガレット」というカテゴリー。

今度はラークにも「トロピカル」と謳うフレーバーカプセル搭載のメンソールシガレットがラインナップされたのです。

これは、そんな煙草のタールバリエーションで、Tar1mgの100’sシガレット。

余談ですが、既にラークは「アイス・ミント」というチョコミントアイスを思わせる甘い香りが特徴的なカプセル入りメンソールシガレットをラインナップしているのですが、今の流行りの嗜好性とは少し毛色が異なるようにも思えますし、先に発売したフュージョン・ブラストが端から不振な様相を漂わせていることもあり、さっさとラークに注力を移した感じが、なんとな~く伝わってきますが、これは気のせいでしょうかね。

また、この煙草はマールボロのフュージョン・ブラストと同じように、手軽に試せる10本詰めパッケージも同時発売されているとのこと。

恐らく、10本詰めは限定パッケージだと思うので、直に展開も終了するとは思うのですが、発売後の暫定期間は対面販売の煙草屋なんかで継続的に取り寄せが可能らしいのです。

ちなみに、先のフュージョン・ブラストではTar1mgだけ10本詰めパッケージがラインナップされていませんでしたが、このトロピカル・アイスではTar1mgも10本詰めパッケージがラインナップされている様子。

Lark Tropical Ice Menthol 1mg 100s BoxマンゴーみたいなカラーリングのTar5mgとは打って変わって、このTar1mgはパイナップルを思わせるカラーリング。

Tar5mgと同じくキラキラとした光沢感が何とも言えない愛嬌を感じさせてくれるパッケージは、とっても良い感じに思えますね。

ちなみに、私はTar5mgはマンゴーフレーバーでTar1mgはパイナップルフレーバーだとばかり思っていましたが、どちらもフレーバーは同じタール違いだということ。

Lark Tropical Ice Menthol 1mg 100s BoxフィルターチップのデザインはTar5mgと共通となっているのです。

ただ、100’sシガレットというフィルターの長い仕様によるのか、キングサイズのTar5mgと比べて少し殺風景にも思える様は、愛嬌半減な感じで少し残念かな。

空気穴とカプセルはTar5mgよりも少しだけ口元寄りに配置されていて、空気穴は小さめのものが間隔を狭めに1列と、Tar1mgという仕様にしては少なめな印象。


喫煙の感想・味・香り

この煙草は、タールバリエーションであるTar5mgの方と比べると、独特のフレーバーもメンソールの苦味や青臭さと拮抗しているために穏やかと感じ、最近のメンソールシガレットにしては刺激や清涼感も極めて控え目に仕上げられているため、中々に心地の良い甘味を感じることが出来ます。

フレーバーとしてはTar5mgと同じく、フルーツそのものというよりも「フルーツティー」のようなフレーバーで、直接的ではない、どこか間接的な挺し方が印象的な甘さと香り。

なるほどトロビカルな、再現度の高いフレーバーですね。

ただ、Tar5mgの方は今の御時世にしては控え目ながらメンソールの清涼感も相応であったためか、その「間接的」の間の虚ろな感じが気持ち悪さに繋がっていた印象を受けたのですが、このTar1mgでは良い感じに抑えられた清涼感により「間接的」の隙間が煙草感で埋められているため、味わいに充実感や奥行きが生まれている気がするのです。

後味も控え目ながら、程好い清涼感と苦味に、南国のフルーツティーを思わせる風味が心地も良く残るため、銘柄名に納得な仕上がりを感じることが出来る点も、充足感の高さに一役を買っていますね。

総じて、Tar5mgの方が銘柄の個性は際立っていますが、このTar1mgも個性そこそこにバランスの良い味わいとなっているため、ただのタールバリエーションとして成り下がっていない固有の個性を感じられる様は非常に好印象。

そもそも、かなり好き嫌いの別れやすい喫味が特徴的な銘柄ですし、ただ重い軽いで区別するよりも、テイストの差で選べる感じは何気に嬉しいのです。

私は、先に発売したマールボロのフュージョン・ブラストと同じく、どこかフュージョン・ブラストっぽい味わいに思えるラークのトロピカル・アイスも苦手意識を持っていたのですが、このTar1mgは独特なフレーバーも程好い塩梅に落とし込まれているため、気持ち悪くなるようなこともありません。

ちなみに、カプセルを潰さないで吸うと、フレーバーによるフォローが無いためか吸い応えも乏しくなり紙臭さの目立つ味わいになってしまうため、カプセルを潰さなくても良いと思えたTar5mgとは異なり、基本的にカプセルは潰した方が良さそうです。

まぁ、潰さなくてもフレーバー感は微妙に感じられますけれど、このTar1mgでは「せっかくなら」という気持ちになってしまうのです。

何はともあれ、私的に最近はハズレ続きだったフィリップモリスのフレーバーカプセル搭載のメンソールシガレットですが、ようやくアタリが来たと言った感じで、このトロピカル・アイスなら私は迷わずTar1mgを選ぶのかなと思います。

キャラクターは同じタールバリエーションでもテイストに差を感じる煙草なのでした。

あとは余談ですが、この煙草はカプセルのフレーバーが非常に強いようで、携帯吸い殻入れとかボトルタイプの吸い殻入れなんかに、この煙草の吸い殻を入れておくと、甘い香りが充満します。

ふと、満杯になったボトルタイプの吸い殻入れの吸い殻を捨てようとした時に、吸い殻入れの臭いとは思えない「良い香り」がしたことにはビックリしてしまいました。


Tar1mg Nicotine0.1mg
Strictly Not Take. Don’t smoke until you are 20 years old.lol

▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「PM Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る