Lucky Strike Menthol Lights Box を吸ってみた

Lucky Strike Menthol Lights Box

Include the following / 抽烟印象・喫煙の感想 / Smoking impressions / Табачные впечатлени

 何となしに「とりあえず感」を漂わせているメンソールシガレット。

 「ラッキーストライク・メンソール・ライト・ボックス」を吸ってみた。

 このラッキーストライクのメンソール製品というのは、勝手な偏見ですが、なんとなくラッキーストライクのファンにはウケが悪そうな印象があります。実際に「ラッキーストライク好き」と「ラッキーストライクのメンソール好き」の二者は決して同じではない気がするのです。

 ちなみに、このラッキーストライクのライトメンソールは、以前はTar8mgだった様子で、ソフトパックもラインナップされていたそうな。非常に歴史のあるブランドながら、このメンソール版は時代のニーズに寄り添い歩み進めてきたということですね。

Lucky Strike Menthol Lights Box フィルターチップのデザインは、ライト仕様ということもありチップにロゴがスタンプされているタイプとなっています。ロゴがグリーンになるだけでもポップな印象が特徴的ですね。差し色が変わるだけで、かなり可愛さが増しています。ライトでメンソールなのにコルク柄のチップという仕様は珍しいと思いますので、そこにも需要がありそうかな。

 ちなみに、フィルターはメンソールシガレットらしくプレーンフィルターとなっていて、空気穴は小さいものが1列の配置だと思います。

喫煙の感想・味・香り

 この煙草はメンソールによる苦味と少しの甘味を含み、すこぶる軽快な喫味に仕上がっています。しかしながら、近代的なメンソールシガレットとは異なり、スースーするような清涼感は全く無く「青臭い系」のメンソールシガレットであることが特徴的ですね。

 今時の「進化系メンソール」ではなく、どちらかと言えばセーラムやパーラメントのメンソールのように「添えられたメンソール」といった古き良き塩梅のメンソールが心地の良い感じです。その中でも群を抜いて軽快な印象を受ける銘柄ではなでしょうか。

 また、軽快であると同時にドライで淡泊な印象の強い喫味なので、軽い一服には打ってつけかも知れません。反面として、がっつりと味わいたい場面では力不足も否めないという一長一短な面も持ち合わせています。

 極ライトテイスト故に、後味も極スッキリという点は好印象なのかな。

 何だかライトスモーカー志向という以上に、ものすごくチェーンスモーカー志向な気がしないでもない感じですね。人によっては敬遠されがちなメンソールの苦味とか青臭さもバッチリと内包しているにも関わらず、それらを無視することが出来るくらいに軽快な吸い心地ですから。もしかすると、この軽快さはラッキーストライクの持つ「ほんのりと攻め過ぎない感じ」に通ずるのかも知れません。

 ちなみに、メンソールシガレットなので当たり前なのかも知れませんが、パッケージにも表記されているラッキーストライクの特徴である「IT’S TOASTED」な感じは全くありません。オリジナルから派生したメンソールの在り方について、何となく正解というのか、正道を教えてくれなくもない煙草なのでした。

Nutrition Facts
Serving Size: 1 Cigarette
Tar6mg Nicotine0.5mg
Strictly No Taking. Don’t smoke until you are 20 years old.lol


▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「BAT Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る