Marlboro Gold Ultra Box を吸ってみた

Marlboro Gold Ultra Box

Include the following / 抽烟印象・喫煙の感想 / Smoking impressions / Табачные впечатлени

 旧マールボロ・ウルトラ・ライト・ボックスの改め版。

 「マールボロ・ゴールド・ウルトラ・ボックス」を吸ってみた。

 マールボロのライトクラスが「ゴールド」を含む名称で統一される以前は、極々普通にマールボロ・ウルトラ・ライト・ボックスという名称で売られていた製品ですね。あまりゴールド系の名称は馴染んでいないようにも思えますが、メーカーによると名称やデザインの変更のみで、味や香りに変更は無いとのことです。

 ちなみに、この煙草はマールボロのクリアシリーズの発売と共に終売となってしまいました。後継にはクリアシリーズにタールバリエーションとしてラインナップされているTar3mgの製品充てられていますが、そちらは「ほの甘い喫味」となっていて味も香りもゴールド・ウルトラ・ボックスとは異なるので注意が必要なのです。

 まぁ、見るからにタールの値もコンセプトも違いますしね。

Marlboro Gold Ultra Box 至ってシンプルなフィルターチップは、セブンスターなんかと相通ずる「おじさまチック」な印象を受けなくもないデザインです。素敵な渋さが何ともな感じではないでしょうか。仕様としては以前のウルトラライトと変わらない様子で、極小の空気穴が6列で配されるチャコールフィルター仕様となっています。

喫煙の感想・味・香り

 この煙草は、特別に何がということもないだろう「順当にウルトラライトクラスの煙草」といった内容に仕上がっていてるのです。

 喫味の方は、何とも順当にマールボロのライトクラスの軽量版そのままといった味わいですね。やや紙巻らしい紙のような風味が強めな点は人により良し悪しがありそうですが、ウルトラライトクラスということを考えれば順当な程度のようにも思えます。ウルトラライトという仕様にしては珍しく強く吸うと味わいが崩れやすいような気もしますが、軽いからと勢いよく吸い込むと中々に渋味や苦味がプッシュされてくるので気を付けたいところなのです。

 ただし、この勢いよく吸い込んだ際の苦味や渋味が目立つ喫味も、どうして中々に悪くないのですよね。本来は懸念される要素なのですが、クラス相応の淡白さには程よいアクセントなのかも知れません。

 総じて、ブランドもテイストも至って障りの無い無難な印象の銘柄となっています。何はともあれ、何気に数も少ないTar4mgという仕様に価値を感じるかが大きなポイントの銘柄ではないでしょうか。意外と「3でもなければ5でもない。4が好きだ!」という人も多いと思いますし。

Nutrition Facts
Serving Size: 1 Cigarette
Tar4mg Nicotine0.4mg
Strictly No Taking. Don’t smoke until you are 20 years old.lol


▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「PM Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る